石川県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 石川県の県名の由来 ・ 石川県内の珍名 ・ 石川県の難読地名・珍地名 ・ 石川県の地名集

★ 石川県の名字の特徴

# 西日本型の名字構成。

# 前田利家が尾張から加賀に来た際に、以前から「前田」を名乗っていた人は、「毎田」「前多」などに改姓したともいう。

# 石川には「前」「後」、「東西南北」を表す言葉を使った名字が多い。「中川(7位)」「中田(14位)」「(15位)」「北村(18位)」「西田(21位)」「(23位)」「前田(24位)」「北川(26位)」「西村(31位)」「中野(32位)」「中島(34位)」「上田(35位)「中山(40位)」「西川(47位)」「坂下」「西出」「表」など。

# 「谷内」は全国的には「たにうち」と読むが、石川県内では「やち」と読む。特に輪島に多い。

# 石川県には一文字の名字が多い。向、、浦。

【石川県らしい名字】

# 七尾市には、「水道」「清酒」「尻屋」などの名字が多い。
※ 富山県の新湊もそうだが、たぶん明治維新後名字を作った時に、自分の職業由来の名字をつけたものと思われる。

# 「坂下」「西出」「表」「干場」などは石川県らしい名字。

【石川県らしい名字2】

# 王生(いくるみ)延命(えんめい)、水道(おいどう)、四十万谷(しじまや)、清酒(せいしゅ)、直下(そそり)、日月(たちもり)、髭右近(ひげうこん)、面(ほほつき)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 石川県特有の名字集

■ 石川県の特徴的名字: 西出、越川、越田、谷口、新保、谷内、能崎、平出(ひらいで)、東出津田。【出典】  

■ 石川県の名字【出典

・ 高(たか、こう): 石川県ではほとんどが「たか」読み。

・ 道場(みちば、どうじょう): 福井県ではほとんどが「どうじょう」読み。

・ 室生(むろお、むろう): 金沢市内の寺院に由来する。

・ 香林坊(こうりんぼう): 元は比叡山の僧侶で、還俗して薬商人などを営んだ人物に由来する。

■ 石川県の名字の特徴【出典

# 石川県特有の名字: 「西出」「干場」「中出」「新保」「高(たか)」「出村」「寺西」「越田」「越野」「道下」「上出(かみで)」。

# 虧棔覆┐里瓠△茲里瓠法А’重亶饉島郡虧楝次弊仞邯能登島町)をルーツとする。

# 大桑(おおくわ): 加賀国石川郡大桑荘(石川県金沢市)をルーツとし、藤原北家の加賀斎藤氏の一族。大桑荘の開発領主で、林光家の子の利光が大桑三郎を称したのを祖とする。南北朝時代には上林郷(石川県野々市市)の地頭になった。金沢市周辺に多く見られる。

# 阿字地(あじち): 石川県加賀市・小松市付近にみられる。この地の方言で、本家から分かれた家を「あぢち」ということに由来する。「阿慈地」「阿慈知」「按察」などとも書く。

# 王生(いくるみ): 石川県の王生家: 石川県の難読名字。加賀国丸山村(石川県小松市)に王生家があった。草壁皇子の子孫と伝え、代々庄右衛門を称して庄屋を務めた。

# 一筆(いっぴつ): 石川県小松市にみられる。代々、加賀国能美郡打木村(石川県小松市)に住み、先祖が近江国に米つきの出稼ぎに行って、主人からもらったものという。

# 大喜(おおき): 石川県の大喜家: 石川県小松市の旧家で北前船主を務めた。毎日、沖をにらんでいたことから、「沖屋」を屋号とし、後に「大喜」の名字にした。

# 買手(かいて): 石川県白山市の旧美川町に多く見られる。また、北海道函館市や大阪府にまとまってみられる。北前船に関連する名字と考えられる。

# 買手屋(かいてや): 石川県の旧松任市で代々続く呉服商の出。

# 夏至(げし): 白山の麓に見られる名字。江戸から同地に移り住んだ先祖が、夏を待ち望んで夏至を名字にした。

# 獅子吼(ししく): 石川県小松市にみられる。獅子吼とは仏の説教する声のことで僧侶の名字である。なお、金沢市には獅子吠高原の地名もあり、これに由来するか?

# 鷹合(たかごう): 七尾市の名字。古代、先祖が仁徳天皇に鷹を献上したことでったという。

# 鶴亀(つるかめ): 石川県小松市にみられる。水の流れを意味する「水流(つる)」に「鶴」を、神に供える酒の「瓶(かめ)」に「亀」をあてた。

# 閖(どんど): 石川県小松市や白峰村にみられる。水門の番人が、田に引く水の音を名字にした。

# 東四柳(ひがしよつやなぎ): 羽咋郡四柳(石川県羽咋市四柳町)をルーツとする。

# 髭右近(ひげうこん): 石川県志賀町矢駄の名字で、現在も志賀町や北海道の当別町にまとまってみられる。矢駄が京都の上賀茂神社の社領になった際に、京から「髭右近」と呼ばれる人がきたことに由来する。

# 法師(ほうし): 石川県の法師家: 石川県小松市の粟津温泉で旅館を営む旧家。日本最古の旅館と言われる。粟津温泉の発見者である泰澄大師が弟子の雅亮を還俗させて番人にしたのが祖という。

# 湯出(ゆので): 石川県の片山津温泉にみられる。もとは「森」という名字の井戸掘り業者だったが、片山津温泉に招かれて温泉を掘り出し、湯出に改めたという。

# ?(れん): 石川県加賀市の山代温泉にみられる。代々、菓子屋を営む。煉羊羹を製造販売していたが、明治になって「煉」の火偏を王偏に変えたという。


■ 1位: 山本(やまもと)
# 西日本特有の名字の一つ。
# 県内全域に見られるが、比較的能登地方に多くみられる。

■ 2位: 中村(なかむら): 石川県の中村家
# 県内全域に見られ、豊臣秀吉に仕え加賀藩士となった中村一氏(かずうじ)の末裔の中村家がみられる。

■ 3位: 田中(たなか):  石川県の田中家
# 県内全域に見られ、特に南部の加賀市や北部の珠洲市に多くみられる。筑後柳河藩主の田中吉政の末裔の田中家がある。田中吉政の長男の吉次は吉政と不仲で、柳河を離れて京で亡くなった。この吉次の末裔の一閑(いっかん)が前田家五代藩主の綱紀に仕えた。

■ 4位: 吉田(よしだ): 石川県の吉田家
# 県内全域に見られ、特に加賀地方に多くみられる。

■ 5位: 山田(やまだ、ようだ): 石川県の山田家
# 能登国鳳至郡大屋荘山田村(石川県穴水市)をルーツとし、長(ちょう)氏の出の山田氏、加賀国河北郡山田村(石川県かほく市)をルーツとする山田氏などがいる。

