山形藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 山形藩(山形県山形市

# 最上家・外様

# 最上義俊(1606〜1631年): 山形藩の三代藩主。

# 最上義俊は1617年3月、変死した父の最上家親のあとをついで山形藩主となった。

# 最上家の先祖の斯波兼頼は、1356年に按察使(あぜち)将軍に任ぜられ、出羽国最上郡山形に転じ、最上氏を称した。江戸時代の初代藩主最上義光は57万石。
※ 「最上郡山形」っておかしくないか?山形って「村山郡」でしょ?そのわけは

# お家騒動で1621年に領地を没収され近江国1万石に転封、義俊の死後、子の義智が5000石で交代寄合

# 幕末

・ 水野家5万石・譜代大名

・ 1622年に最上家が改易。

・ 1845年に水野忠邦の子の忠精が浜松から入封。岡崎藩水野家の分家。

# 山形藩(やまがたはん)

・ 最上氏は義光から家親その子の義俊と継がれたが、一族や有力家臣間の対立抗争が続き、元和8年、国政不取締のかどで改易に処された。義俊は近江(現滋賀県)に移され、近江・三河(現愛知県)両国に各5千石の1万石を与えられた。

・ 元和8年最上氏改易後の山形城には譜代の鳥居忠政が磐城平(現福島県いわき市)から22万石(20万石ともいう)で入封した。忠政の子忠恒は寛永13年に継嗣を定めずに病死したため所領は没収され、異母弟忠春は信濃高遠(現長野県上伊那郡高遠町)に3万石を与えられ、鳥居家の跡を継いだ。

・ 信濃高遠から将軍徳川家光の異母弟にあたる保科正之が20万石で山形に入封した。寛永20年、正之は会津(現福島県会津若松市)に転封(23万石)。

・ 正保元年正月越前大野(現福井県大野市)から松平直基が15万石で入部。直基は慶安元年6月播磨姫路(現兵庫県姫路市)に転封。

・ 慶安元年直基と交替に姫路から松平忠弘が入部した。山形は「奥筋の押え」として中国筋の姫路と同様に幕府の軍事的要衝として、譜代藩の交替地であったが、寛文8年8月の奥平氏の入部以後は左遷の地となった観がある。奥平氏時代の侍屋敷323、扶持人屋敷383、足軽853、山形町屋2、381、所領107か村。

・ 大老堀田正俊の横死後、その子正仲は10万石で貞享2年6月山形に移ったが、翌貞享3年7月には福島(現福島県福島市)に転じた。

・ そののちには松平直矩が豊後日田(現大分県日田市)から10万石で転封した。直矩は直基の子で、藩内不取締のかどで7万石に減封されていたのである。

・ 元禄5年8月には白河(現福島県白河市)の松平忠弘と崇替となり、次いで元禄13年正月には福島から堀田正虎が再び山形に10万石で入封した。堀田正虎は先の山形藩主正仲の弟である。これまでの山形藩主はいずれも短期間の在封であったが、堀田氏は延享3年まで正虎・正春・正亮の3代46年に及んでいる。

・ 延享3年堀田正亮は下総佐倉(現千葉県佐倉市)に転封し、松平乗佑(6万石)が山形に転じた。最上氏以来の大規模な山形城はこの頃から衰微し、整理縮小された。

・ 明和4年に秋元氏が入部。秋元氏は4代78年間で、歴代山形城主のうち最も長かった。この間には天明の飢饉や享和元年の村山郡一揆、天保の飢饉などがあった。

・ 弘化2年11月、秋元氏は上野館林(現群馬県館林市)に転封。

・ 弘化2年、水野氏が入部。水野忠精は、先に天保改革を実施した忠邦の子で、7万石から5万石に減封された上の辺地への左遷であった。水野忠精の子忠弘のとき戊辰の動乱を迎えた。藩主父子在京の留守中、家老水野三郎右衛門元宣(もとのぶ)が中心となって激変する情勢に対応した。慶応4年4月には新政府軍を迎えて庄内藩と交戦し、やがて奥羽越列藩同盟に加盟したが、明治元年9月敗れて降伏した。同年12月藩主忠弘は謹慎を命じられ、同2年6月版籍を奉還して山形藩知事に任命されたが、同3年7月近江朝日山藩知事に転出し、山形藩領は、政府直轄から山形県に編入された。【角川日本地名大辞典】

# 保科時代に寒河江氏の白岩でおきた一揆の首謀者は、山形藩(保科家)に捕らえられ、馬見ヶ崎河原の長町河原で磔とされた。

# 山形の城下町の人口

■ 「山形藩」転じて「蛇足の数々」


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示