滋賀県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 大溝藩(滋賀県高島市)

・ 分部家2万石・外様・陣屋。

■ 膳所藩(滋賀県大津市)

■ 仁正寺(にしょうじ)藩(滋賀県日野市)

・ 市橋家1万8千石・外様・陣屋

・ 市橋家は、美濃国の土豪の出で、信長や秀吉に仕えた市橋長利の後裔

・ 市橋家: 近江国日野の仁正寺藩(2万石)は戊辰戦争の際に高島秋帆を江戸藩邸に幽閉する役目を仰せられ、預かっているうちに砲術などを伝授された。藩主の市橋氏は美濃国池田郡(揖斐郡)市橋郷にあり、美濃国の平定に先立って織田信長に属し、市橋長勝が豊臣秀吉から美濃国海津郡今尾城1万石を与えられた。関ヶ原の戦いにおいては徳川家康の小山の陣にあって、その後伯耆国矢橋、後に越後国三条4万1300石。長勝の甥の長政があとを嗣ぎ、近江国仁正寺2万石。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

■ 彦根藩(滋賀県彦根市)

■ 彦根新田藩

・ 彦根藩主直興の14男の井伊直定が、1714年に立藩したが、直定が彦根藩を継ぐことになったので1732年に廃された。【江戸の殿さま 全600家 八幡和郎 講談社】

■ 三上藩(滋賀県野洲市)

・ 遠藤家1万2千石・譜代大名

・ 大垣新田藩の戸田氏茂の二男の遠藤胤親(養子?)で、徳川綱吉の側室で徳松君や鶴姫の母であるお伝の方の妹の子。

■ 水口藩(滋賀県甲賀市)

■ 宮川藩(滋賀県長浜市)

・ 堀田家1万3千石・譜代大名・陣屋

■ 山上藩(滋賀県東近江市山上)

・ 稲垣家1万3千石・譜代大名

・ 1685年に鳥羽藩の稲垣家の分家の稲垣重定が若年寄となり、その後陣屋をもった。


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示