■ 6位: 林(はやし): 石川県の林家
# 石川県内では、白山市に多くみられる。

■ 7位: 中川(なかがわ): 石川県の中川家

■ 8位: 松本(まつもと): 石川県の松本家

■ 9位: 山下(やました): 石川県の山下家

■ 10位: 山崎(やまざき・やまさき): 石川県の山崎家

■ 11位: 橋本(はしもと)

■ 12位: 山口(やまぐち)

■ 13位: 清水(しみず): 石川県の清水家

■ 14位: 中田(なかだ)

■ 15位: 南(みなみ): 石川県の南家

■ 16位: 池田(いけだ): 石川県の池田家

■ 17位: 森(もり)

■ 18位: 北村(きたむら)

■ 19位: 宮本(みやもと): 石川県の宮本家

■ 20位: 谷口(たにぐち)

■ 21位: 西田(にしだ): 石川県の西田家
# 全国に見られるが、特に富山県から関西地方にかけて多く見られる。【出典
# 石川県内では、南部に多く見られ、とくに川北町では人口の3%以上、能美市の旧寺井町では2%以上で最多姓。【出典
# 加賀藩や、大聖寺藩士にも西田家があった。【出典

■ 22位: 松田(まつだ): 石川県の松田家
# 沖縄県を含めて全国にまんべんなくみられる。【出典
# 石川県内では、加賀北部から口能登(旧能登国南部)にかけての、県の中央部にまとまってみられる。旧押水町(現宝達志水町)では3.6%で最多姓。そのほかに、羽咋市、旧松任市(現白山市)、旧鹿島町(現中能登町)にも多く見られる。【出典
# 加賀藩士には松田家が多かった。【出典

■ 23位: 東(ひがし)
# 石川県内では、「ひがし」読みが87%で、「あずま」読みが13%。【出典

■ 24位: 前田(まえだ)
# 石川県内では、県内全域に広く見られ、比較的能登に多く見られる。特に旧中島町(現七尾市)では1.5%をしめる。【出典

■ 25位: 小林(こばやし)
# 九州南部を除いて、全国にまんべんなくみられる。【出典
# 石川県内では、広く見られるが、比較的能登に多く見られる。とくに穴水町と旧鳥屋村(中能登町)にまとまってみられる。【出典

■ 26位: 北川(きたがわ): 石川県の北川家
# 他の方位姓と同じに、関西地方から北陸地方にかけて多く見られる。【出典
# 石川県内では、内灘町、旧七塚町(かほく市)、旧能登島町(七尾市)に多く見られる。とくに内灘町では1.4%と町内では2番目に多い。旧能登島町では1.3%。【出典

■ 27位: 高橋(たかはし): 石川県の高橋家
# 石川県内では、戦国時代、加賀国河北郡木目谷(きのめだに・金沢市)の高橋氏がいた。子孫は同地で帰農した。【出典

■ 28位: 加藤(かとう)
# 石川県内では、加賀地方に多く見られる。とくに白峰村(白山市)では、人数は少ないが、村内3位。その他では志賀町にも多く見られる。【出典
# 加賀藩士には加藤家が多い。加賀藩主の前田家の出身地が尾張国で、そこから加賀国に転じた加藤家が多い。【出典
# 戦国時代には、加賀白山麓の牛首谷(石川県白山市白峰)の土豪に加藤氏があった。同地は、もともと白山権現の御庭所のため、領主がいなかったが、室町時代ころから加藤藤兵衛が支配するようになった。柴田勝家の入国で、その配下に降り、江戸時代には帰農して大庄屋。【出典

■ 29位: 坂本(さかもと): 石川県の坂本家: 
# 石川県内では、能登地方にまとまってみられる。旧富来町(志賀町)と、旧能登島町(七尾市)ではともに、1.7%で最多姓。また、穴水町でも1%、旧中島町(七尾市)、旧志雄町(宝達志水町)でも1%を超えた。また、輪島市や七尾市にも多く見られる。一方、加賀国では津幡町と旧鳥越村(白山市)に多く見られる。【出典

■ 30位: 岡田(おかだ): 石川県の岡田家
# 地名姓。【出典
# 地形姓。「岡」とは、周辺よりもやや高い場所を意味し、そうしたところにある水田を指して「岡田」と言った。それから生まれた地形姓でもある。【出典
# 現在は、沖縄県を除いて広く見られるが、東北地方北部や鹿児島県には少ない。一方、関西地方、中国地方、四国地方には非常に多い。【出典
# 石川県内では、旧高松町(かほく市)では3%以上をしめ町内の最多姓。旧中島町(七尾市)でも1%以上。また、旧田鶴浜町(七尾市)や旧志雄町(宝達志水町)にも多く見られる。【出典
# 加賀藩士に岡田家に多い。【出典

■ 31位: 西村(にしむら): 石川県の西村家
# 石川県内では、とくにまとまって見られる地域は無く、全県に広がっている。旧吉野谷村(石川県白山市)に「人口比で」まとまってみられた。【出典

■ 32位: 中野(なかの): 石川県の中野家 
# 沖縄県を除いて、全国にまんべんなく見られる。【出典
# 石川県内では、加賀・能登地方に多く見られるが、どちらかというと加賀の方が多く見られる。とくに多いのが、加賀の旧寺井町(石川県能美市)と能登の珠洲市。そして、旧美川町(白山市)や野々市町に多く見られる。【出典

■ 33位: 高田(たかだ): 石川県の高田家
# 富山県の南西部にまとまってみられ、ほかに淡路島や福岡県南部、岡山県笠岡市付近にもまとまってみられる。【出典
# 石川県内では、旧能都町(能登町)では3位。ほかに、旧鹿島町(中能登町)や羽咋市など能登地方に多く見られる。【出典
# 能登国鹿島郡高田村(石川県七尾市田鶴浜町)に高田氏がいた。【出典

■ 34位: 中島(なかじま)
# 「島」「嶋」「嶌」は、新旧字体ではなく、別の漢字で、分けて考える。【出典

■ 35位: 上田(うえだ): 石川県の上田家
# 石川県内では、全域に広く見られる。旧鹿島町(中能登町)と旧志雄町(宝達志水町)、旧吉野谷村(白山市)に最も多く、また羽咋市にも多く見られる。【出典

■ 36位: 山岸(やまぎし): 石川県の山岸家

■ 37位: 村田(むらた)
# 石川県内では、加賀から口能登にかけて多く見られ、とくに能美郡川北町では1%超。ほかには、旧鶴来町(白山市)や旧宇ノ気町(かほく市)にも多く見られる。【出典
# 加賀藩士に村田家が多いが、前田利長に仕えて1500石を知行した村田四兵衛は備前国(岡山県)の出。もとは浦上姓で、備前の戦国大名の宇喜多氏に仕えた。【出典

■ 38位: 木村(きむら): 石川県の木村家
# 石川県内では、まんべんなく分布し、特に旧志雄町(宝達志水町)や、旧宇ノ気町(かほく市)に多く見られる。【出典

■ 39位: 藤田(ふじた): 石川県の藤田家
# 石川県内では、平成の合併前の志賀町では3位。他に、川北町や、旧島越村(白山市)にまとまってみられる。【出典

■ 40位: 中山(なかやま): 石川県の中山家
# 石川県内では、加賀に多く見られ、金沢市、白山市、小松市などに目立つが、とくにまとまってみられるところは無い。【出典

