「山名」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「や」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 山名(やまな)

【2018/04/09:改編】

# 1768位

# 清和源氏新田氏流、藤原氏秀郷流大江氏などにみられる。

# 代表家紋

# 兵庫県を中心に関西地方から中国地方にかけて多くみられる。

# 鳥取県:385位、和歌山県:556位、兵庫県:568位、岡山県:726位、京都府:763位など。

# 上野国多胡郡山名村(群馬県高崎市山名)をルーツとする山名氏は清和源氏新田氏流。山名政氏の家紋

# 新田氏の八代目の義貞の三男の義範(よしのり)が上野国多胡郡山名村に移り住んだのに由来する。

# 山名から派生した名字には、「安中」「隠岐」「三上」「清水」などがある。

# 山名氏
・ 新田義重の子の義範が上野国多胡郡山名(群馬県高崎市山名町)に住んで山名氏を称した。義範は源頼朝の挙兵に応じた。その後、足利尊氏の命で、出雲国の守護から丹波国の守護に転じた。そして、戦国時代末期に豊臣秀吉によって宗家は滅ぼされた。山名豊国は豊臣秀吉に仕え、関ヶ原の合戦では東軍に属し、江戸時代には但馬国七美郡で6700石の交代寄合。【出典:群馬県の名字 森岡浩 上毛新聞社】

# 兵庫県の山名家

# 鳥取県の山名家

# 山名家

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示