秋田県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 秋田新田藩(秋田県湯沢市)

・ 佐竹家2万石・陣屋。

・ 1701年に久保田藩から分家。

■ 秋田(久保田)藩(秋田県秋田市)

・ 佐竹家20万5千石・外様。

・ 佐竹右京大夫

・ 秋田家が関ヶ原の戦いで西軍に属したため転じ、江戸時代には佐竹家が入った。

・ 佐竹義敦

・ 佐竹家の祖は源八幡太郎義家の弟の義光。その後常陸国佐竹郷に定着し佐竹氏を名乗る。関ヶ原の合戦で「どっちつかず」の姿勢をとったため、出羽久保田に移封。出羽国秋田郡(秋田市)20万5000石。

・ 幕末に、秋田藩は当初幕府側にあったが、官軍が優勢になったため奥羽越列藩同盟からの使者を惨殺するなどして官軍派につく意思決定をした。その後、秋田藩は奥羽越列藩と戦い、これらの奥羽戦争での死者は、庄内藩322人、長岡藩309人、米沢藩283人、盛岡藩112人、秋田藩361人。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

■ 亀田藩(秋田県由利本荘市)

・ 岩城家2万石・外様。

・ 1623年に入封。

■ 本荘藩(秋田県由利本荘市)

・ 六郷家2万石・外様。

・ 鎌倉幕府の重鎮だった二階堂氏の一族が、秋田県の横手地方の六郷荘園地頭となり六郷氏を称した。

・ 出羽本庄藩の上屋敷は浅草にあった。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示