「岡田」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 岡田(おかだ)

【2019/02/09:改編】

# 37位【第一生命ランキング

# 第34位 約38万人【明治安田生命ランキング2008

# 第34位 約38万人【明治安田生命ランキング2013

# 第34位 約38万人【明治安田生命ランキング2018

# 全国順位(森岡浩ランキング): 33位

# 代表家紋: 「繋ぎ五つ星紋」「寓生(ほや)紋」「稲紋

# 全国的な姓だが、東北地方北陸地方九州地方はやや少ない。

# 岡田(おかだ): 周辺より高い土地(岡)にある田んぼと言う意味。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

# 関連姓氏: 丘田、岡多、岡太、岳田、崗田、陸田。

# 常陸の岡田氏は常陸国久慈郡佐都荘岡田郷(茨城県常陸太田市岡田町)をルーツとし、清和源氏佐竹氏の支流。

# 信濃の岡田氏は信濃国筑摩郡岡田郷(長野県松本市)をルーツとし、清和源氏佐竹氏の支流。【出典

# 下総の岡田氏は下総国豊田郡岡田郷(茨城県常総市岡田)をルーツとし、桓武平氏相馬氏流。

# 武蔵の岡田氏は武蔵七党の丹党の出。

# 相模の岡田氏は相模国高座郡岡田(神奈川県高座郡寒川町)をルーツとし、敏達天皇末裔といわれる。

# 摂津の岡田氏は生田神社の神官。

# 讃岐の岡田氏は讃岐国寒川郡岡田村をルーツとし、竹内宿禰の後裔

# 茨城県の岡田家: 常陸の岡田氏は常陸国久慈郡佐都荘岡田郷(茨城県常陸太田市岡田町)をルーツとし、佐竹氏の支流。佐竹義重の子の義高が岡田氏を称した。【出典

# 栃木県の岡田家: 下野国都賀郡栃木(栃木県栃木市)の豪商で、相模国高座郡岡田(神奈川県高座郡寒川町)をルーツとする。敏達天皇末裔ともいわれる。元は、関東管領上杉氏に仕えていたが、江戸時代の初めにこの地で帰農した。【出典

# 富山県の岡田家: 江戸時代富山藩士に岡田家が三家あった。

# 富山県の岡田家: 富山城下の中野新町の豪商。岡田屋を号して米穀商や金融業を営んだ。

# 石川県の岡田家: 能登国珠洲郡片岩村(石川県珠洲市)の旧家。

# 岐阜県の岡田家: 旗本の揖斐岡田家。清和源氏満政流。古くから尾張国に住んで、斯波氏織田氏に仕えた。江戸時代には美濃国可児郡と葉栗郡で5千石を領し、揖斐を陣屋とした。清水岡田家は分家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

# 三重県の岡田家: 伊勢国四日市(三重県四日市市)の旧家。イオンの創業者の岡田家は一族。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

# 兵庫県の岡田家: 摂津国川辺郡伊丹(兵庫県伊丹市)の豪商。

# 兵庫県の岡田家: 播磨国赤穂郡の旧家で、先祖は鳥取藩士だったが、寛永3年(1626年)に赤穂に転じ、製塩業をはじめた。【出典
# 兵庫県の岡田家: 淡路国三原郡福良浦(兵庫県南あわじ市福良)の庄屋。【出典】 

# イオン(旧ジャスコ)の創業者の岡田一族は三重県の出身。

# 元総理の岡田啓介は福井県の出身。女優の岡田嘉子は広島県広島市の出身。俳優の岡田英次は千葉県銚子市の出身。俳優の岡田眞澄はフランスの出身。女優の岡田可愛は大阪府大阪市の出身。映画プロデューサーの岡田裕介は京都府京都市の出身。サッカーの岡田武史は大阪府大阪市の出身。プロ野球の岡田彰布は大阪府大阪市の出身。タレントの岡田美里は東京都の出身。V6の岡田准一は大阪府大阪市の出身。

【一個人 2013年12月号】

# 岡田(33位)

・ 地名姓で、西日本に多くみられ、特に愛知県に多い。

・ 尾張国の岡田氏は尾張国知多郡岡田をルーツとし、清和源氏の浦野氏の一族の山田氏の分家。江戸時代には旗本

・ 讃岐国の岡田氏は讃岐国寒川郡岡田をルーツとし、紀氏の出。

・ 伊予国の岡田氏は伊予国伊予郡岡田郷をルーツとし、港の氏の出。

・ 下総国の岡田氏は下総国豊田郡岡田をルーツとし、桓武平氏相馬氏の出。

・ 陸奥国の岡田氏は田村氏の出。

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】

# 岡田

・ 讃岐国の岡田氏は武内宿禰の出。

・ 信濃国の岡田氏は清和源氏の義光流。

・ 下総国の岡田氏は桓武平氏千葉氏流。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示