蘇我氏
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 古代豪族の目次
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 蘇我氏(そが うじ): 「蘇我」の名字の由来

# ルーツ: 武内_宿禰

# 拠点: 大和国高市郡曽我(奈良県橿原市曽我)、河内国石川郡(大阪府富田林市)、大和国葛城(奈良県葛城市)の三説。

# 特徴: 仏教輸入をすすめる

# 役職: 大臣

・ 武内宿禰の子の蘇我石河宿禰の後裔

・ 武内宿禰→蘇我石河宿禰→蘇我満智(まち)→韓子(からこ)→高麗(こま)→稲目(いなめ)→蘇我馬子

・ 天武朝で、蘇我氏は石川氏と改めた。

・ 蘇我氏の蘇我は蘇我川に由来する。

・ 蘇我氏は石川氏に改姓した。

# 蘇我: 曾我、曾我部、十河(そごう)の名字が残っている。

# 蘇我氏からでた名字: 「宗我」「曾我」「宗我部」「曾我部」「長宗我部」「長曾我部」【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 蘇我氏

・ 蘇我氏の本家は、皇極4年(645年)の乙巳(いっし)の変で滅んだ。

・ その後、壬申の乱で蘇我氏の大半は没落した。

【日本史再検証 名家の「その後」 監修:森岡浩 別冊宝島】

# 蘇我(そが): 葛城氏から分かれたのが蘇我氏。菅(すげ)のことは古くは「スガ」と言い、それが「ソガ」となった。蘇我氏の庶流に田中氏、久米氏があり、蘇我氏の本拠地で会った奈良県橿原市周辺には田中町、久米町の名が残る。【出典

# 蘇我(そが)氏

・ 宗我・宗賀・曾我・巷宜・巷哥とも書いた。武内宿禰後裔氏族の一つ。姓は臣。蘇我石川宿禰を祖とする。本拠地については、,里舛梁舅孫餽盪垠漢媛罅米猯標橿原市曾我町)の地、△里舛硫脇盥饑仞遏Χ喇郡(今の大阪府富田林市)の地、のちの大和国葛上・葛下郡(今の奈良県御所・大和高田市周辺)の地とする三説がある。,蓮峙氏家蝶」に「蘇我石河宿禰、家大倭国高市県蘇我里。故名云蘇我石河宿禰」、△蓮峪安綣堆拭廚慮儀銚鞠十二月二十七日癸巳条の石川朝臣木村の言に「始祖大臣武内宿禰男宗我石川、生於河内国石川別業。故以石川為名。賜宗我大家為居。因賜姓宗我宿禰」、は「日本書紀」の推古天皇三十二年十月癸卯条の蘇我馬子の言に「葛城県者、元臣之本居也。故因基県為姓名」とあるのをおもな根拠とし、ともに有力である。蘇我氏が本拠地を移したためとみられるが、順序の特定はなお課題である。蘇我氏の活動が顕在化するのは稲目の代からで、すでに本拠地は大和国にあった。稲目の以前、石川の後は満智・韓子・高麗と続いた。「古語拾遺」に満智は雄略朝で三蔵を検校したと伝えられる。「日本書紀」の応神天皇二十五年条にみえる百済の権臣木満致と満智を同一人物とみなし、蘇我氏の出自を朝鮮に求める説があるが、確証は無い。両者の名が同音であるのは、彼の子と孫の名が朝鮮風であることと合わせてこの時期、蘇我氏が大和政権の対朝鮮交渉との係わりで台頭したことを物語る。【出典

# 「そが」の語源

統計表示