■ 41位: 伊藤(いとう): 石川県の伊藤家
# 石川県内では、とくにまとまってみられる地域は無い。【出典

■ 42位: 村上(むらかみ): 石川県の村上家
# 瀬戸内海沿岸の中国・四国・九州北部にもっとも多く、次いで東北地方に多く見られる。【出典
# 石川県内では加賀地方に多く見られる。【出典

■ 43位: 酒井(さかい): 石川県の酒井家
# 石川県内では、加賀北部から口能登にかけて多く見られ、特に羽咋市、旧七塚町(かほく市)、津幡町、旧田鶴浜町(七尾市)にまとまってみられる。【出典
# 能登国の酒井氏は、鹿島郡酒井保(石川県羽咋市)をルーツとする。能登国土田荘の国人の得田氏の一族と言われる。酒井保の開発領主で、鎌倉時代には御家人。【出典

■ 44位: 野村(のむら): 石川県の野村家
# 石川県内では、金沢市付近にまとまってみられ、県内の6割を占める。【出典

■ 45位: 宮下(みやした)
# 石川県内では、能登地方に多く見られ、旧門前町(輪島市)では上位10位以内。また、旧内浦町(能登町)や穴水町にも多く見られる。加賀地方では、旧宇ノ気町(かほく市)に多く見られる。【出典

■ 46位: 佐藤(さとう)
# 石川県内では、金沢市、小松市、加賀市、七尾市などの都市部にまとまってみられる。これは、県内の佐藤さんが、他県から移り住んだ人が多いことを示す。【出典

■ 47位: 西川(にしかわ): 石川県の西川家
# 石川県内では、金沢市周辺に多く見られ、県内の約半数が金沢市に見られる。その他では、旧松任市(白山市)や旧宇ノ気町(かほく市)に多く見られる。【出典

■ 48位: 辻(つじ)
# 石川県内では、加賀南部にまとまってみられる。旧中山町(加賀市)では1%超で、上位10位以内。その他では、旧辰口町(石川県能美市)に多く見られる。【出典

■ 49位: 森田(もりた)
# 関東地方と関西地方に多く見られ、奈良県、鳥取県、高知県に多く見られる。一方、東北地方や沖縄県には少ない。【出典
# 石川県内では、全域に見られるが、人口比では加賀の川北町に一番多く、次いで能登の旧穴水町、旧田鶴浜町(七尾市)、加賀の旧辰口町(能美市)に多く見られる。【出典

■ 50位: 竹田(たけだ): 石川県の竹田家
# 沖縄県を除いて全国に広く見られるが、とくに北陸地方から山形県にかけてに多く見られる。【出典
# 石川県内では、ひろく見られるが、とくに旧高松町(かほく市)に多く見られ、上位10位以内。【出典

■ 51位: 上野(うえの)
# 地名姓で各地に見られる。【出典
# 人口比では、栃木県、鹿児島県、熊本県、和歌山県、福岡県に多く見られる。【出典
# 石川県内では、圧倒的に奥能登に多く見られる。珠洲市では4位、旧柳田村(能登町)に多く見られる。【出典
# 能登国の上野(うわの)氏は、鳳至郡上野村(石川県穴水町)をルーツとする。【出典

■ 52位: 太田(おおた): 石川県の太田家
# 石川県内では、能登国に藤原北家利仁流で、加賀斎藤氏の一族がある。また、加賀国河北郡太田(石川県津幡町)発祥の太田氏もある。【出典

■ 53位: 中西(なかにし): 石川県の中西家
# 方位姓で全国に見られるが、紀伊半島を中心に近畿地方に多く見られる。【出典
# 石川県内では、加賀地方に多く見られ、旧根上町では上位10位以内。【出典

■ 54位: 石田(いしだ)

■ 55位: 安田(やすだ): 石川県の安田家
# 石川県内では、加賀国石川郡安田保(石川県白山市)をルーツとする安田氏がある。藤原北家利仁流の林氏の支流。【出典

■ 56位: 宮崎(みやざき): 石川県の宮崎家

■ 57位: 谷内(やち)
# 「谷内(やち)」は能登半島独特の名字。石川県外では「たにうち」読みが一般的。【出典
# 石川県内では、90%が「やち」読み。「やち」の名字は石川県輪島市では最多姓。低湿地の「やち」に「谷内」の漢字をあてた。一方「たにうち」読みの谷内の名字は、金沢市付近にまとまってみられ、他県からの移住者によるものと思われる。【出典
# 石川県に次いで「谷内」の多い富山県でも、三分の二が「やち」読み。また、山梨県東部の都留市付近では「やない」読みが多く見られる。【出典

■ 58位: 竹内(たけうち): 石川県の竹内家

■ 59位: 西(にし)
# 石川県内では、全域に見られるが、能美市の旧辰口町に多く見られる。【出典

■ 60位: 鈴木(すずき): 石川県の鈴木家
# 石川県内では、鳥越城主の鈴木出羽守がいた。【出典

■ 61位: 北(きた)
# 石川県内では、加賀地方に多く見られ、とくに金沢市から小松市にかけてまとまってみられる。【出典

■ 62位: 福田(ふくだ): 石川県の福田家
# 地名姓。関東地方北部、山陰地方、九州地方北部に多く、特に栃木県に多い。【出典
# 石川県内では、広く分布するが、 志賀町では上位20位以内。旧田鶴浜町(七尾市)では6位。【出典

■ 63位: 川端(かわばた): 石川県の川端家
# 石川県内では、能登地方の名字で、特に旧能都町や旧内浦町(現能登町)にまとまってみられる。【出典

■ 64位: 木下(きのした): 石川県の木下家
# 石川県内では、広く見られ、比較的能登地方に多く見られる。とくに、旧能登島町や旧中島町(石川県七尾市)に多く見られる。【出典

■ 65位: 沢田(さわだ): 石川県の沢田家
# 石川県内では、加賀地方に多く見られ、金沢市から加賀市にかけてまとまってみられる。【出典

■ 66位: 北野(きたの): 全国順位:382位【出典
# 石川県内では、羽咋市付近と、旧松任市(石川県白山市)付近にまとまってみられる。【出典

■ 67位: 岡本(おかもと): 石川県の岡本家
# 石川県内では、広く見られ、旧押水町(宝達志水町)や、旧宇ノ気町(かほく市)、旧門前町(輪島市)などに多く見られる。【出典

■ 68位: 渡辺(わたなべ): 石川県の渡辺家
# 現在は広く見られるが、比較的に東日本の名字。【出典

■ 69位: 井上(いのうえ): 石川県の井上家

■ 70位: 松井(まつい)
# 石川県内では、能登地方に広がり、中でも旧押水町(宝達志水町)に多く見られる。【出典

■ 71位: 中谷(なかたに): 石川県の中谷家 
# 石川県内では、「なかたに」読みが74%を占める。【出典

■ 72位: 杉本(すぎもと): 石川県の杉本家 
# 石川県内では、広く分布し、旧鹿西町(石川県中能登町)では4位。その他に、旧宇ノ気町や旧七塚町(かほく市)にも多く見られる。【出典

