「生島」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 生島(いくしま、しょうじま)

【2022/01/11:改編】

# 3228位

# 桓武平氏経盛流などにみられる。

# 大阪府や兵庫県、佐賀県を中心とした西日本に多くみられる。

# 地下官人の生島家は平経正の子の経菊丸が後鳥羽上皇から摂津国川辺郡生島荘(兵庫県)を与えられたのに始まる。

# 佐賀県の生島は「しょうじま」読みもある。

# 摂津国川辺郡生島荘(兵庫県尼崎市)をルーツとする。地下官人の生島家は桓武平氏の出。平経正の子の源勝が生島氏を称し、代々桂宮家に仕えた。価格は諸大夫だが、江戸時代中期に永盛・秀清、後期に儀重・宣由は公卿となった。旗本の生島家も同族。【出典

# 摂津国八部郡神戸村(兵庫県神戸市中央区)の旧家にも生島家がある。庄屋をつとめた他、松屋を号して酒造業を営み、廻船問屋も兼ねた。【出典

# 兵庫県の生島家: 摂津国神戸村(兵庫県神戸市)の旧家。

# 他に、以下のような地名がある
・ 愛知県江南市鹿子島町生島
・ 山口県長門市三隅中生島
・ 香川県高松市生島町

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示