「京極」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「か」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 京極(きょうごく)

【2017/08/18:改編】

# 3541位

# 宇多源氏佐々木氏流などにみられる。

# 代表家紋

# 秋田県:514位、宮城県:981位など。

# 佐々木氏の四男の氏信が近江国の北部と京の京極高辻の館を継いだのに由来する。また三男は「六角」を興した。京極高清の家紋

# 京極から派生した名字には、「黒田」「尼子」などがある。

# 兵庫県の京極家: 但馬国豊岡藩主近江国京極家末裔。 

# 京都府の京極家: 丹波国峰山藩主宇多源氏の出で、室町幕府の四職の一つの京極家末裔。京極氏は後に没落したが、天正年間に京極高次が織田氏に仕え、妹が秀吉の側室になったことから、近江国大津6万石で再興した。

# 香川県の京極家: 讃岐国丸亀藩主(5万1千石)の京極家は、近江源氏宇多源氏佐々木氏の支流。鎌倉時代の守護で、明治維新まで大名として生き残ったのは、島津家(鹿児島)と京極家(丸亀市)だけ。京極高次が豊臣秀吉のもとで大名となった。【家紋:平四つ目結】明治維新後には子爵。  

# 小説家の京極夏彦は北海道小樽市の出身。

# 京極家

# 「京極」の語源

# 多度津藩 ・ 豊岡藩 ・ 丸亀藩 ・ 峰山藩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示