■ 73位: 荒木(あらき): 石川県の荒木家 
# 地名姓で各地に見られる。【出典
# 全国に分布するが、九州北部に最も多く見られ、長崎県と熊本県では20位台。次いで、北陸地方や山陰地方など日本海側に広く見られる。【出典
# 石川県内では、奥能登を除いて広く見られる。【出典

■ 74位: 坂井(さかい)
# 石川県内では、全域に広く分布し、旧鳥屋町(石川県中能登町)では6位。【出典

■ 75位: 小西(こにし)
# 西日本の名字で、四国地方東部から北陸地方にまとまってみられる。中国地方や九州地方にも多く見られるが、北関東から東北地方南部にかけては少ない。【出典
# 石川県内では、全県に広く見られ、とくに集中している地域は無い。【出典

■ 76位: 藤井(ふじい): 石川県の藤井家
# 河内国志紀郡(大阪府藤井寺市)の古代豪族に「葛井」と書いて、「ふじい」と読む一族がいた。百済からの渡来人の末裔で、子孫は「藤井」に改姓したものが多いとされる。【出典
# 石川県内では、能登国鹿島郡藤井村(石川県中能登町)発祥の藤井氏がある。加賀の斎藤氏の一族の林氏の支流。【出典

■ 77位: 奥村(おくむら): 石川県の奥村家 
# 近畿地方から東海・北陸地方にまとまってみられる。【出典
# 石川県内では、加賀地方に多く見られ、とくに集中している地域は無いが、比較的金沢市に多く見られる。【出典

■ 78位: 高木(たかぎ): 石川県の高木家 
# 石川県内では、加賀藩士に高木家が多く見られる。【出典
# 大聖寺藩士の高木家は甲斐国の出と言う。【出典

■ 79位: 本田(ほんだ)
# 本田は、新しく開発した「新田(しんでん)」に対して、もとからある田んぼという意味。【出典
# 石川県内では、広く見られるが、比較的加賀地方に多く見られる。【出典

■ 80位: 坂下(さかした): 全国順位:600位付近【出典
# 北陸地方、岩手県以北、鹿児島県、宮崎県南部にまとまってみられる。【出典
# 人口比では、石川県が圧倒的に多く、次いで福井県、岩手県、鹿児島県、宮崎県に多く見られる。【出典
# 石川県内では、能登半島にまとまってみられ、特に合併前の旧輪島市では1%超。【出典

■ 81位: 浜田(はまだ)
# 石川県内では、能登地方に多く見られ、合併前の旧珠洲市では6位。ほかに、旧能登島町(七尾市)や羽咋市にも多く見られる。【出典

■ 82位: 西野(にしの): 石川県の西野家 
# 石川県内では、加賀市を中心に加賀地方に多く見られ、能登地方では旧田鶴浜町(七尾市)に多く見られる。【出典

■ 83位: 佐々木(ささき): 石川県の佐々木家

■ 84位: 堀(ほり): 石川県の堀家
# 歴史的に有名なのは、越後村上藩主の堀家。清和源氏の出と言い、戦国時代には尾張国中島郡奥田城(愛知県稲沢市)で、奥田氏を称していた。直政のときに織田信政に仕えて堀秀政に属したことから、名字を「堀」に改めた。直系は、のちに跡継ぎがおらずに断絶したが、分家が跡を継いで越後村松藩主として続いた。末裔は、明治時代になって名字を「奥田」に戻した。【出典
# 加賀藩士にも堀家が多い。前田家が「堀」の名字の多い尾張国の出であることに由来する。【出典

■ 85位: 米田(よねだ、こめだ): 石川県の米田家
# 「米田」は、圧倒的に「よねだ」読みが多いが、奈良県南部では「こめだ」読みが一般的。奈良県北部では「よねだ」読みが一般的。また、青森県十和田市を中心に、青森・岩手・秋田の県境付近では「まいた」と読む。【出典

■ 86位: 新谷(しんたに): 石川県の新谷家

■ 87位: 吉村(よしむら): 石川県の吉村家
# 石川県内では、広く見られるが、特に旧田鶴浜町(七尾市)に多く見られる。【出典

■ 88位: 田村(たむら)
# 石川県内では、加賀地方に多く見られる。【出典

■ 89位: 島田(しまだ)
# 石川県内では、石川郡五味島村(白山市)の旧家。真宗大谷派本覚寺の門徒で、江戸時代には庄屋を務めた。【出典
# 加賀藩士には島田家が多く見られ、大聖寺藩士にも島田家がある。【出典

■ 90位: 今井(いまい)
# 京都府、滋賀県、岐阜県、長野県、群馬県、新潟県と、概ね旧中山道にそってまとまってみられる。【出典
# 石川県内では、室町時代の能登の畠山氏の家臣に今井氏がいた。1562年に畠山義綱が能登一宮の気多神社(石川県羽咋市)を造営した際には社務奉行を務めた。【出典

■ 91位: 喜多(きた): 石川県の喜多家

■ 92位: 桜井(さくらい): 石川県の桜井家
# 地名姓。【出典
# 現在は、関東・信越・南東北に多く見られる。局地的には長野県の旧清内路(せいないじ)村(阿智村)では、人口の約半数を占めた。【出典

■ 93位: 表(おもて): 石川県の表家
# 石川県特有の名字。全国の3割弱は石川県に見られる。【出典
# 石川県内では、特に加賀地方の北部に多く見られ、旧七塚町(かほく市)では最多姓。【出典

■ 94位: 小坂(こさか)

■ 95位: 横山(よこやま): 石川県の横山家

■ 96位: 村井(むらい): 石川県の村井家 
# 石川県内では、加賀北部から能登地方南部にかけて多く見られ、旧押水町(宝達志水町)や、旧宇ノ気町(かほく市)に多く見られる。【出典

■ 97位: 小川(おがわ): 石川県の小川家

■ 98位: 長谷川(はせがわ)

■ 99位: 泉(いずみ): 石川県の泉家
# 地名姓と地形姓がある。【出典
# 石川県内では、加賀国石川郡富樫荘泉村(金沢市)の泉氏がある。富樫氏の支流で、泉村付近を開発した在地領主。【出典

■ 100位: 大西(おおにし)

■ 101位: 宮田(みやた): 石川県の宮田家
# 「宮田」とは、神社の所有する田んぼのことで、各地に見られる。【出典

■ 102位: 久保(くぼ): 石川県の久保家

■ 103位: 新田(にった): 石川県の新田家

■ 104位: 細川(ほそかわ)
# 三河国額田郡細川郷(愛知県岡崎市細川)をルーツとし、清和源氏の出。足利義康の子の義清が細川郷に住んで細川氏を称したのが祖で、全国各地に広がった。【出典
# 石川県内では、能登国羽咋郡安津見村(石川県志賀町)の庄屋に細川家があった。【出典

