「竹内・武内」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「た」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 竹内・武内(たけうち、たけのうち)

【2022/09/15:改編】

※ 「竹内」と「武内」は必ずしも同じ由来とはいえませんが、「第一生命ランキング」は昔のコンピュータシステムが漢字対応していなかったため、「たけうち」という読みでくくられていますので御了承下さい。

# 44位【第一生命ランキング

# 竹内: 第48位 約29万人【明治安田生命ランキング2008

# 竹内: 第54位 約29万人【明治安田生命ランキング2013

# 竹内: 第55位 約29万人【明治安田生命ランキング2018

# 竹内: 55位(森岡浩ランキング)

# 竹内: 54位【出典

# 竹内: 55位【出典

# 全国密度順位(森岡浩ランキング): 福井県 > 長野県 > 愛知県(竹内)

# 全国人口順位(森岡浩ランキング): 愛知県 > 長野県 > 東京都(竹内)

# 代表家紋

# 東北地方南部を除いて広く分布する。とくに、福井県、長野県、愛知県に多く見られる。【出典

# 東北地方南部を除いて、全国に広く見られる。なかでも愛知県の知多半島に多く見られ、半田市や知多市を中心とした地域にまとまってみられる。【出典

# 竹内は藤原氏族で西日本の日本海側と四国、武内は関東地方南部と四国地方に多い。東北地方南部を除いた全国に分布し、福井県、長野県、愛知県に特に多い。

# 「竹内」という地名由来の名字が多いが、中に「たけのうち」と読む竹内姓は源氏の末流で公家の流れをくむとされる。

# 「竹内」は「館内」が変化したもので、「館」が「竹」に変化したものも多いそうだ。ちなみに、埼玉県熊谷市上中条の竹内、ここには中条氏の館跡があるそうだ。

# 越中の竹内氏は越中国新川郡南保竹ノ内(富山県中新川郡船橋村)をルーツとする。

# 三河国下条竹内村発祥の竹内氏は、右京大夫仲治六代の孫左衛門勝治がこの地に住んで竹内氏を称し、その子の信重は徳川家康に仕え子孫は幕臣。永禄年間に、今川氏の家臣に竹内喜十郎や駿河国安倍郡長田村(静岡市)の明光寺を開基した善五兵衛政道、内牧村(静岡市)の幸庵新田を開拓した竹内幸庵、文禄年間に遠江国榛原郡波津村(静岡県相良町)に住んだ竹内氏などがある。遠江国引佐郡宮口村(静岡県浜北市・現浜松市)の竹内氏の祖先はもとは伊藤氏を称し、豊臣時代に関西から落ち延びてきたという。【出典

# 美作国の竹内氏は公家の竹内氏の末裔。また公家の竹内(たけのうち)氏は清和源氏の出。

# 山城国久我荘(京都府)、越中国入善宿(富山県)など。

# 武内は東日本に多く、竹内は西日本に多い。
・ 日本武尊が東国に遠征して蝦夷を討伐したが、その15年前に天皇の命で東国を視察した武内宿禰がいた。武内宿禰の祖先の孝元天皇。この武内宿禰の子孫が東国に広がったため、武内は東日本に多い。その後、武内宿禰の子孫は竹内と改姓し全国に広がった。【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 山形県の竹内家

# 新潟県の竹内家

# 富山県の竹内家

# 石川県の竹内家

# 兵庫県の竹内家

# 地球物理学者の竹内均は福井県大野市の出身。俳優の竹内力は大分県佐伯市の出身。歌手の武竹内まりやは島根県大社町の出身。ピンクの電話の竹内都は大阪府大東市の出身。元TBSアナウンサーの竹内香苗は愛知県みよし市の出身。女優の竹内結子は埼玉県浦和市の出身。

# NHKアナウンサーの武内陶子は岡山県倉敷市の生まれ。

【一個人 2013年12月号】

# 竹内(55位)

・ 中部地方に多く、福井県、長野県、愛知県に多い。

・ 公家の竹内家は清和源氏義光流の平賀氏の子孫。

【苗字の謎が面白いほどわかる本 丹羽基二】より

# 大和国葛下郡竹内村をルーツとする。

# 清和源氏藤原北家閑院流村上源氏久我流などがある。

# 関連姓氏: 健内、岳内、武ノ内、武内、武之内

# 参考: 武内宿禰

# 山形県内の「竹内」の名字の詳細

# 群馬県内の「竹内」の名字の詳細

# 新潟県内の「竹内」の名字の詳細

# 富山県内の「竹内」の名字の詳細

# 石川県内の「竹内」の名字の詳細

# 長野県内の「竹内」の名字の詳細

# 静岡県内の「竹内」の名字の詳細

# 兵庫県内の「竹内」の名字の詳細

■ 竹之内(たけのうち)

【2022/01/21:新載】

# 江戸時代、日置島津家に仕えた竹之内氏がいた。現在も鹿児島県には竹之内の名字が多く、肝属郡串良町では3位。鹿児島県以外では関東地方南部に多く見られる。【出典

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示