武内宿禰
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 武内宿禰(たけうちのすくね)

宿禰】 伝説上の人物で、仁徳天皇にかけて、大臣として国政を担った。「」「巨勢」「平群」「葛城」「蘇我」などの祖とされる。父親は孝元天皇の皇孫とのこと。

・ 紀氏、巨勢氏、平群氏、葛城氏、蘇我氏などの祖と言われるが不詳。因幡国風土記によると、武内宿禰は360歳の時に因幡国でクツを残して行方不明。【伝説の日本史 第1巻〜神代・奈良・平安時代 「怨霊信仰」が伝説を生んだ〜 井沢元彦】

・ 武内宿禰は戦前の1円札の肖像画に使われていた?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示