「小池」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「か」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小池(こいけ)

【2019/01/09:改編】

# 148位: 代表家紋: 「五瓜に唐花紋」「丸に立ち梶の葉紋」「丸に竹笹に二羽雀紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 清和源氏桓武平氏などにみられる。

# 長野県を中心に、東海地方から関東地方甲信越地方に多く見られる。

# 信濃の小池氏は信濃国筑摩郡小池村(長野県松本市)をルーツとし、桓武平氏の出。

# 長野県南佐久郡小海町の小池家は平兼盛の末裔。戦国時代には武田氏に仕えたが、武田氏が滅んだ後帰農した。

# 越後の小池氏は桓武平氏の出。

# 甲斐の小池氏は甲斐国巨摩郡小池(山梨県北杜市)をルーツとし、清和源氏の出。

# 北条早雲に仕えた小池氏は紀伊国日高郡小池(和歌山県)をルーツとする。

# 石川県の小池家: 加賀市の旧家で家柄町人。

# 静岡県の小池家: 東海道の由比宿(静岡県静岡市清水区)の旧家。戦国時代には武田氏の家臣で、江戸時代には名主を務めた。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示