■ 105位: 高野(たかの)
# 地名姓で、各地に見られる。特に新潟県から関東地方にかけて多く見られる。加賀藩士や大聖寺藩士に高野家があった。【出典
# 石川県内では、金沢市や旧志雄町(宝達志水町)に多く見られる。【出典

■ 106位: 今村(いまむら): 石川県の今村家
# 今村は「新しくできた村」を意味し、各地から発祥した。【出典

■ 107位: 松村(まつむら): 石川県の松村家
# 金沢市と小松市にまとまってみられる。【出典

■ 108位: 谷(たに): 石川県の谷家
# 地形姓で、四国・近畿・北陸に多く見られる。石川県内では、広く見られる。【出典

■ 109位: 竹中(たけなか)
# 石川県内に広く見られるが、かほく市の旧高松町では3位。【出典

■ 111位: 津田(つだ): 石川県の津田家
# 石川県内では、加賀地方に多く見られる。【出典

■ 113位: 平野(ひらの)
# 石川県内に広く見られる。加賀藩士に平野家があった。【出典

■ 114位: 川崎(かわさき): 石川県の川崎家
# 石川県内に広く見られる。【出典

■ 115位: 寺田(てらだ): 石川県の寺田家
# 寺の所有する田んぼのことで、これに関わる人が名乗った。【出典】
# 石川県内には、広く分布するが、金沢市、輪島市、七尾市などに多く見られる。【出典】
# 石川県の寺田家: 加賀藩士。【出典】

■ 116位: 西出(にしで): 石川県の西出家
# 加賀南部の独特の「〜出」の名字の一つで、加賀市と小松市にまとまってみられる。【出典
# 石川県の西出家: 江沼郡橋立村(石川県加賀市)で北前船の船主を務めた名家。越前の朝倉氏の家老だった篠島伊賀守の弟の末裔という。初代の又七は船頭で、二代目の源右衛門のときに廻船業をはじめた。五代目の孫次郎は加賀藩から三人扶持を与えられ、勝手方御用を命じられた。その長男は1783年に大聖寺藩に招かれて180石の藩士となり、西出一八常則と名乗った。幕末の三代目源蔵は砲術の大家として知られる。本家は弟が継いで六代目孫次郎となり、藩に6000両と船5艘、土蔵などを献上、以後藩のお手船となった。【出典
# 石川県の西出家: 加賀市須谷で山林地主。【出典

■ 117位: 瀬戸(せと)
# 「せと」とは、島と島の間の流れの急な場所を示すが、島に限らず、山と山の間の狭いところなども意味した。石川県内では、金沢市、七尾市、珠洲市などに多く見られる。【出典

■ 118位: 斎藤(さいとう): 石川県の斎藤家
# 斎宮頭(さいぐうのかみ)になった、藤原利仁の末裔が「斎宮」の「斎」と、「藤原」の「藤」から称した。東日本の名字のため、石川県には多くない。【出典

■ 119位: 徳田(とくだ)
# 石川県内では、加賀地方に多く見られる。【出典

■ 120位: 福島(ふくしま)

■ 121位: 前川(まえかわ)
# 近畿地方から北陸地方にかけてまとまってみられる。石川県内では、金沢市以南にまとまってみられる。【出典

■ 122位: 宮川(みやかわ): 石川県の宮川家
# 現在は、金沢市や白山市に多く見られる。【出典

■ 123位: 平田(ひらた)
# 東北地方北部以外に広く見られる。加賀藩士に平田家があり、現在も金沢市に多く見られる。【出典

■ 124位: 松下(まつした): 石川県の松下家
# 金沢市や小松市に多く見られる。【出典

■ 125位: 石川(いしかわ)
# 石川県内にはそれほど多くない。【出典

■ 126位: 坂口(さかぐち)
# 地形姓で全国に見られる。【出典
# 石川県内でも広く見られるが、比較的能登に多く見られる。【出典

■ 127位: 吉本(よしもと)
# 金沢以南に多く見られる。加賀藩士に吉本家があった。【出典

■ 128位: 長田(ながた): 石川県の長田家
# 「長田」の名字には、「おさだ」読みと、「ながた」読みがあり、全国的には「おさだ」読みが多いが、石川県内では圧倒的に「ながた」読みが多い。【出典

■ 130位: 荒井(あらい)
# 「井」とは水飲み場のことで、「荒井」とは使用されなくなって荒れた水飲み場のこと。また、本来は新しい水汲み場である「新井」から変化したものも多い。北関東を中心に、東北南部、甲信越にかけて多く見られる。【出典
# 石川県内では、金沢市付近にまとまってみられる。【出典

■ 131位: 松原(まつばら)
# 東北地方を除いて広く見られ、石川県内でも各地に見られる。加賀藩士に松原家があった。【出典

■ 132位: 干場(ほしば)
# 石川県、富山県、北海道にまとまってみられる。石川県内では、能登に多く見られ、旧柳田村(能登町)では最多姓。【出典

■ 133位: 吉野(よしの): 石川県の吉野家

■ 134位: 川上(かわかみ): 石川県の川上家
# 川の上流に家を構えていたことに由来する方位姓で、各地にみられる。【出典

■ 135位: 水上(みずかみ): 石川県の水上家
# 北陸地方、山梨県、福岡県、北海道などに多く見られる。石川県内では、輪島市に多く見られる。【出典

■ 136位: 中出(なかで)
# 加賀地方の「〜出」の名字の一つ。加賀市と小松市にまとまってみられる。【出典

■ 137位: 柴田(しばた): 石川県の柴田家
# 石川県内に広く見られる。【出典

■ 138位: 浅井(あさい): 石川県の浅井家
# 浅井氏は近江国をルーツとし、戦国大名の浅井氏が有名。【出典
# 石川県内では、金沢市に多く見られる。【出典

■ 139位: 村本(むらもと): 石川県の村本家
# 石川県の村本家: 加賀藩士。【出典
# 現在は、金沢市や七尾市などに多く見られる。【出典

■ 140位: 川口(かわぐち): 石川県の川口家
# 石川県にひろく見られる。【出典

■ 141位: 土田(つちだ)
# 能登の土田氏は羽咋郡土田荘(石川県志賀町)をルーツとする。南北朝時代は吉見氏の有力被官で、室町時代には能登の畠山氏に属した。【出典
# 江戸時代には加賀藩士に土田家があった。【出典

■ 142位: 藤本(ふじもと)
# 加賀藩の観世流大鼓(おおかわ)御手役者・囃子(はやし)方の筆頭に藤本家がある。四代藩主の前田光高のときに召し出され、帯刀も許された。1864年に養子として家を継いだ純吉は、明治維新後に医師に転身した。現在は、石川県内に広く分布し、金沢市付近に多く見られる。【出典

■ 143位: 武田(たけだ)
# 甲斐の武田氏の一族は各地に拡がったが、それとは別に各地の武田の地名に由来する武田の名字も多く見られる。【出典
# 石川県内では、山代温泉の神明宮の神主に武田家があった。同地の本陣も務めた。【出典

