「石原」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 石原(いしはら)

【2019/01/16:改編】

# 144位

# 144位: 代表家紋: 「浮線蝶紋」「丸に右三階松紋」「丸に三つ柏紋」「丸に揚羽蝶紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 清和源氏藤原氏などにみられる。

# 古代からみられる地名姓。

# 中国地方や愛知県から岐阜県にかけて、山梨県や群馬県に多くみられる。

# 「石が多い原っぱ」「地盤の堅い原っぱ」に由来する。

# 甲斐国の石原氏は清和源氏の出や、甲斐国国造族の三枝氏の出。

# 武蔵国大里郡石原(埼玉県熊谷市石原)をルーツとする石原氏は三枝氏の出。

# 薩摩国の石原氏は島津氏の支流で伊集院氏の出。

# 三河国の石原氏は三河国額田(宝飯?)郡石原村(愛知県岡崎市)をルーツとし斯波氏の出。

# 播磨国の石原氏は播磨国多可郡石原(兵庫県西脇市黒田庄町)をルーツとする。

# 備後国鈴神城(広島県庄原市)の石原氏は山内氏の一族。

# 出雲国の石原氏は丹後国石原をルーツとする。

# 沖縄の石原氏は摩文仁間切石原村(沖縄県糸満市)をルーツとする。

# 仙台藩士の石原氏は陸奥国黒川郡石原(宮城県黒川郡大郷町)をルーツとする。

# 山形県の石原家: 庄内藩家老。藩主である酒井氏の三河時代からの譜代の家臣。

# 富山県の石原家

# 主なルーツ地

・ 武蔵国大里郡石原(埼玉県熊谷市石原)をルーツとする。
・ 三河国額田郡石原村(愛知県岡崎市)をルーツとする。
・ 播磨国多可郡石原(兵庫県西脇市黒田庄町)をルーツとする。
・ 丹後国石原をルーツとする。
・ 沖縄摩文仁間切石原村(沖縄県糸満市)をルーツとする。
・ 陸奥国黒川郡石原(宮城県黒川郡大郷町)をルーツとする。

# 第二次安倍内閣の石原伸晃(環境大臣)は神奈川県逗子市の出身。

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】
# 石原
・ 代表家紋: 源氏系の石原氏「二つ引両紋」、藤原氏系「蝶」、三枝氏系「松」、諏訪神系「木瓜」、武田氏系「輪違いの中に、一、二文字」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示