■ 144位: 新保(しんぽ)
# 「新保」とは新しく開墾した土地を意味し、新潟県に多く見られる。石川県内では金沢市にまとまってみられる。【出典

■ 145位: 吉岡(よしおか): 石川県の吉岡家
# 現在は、金沢市と小松市に多く見られる。【出典

■ 146位: 若林(わかばやし)
# 戦国時代、大坂本願寺より派遣された武将に若林長門守がいた。一向一揆勢を率いて、織田信長勢と戦って敗れ、その首は安土に送られた。【出典

■ 147位: 北出(きたで): 石川県の北出家
# 加賀地方に多く見られる「〜出」の名字の一つで、加賀市と小松市に多く見られる。【出典
# 石川県の北出家: 加賀国江沼郡勅使村(石川県加賀市)で九谷焼の陶工をつとめた。【出典

■ 148位: 黒田(くろだ)
# 全国に広く見られ、石川県内では加賀地方に多く見られる。【出典

■ 149位: 高(たか)
# 高階氏の末裔の高師直(こうのもろなお)が有名だが、石川県内では「たか」と読むことが多い。能登国鳳至郡小山村(輪島市門前町)に旧家の高家がある。江戸時代には十村役を務めた。【出典

■ 150位: 高山(たかやま)
# 石川県内に広く見られる。江戸時代は加賀藩士に高山家があった。【出典

■ 152位: 出村(でむら): 石川県の出村家
# 石川県と北海道にまとまってみられる。【出典
# 石川県の出村家: 加賀藩士。【出典
# 現在は金沢市と奥能登に多く見られる。【出典

■ 153位: 亀田(かめだ): 石川県の亀田家
# 石川県内では、加賀地方にまとまってみられる。【出典
# 石川県の亀田家: 江戸時代、加賀国江沼郡塩屋浦(石川県加賀市)で、能登屋を号して北前船の船主を務めた。【出典

■ 154位: 青木(あおき): 石川県の青木家
# 加賀藩の重臣の青木氏は近江青木氏の一族という。1623年に青木正玄(まさはる)が加賀藩に仕えて5000石を領した。嫡流は、1676年に断絶したが、二代目の半丞(はんのじょう)の弟の家系が代々新兵衛を称して続いている。禄高は2000石。【出典

■ 155位: 永井(ながい): 石川県の永井家
# 現在は金沢市に多く見られる。【出典

■ 157位: 越田(こしだ): 石川県の越田家
# 石川県と岩手県以北の二ヶ所にまとまってみられる。【出典
# 石川県の越田家: 加賀藩士。【出典
# 石川県内では、金沢市に多く見られる。【出典

■ 158位: 三浦(みうら): 石川県の三浦家
# 相模国三浦郡(神奈川県)をルーツとする。桓武平氏の一族の三浦氏が有名で、全国各地に広がった。【出典

■ 160位: 金子(かねこ): 石川県の金子家
# 金沢市や小松市に見られる。【出典

■ 161位: 小山(こやま): 石川県の小山家
# 「小山」は「こやま」読みと、「おやま」読みがあるが、石川県内では99%が「こやま」読み。【出典
# 金沢市やかほく市に多く見られる。【出典

■ 162位: 浦(うら)
# 石川県内では、能登に多く見られる。【出典

■ 164位: 浅野(あさの): 石川県の浅野家
# 石川県内では、金沢市や輪島市に多く見られる。【出典

■ 165位: 近藤(こんどう): 石川県の近藤家
# 藤原氏の末裔で、近江国の藤原氏を意味する。【出典
# 現在は、金沢市や七尾市に多く見られる。【出典

■ 166位: 佐野(さの): 石川県の佐野家

■ 168位: 大野(おおの)
# 石川県内では、金沢市以南に多く見られる。「加賀の平賀源内」とも言われた大野弁吉は通称で、本名は中村屋弁吉である。【出典

■ 170位: 奥野(おくの): 石川県の奥野家
# 現在は、石川県内に広く見られる。【出典

■ 171位: 小松(こまつ): 石川県の小松家
# 石川県内では、金沢市に多く見られる。【出典

■ 172位: 原(はら): 石川県の原家

■ 173位: 小島(こじま)
# 「小島」は、一部の地域を除いて、圧倒的に「こじま」読みが多いが、石川県内でもほとんどが「こじま」読みで、「おじま」読みは非常に少ない。【出典
# 石川県内では、金沢市に多く見られる。【出典

■ 174位: 飯田(いいだ)
# 地名姓で、全国各地にルーツがある。【出典

■ 178位: 浅田(あさだ): 石川県の浅田家

■ 182位: 水野(みずの)
# 尾張国春日井郡山田荘水野(愛知県瀬戸市)をルーツとし、清和源氏満政流。加賀藩士には水野家が多く見られるほか、藩の金工家にも水野家がある。【出典

■ 183位: 小泉(こいずみ): 石川県の小泉家

■ 186位: 道下(みちした)
# 全国的には、石川県と北海道にまとまってみられる。石川県内では、金沢市や奥能登に多く見られる。【出典

■ 187位: 高畠(たかばたけ): 石川県の高畠家
# 石川県・富山県と、香川県にまとまってみられる。石川県内では、金沢市にまとまってみられる。【出典
# 石川県の高畠家: 加賀藩士。尾張国の出。祖の定吉は前田利家夫人のまつの甥という。【出典

■ 189位: 島崎(しまざき): 石川県の島崎家
# 石川県内では、現在は金沢市と七尾市に多く見られる。【出典

■ 191位: 西山(にしやま): 石川県の西山家

■ 192位: 岩本(いわもと): 石川県の岩本家

■ 194位: 向(むかい): 石川県の向家

■ 196位: 梅田(うめだ): 石川県の梅田家

■ 197位: 上出(かみで)
# 加賀南部の「〜出」の名字の一つで、加賀市にまとまってみられる。【出典

■ 198位: 多田(ただ): 石川県の多田家
# 金沢市堅町で油屋を営んだ多田家がある。摂津国の多田氏の末裔といい、寛永年間から金沢に住んだ。【出典

■ 199位: 河合(かわい): 石川県の河合家
# 石川県内では、金沢市以南に多く見られる。【出典

■ 201位: 野口(のぐち): 石川県の野口家
# 現在も金沢市に多く見られる。【出典

■ 205位: 松浦(まつうら)
# 肥前国松浦(佐賀県・長崎県)をルーツとし、全国に広く分布する。加賀藩士に松浦家があった。羽咋市から金沢市にかけて多く見られる。【出典

■ 208位: 大田(おおた): 石川県の大田家
# 「太田」は県内順位52位だが、県内では「大田」も多く、県内順位208位。ルーツは、「太田」と同じ。【出典

■ 209位: 岡部(おかべ)
# 能登の岡部氏は武蔵七党の猪俣党の岡部氏の支流で、一の谷合戦で平忠度(ただのり)を討ち取った岡部六弥太忠澄の一族が鎌倉時代に地頭として入部したもの。南北朝時代には吉見氏に従い、戦国時代には長氏に属した国人。【出典
# 戦国時代末期、荻谷(おぎや・石川県宝達志水町荻谷)の土豪に、前項の末裔の岡部宗致がいた。1588年に前田利家から賄分(まかないぶん)として426俵を与えられ、以後豪農となった。1694年に五代目の長右衛門のときに十村役に就任。幕末には本陣を務めた。【出典

■ 211位: 米沢(よねざわ): 石川県の米沢家

■ 212位: 牧野(まきの): 石川県の牧野家
# 愛知県を中心に東海地方に多く見られる。石川県内では、金沢市付近に多く見られる。【出典

■ 213位: 中嶋(なかしま)
# 「嶋」は「島」の異体字で、「中嶋」は「中島」は意味的には同じ。金沢市付近に多く見られる。【出典

■ 214位: 大橋(おおはし)
# 岐阜県を中心に近畿地方から東海地方・関東地方にかけて多く見られる。【出典
# 加賀藩の重臣の大橋家も美濃国(岐阜県)発祥で、1599年に前田利長に仕えた。県内では、旧田鶴浜町(七尾市)で2位。【出典

■ 220位: 橋爪(はしづめ)
# 近畿地方から関東地方西部にかけて見られる。加賀藩士の橋爪家は尾張国荒子時代から前田利家に仕えた。【出典

■ 222位: 後藤(ごとう): 石川県の後藤家

■ 226位: 橘(たちばな)
# 「源平藤橘」と並び称された姓を代表し、全国に広く見られる。【出典
# 石川県内では、能登町の旧柳田村に豪農の橘家がある。もとは曽々木にいたが、十郎平が柳田村に転じて、一代で財を築いたという。【出典

■ 227位: 木谷(きだに): 石川県の木谷家
# 石川県の木谷家: 加賀国石川郡粟崎(あわがさき)村(石川県金沢市)の豪商で木屋を号した。もとは、近江国の出で、九条家の庶流と伝え、京極氏や朝倉氏に仕え、江戸時代初期に粟崎に来住して海運業を始めた。加賀米の回送を行い、材木商も営んだことから、「木屋」を号した。代々藤右衛門を称して、加賀藩の御用商人となり、天明年間には苗字帯刀を許された。また、80石の扶持も受けていた。【出典

■ 228位: 大島(おおしま)
# 能登の大島氏は、羽咋郡大島(石川県志賀町)をルーツとする。大島館に拠って、長氏に仕えた。【出典

■ 229位: 南出(みなみで)
# 加賀地方南部の「〜出」の名字の一つで、加賀市と小松市にまとまってみられる。また、紀伊半島にも多く見られる。【出典

■ 230位: 八田(はった): 石川県の八田家
# 兵庫県から富山県にかけてまとまってみられる。石川県内では、金沢市付近に多く見られる。【出典

■ 236位: 織田(おだ): 石川県の織田家

■ 239位: 堀田(ほりた)
# 「堀田」の名字は、全国的には「ほった」と読むが、富山県や石川県では「ほりた」読みが主流。石川県羽咋市や七尾市の旧田鶴浜町に多く見られる。【出典

■ 240位: 河原(かわはら)
# 石川県は「河原」の名字が多い県の一つだが、他県ではほとんどが「かわはら」読みだが、石川県内では24%が「かわら」読み、「かわはら」読みは76%に過ぎない。【出典
※ なんか、おかしいね??
# とくに、津幡町や旧富来町(志賀町)では「かわら」読みの方が多い。「かわはら」読みは金沢市にまとまってみられる。【出典

■ 243位: 大森(おおもり)
# 能登では神官に大森家が多い。中能登町の伊須流岐比古(いするぎひこ)神社、七尾市田鶴浜町の住吉神社、穴水町の八幡宮の神官に大森家がある。また、加賀藩士や大聖寺藩士にも大森家があった。【出典

■ 244位: 東出(ひがしで)
# 加賀国独特の「〜出」の名字の一つで、加賀市と小松市にまとまってみられる。なお、紀伊半島にも多く見られる。【出典

■ 247位: 越村(こしむら): 石川県の越村家
# 全国の半分近くが石川県に見られ、その約7割が金沢市に見られる。【出典
# 石川県の越村家: 加賀藩士。【出典

■ 248位: 坂野(さかの): 石川県の坂野家
# 愛知県の尾張地方に多く見られる。石川県内では、金沢市と加賀市に多く見られる。【出典
# 石川県の坂野家: 加賀藩士で阿波国の出。朝倉義景、織田信長を経て、前田家に仕えた。【出典

■ 249位: 石黒(いしぐろ): 石川県の石黒家
# 越中国砺波地方の名族で、同地の古代豪族の利波臣の直系の子孫だが、石黒久光が藤原北家利仁流の林氏を称して以後、藤原姓となった。石黒荘(富山県南砺市)の荘官で、倶利伽羅峠の合戦で石黒光弘が活躍したことで知られている。承久の乱では上皇方について、南北朝時代には石黒重之が南朝に属した。1481年に光義が一向一揆に敗れて嫡流が滅亡した。一族に木舟城主の石黒氏があり、加賀藩士の石黒家は同城主の石黒光教の子孫。光教の孫の成栄が前田利家に仕えて1500石を領した。【出典

■ 251位: 塩谷(しおたに)

■ 255位: 横川(よこかわ): 石川県の横川家
# 加賀国石川郡横川村(石川県金沢市横川)をルーツとする。戦国時代の押野荘(石川県野々市町)の公文職に横川氏がいた。【出典
# 石川県の横川家: 加賀藩士。【出典

■ 257位: 山上(やまがみ): 石川県の山上家
# 加賀の山上氏は、能美郡山上郷(石川県能美市)をルーツとする。藤原北家利仁流の林氏の支流。【出典

■ 267位: 増田(ますだ)
# 橋立の北前船主に「大家屋」と号した増田家があった。代々、又右衛門を称し、幕末には苗字を許された。【出典

■ 273位: 東野(ひがしの)
# 加賀南部と奥能登にまとまってみられる。【出典

■ 277位: 新出(しんで)
# 「〜出」の名字は、加賀南部にまとまってみられるが、「新出」は奥能登にまとまってみられ、とくに珠洲市に多く見られる。【出典

■ 278位: 三宅(みやけ)
# 戦国時代、鳳至郡の崎山城(石川県能登町)に三宅氏がいた。能登の畠山氏の重臣で、中能登町金丸付近にまとまってみられる三宅の名字はその末裔という。【出典

■ 281位: 桶谷(おけたに、おけや)
# 石川県に多く見られる。金沢市と内灘町に多く見られる。なお、「おけたに」読みは87%で、「おけや」読みが13%。【出典

■ 288位: 垣内(かきうち): 石川県の垣内家
# 「垣内」とは、新しく出来た集落の周辺に生け垣を巡らして、その所有者を明確にしたもので、本来は「かいと」と読んだ。石川県内では、「かきうち」と読むことが多く、能登国珠洲郡河ヶ谷(かがたに)村(石川県能登町河ヶ谷)には旧家の垣内家がある。平家の落武者の末裔と伝え、代々肝煎を務めた。【出典

■ 291位: 西谷(にしたに)
# 西谷の名字は、石川県内では86%が「にしたに」読みで県内291位。全国的にも三分の二が「にしたに」読みだが、東北地方以北では圧倒的に「にしや」読みが多い。【出典

■ 297位: 笠間(かさま)
# 石川県、福島県、神奈川県に多く見られる。石川県内では金沢市付近に多く見られる。【出典
# 加賀の笠間氏は石川郡笠間(石川県白山市笠間町)をルーツとし、笠間東保の地頭。江戸時代の加賀藩士の笠間家は常陸国の出と言う。戦国時代には朝倉氏に仕え、のちに前田利家に仕えて、加賀藩士。【出典

■ 299位: 高桑(たかくわ): 石川県の高桑家
# 石川県内では、現在は金沢市にまとまってみられる。【出典


■ 相坂(あいさか)
# 能登国羽咋郡大島(石川県志賀町)に相坂氏がいた。山城国相坂(京都府)をルーツとし、初代の相坂七郎義勝は長谷部信連に従い、その能登入部に従って大島に住んだことから大島氏を称したが、のちに相坂に戻したという。江戸時代、加賀藩士に相坂家があり末裔か。【出典

■ 四十物(あいもの)
# 富山県を中心に日本海側に点在する。【出典
# 石川県内では、珠洲市や羽咋市などに見られる。【出典
# 「干物」と「生もの」の中間のものを「あいもの」といったことに由来する。なぜ、「四十物」という漢字をあてたかは諸説有るが、40種類あったという説が有力。【出典

■ 粟生(あおう)
# 能登国羽咋郡粟生保(石川県羽咋市粟生町)をルーツとする。戦国時代には、一ノ宮寺家(羽咋市寺家町)に住んだが、上杉氏に滅ぼされた。【出典

■ 青地(あおじ): 石川県の青地家

■ 青山(あおやま): 石川県の青山家
# 現在も金沢市に多く見られる。【出典

■ 赤崎(あかさき): 石川県の赤崎家
# 現在も、旧中島町に多く見られる。【出典

■ 阿岸(あぎし): 石川県の阿岸家
# 能登国鳳至郡阿岸(石川県輪島市)をルーツとする。長谷部信連の五男が阿岸に住んで阿岸氏を称した。のちに代々長氏に従い、能登国鹿島郡に住んだ。江戸時代には加賀藩士。【出典

■ 暁烏(あけがらす)
# 石川県の旧松任市(白山市)に見られる。【出典
# 旧松任市北安田の真宗大谷派明達寺に生まれた暁烏敏(はや)が有名。【出典

■ 上浜(あげはま)
# 能登国珠洲郡鵜島村(石川県珠洲市)の豪農。【出典

■ 浅加(あさか)
# 全国的にも珍しい名字で、金沢市にまとまってみられる。【出典
# 石川県の浅加家: 加賀藩の重臣。紀伊国発祥で、湯浅氏の一族という。もとは、浅香氏を称し、1614年に前田利常に仕えた。【出典

■ 浅蔵(あさくら)
# 全国的にみても石川県小松市にごくわずかにみられる。【出典

■ 浅永(あさなが)
# 石川県特有の名字。金沢市にまとまってみられる。【出典

■ 飛鳥井(あすかい): 石川県の飛鳥井家
# 公家の名字。【出典

■ 東(あずま) 
# 石川県には、全国的に見ても「東」の名字が多く見られる。石川県内では、約87%が「ひがし」読みで23位に入るが、「あずま」と読むのは13%にすぎず、県内順位は266位。【出典

■ 安宅(あたか)
# 石川県内では、旧能都町(能登町)にまとまってみられる。【出典

■ 阿知良(あちら)
# 集落の中心から離れた地域を「あちら」といい、いろいろな漢字をあてた。加賀国江沼郡上新保村(石川県加賀市)に阿知良の名字があった。【出典

■ 穴虫(あなむし)
# 石川県の名字で、加賀国大聖寺城下穴虫(加賀市)をルーツとする。【出典

■ 阿部(あべ): 石川県の阿部家

■ 天野(あまの): 石川県の天野家
# 能登国では鹿島郡能登島(石川県七尾市)の土豪に天野氏があった。安芸国の天野氏の一族か。南北朝時代には北朝方の守護の吉見氏に属した。【出典
# 石川県内では、金沢市や輪島市に多く見られる。【出典

■ 雨夜(あまよ)
# 清和源氏の出。善積家斉の子の基正が雨夜氏を称した。【出典
# 石川県の雨夜家: 加賀藩士。【出典
# 石川県の雨夜家: 大聖寺藩士。【出典

■ 荒木(あらき): 石川県の荒木家
# 石川県内では、金沢市以南に多く見られる。【出典

■ 新家(あらや)

■ 有松(ありまつ)
# 金沢市の名字で、金沢市有松をルーツとする。藤原北家利仁流の富樫氏の一族という。江戸時代の加賀藩士にも有松家があった。【出典

■ 粟倉(あわくら)
# 石川県輪島市の名字で、能登国鳳至郡粟蔵村(輪島市)をルーツとする。戦国時代末期には前田氏に仕えたが、江戸時代には帰農して十村役を務めた。【出典

■ 塩梅(あんばい)
# 能登半島の名字で、特に珠洲市に多く見られる。また、愛媛県の松山市とその隣の松前町にも見られる。【出典

■ 安用寺(あんようじ)
# 石川県の安用寺家: 珠洲市の旧家。代々元兵衛を名乗った。【出典

■ 楡遏覆いわ)

■ 家元(いえもと)
# 加賀南部に見られる。石川県加賀市熊坂町には旧家の家元家がある。【出典

■ 伊久留(いくる)
# 能登国鳳至郡伊久留(石川県穴水町)をルーツとする。長氏の一族で、代々長氏に仕えた。現在は七尾市に見られる。【出典

■ 王生(いくるみ): 石川県の王生家

■ 池島(いけしま)
# 石川県の池島家: 能登国鹿島郡三階村(石川県七尾市)の旧家。江戸時代には十村役を務めた。【出典
# 現在は、金沢市と中能登町に多く見られる。【出典

■ 井斎(いさい)
# 加賀市塩屋町にみられる。江戸時代には塩屋村の肝煎役を務めた。【出典

■ 石浦(いしうら): 石川県の石浦家
# 石川県から富山県にかけて多く見られる。加賀国石川郡石浦荘(石川県金沢市)をルーツとし、藤原北家利仁流の斎藤氏の支流。石浦荘の開発領主。【出典

■ 石倉(いしくら)
# 富山県、島根県、三重県などに多く見られる。石川県内にはさほど多くなく、七尾市や金沢市に見られる。【出典

■ 井田(いだ): 石川県の井田家

■ 板津(いたづ)
# 加賀国能美郡板津荘(石川県小松市付近)をルーツとする。藤原北家利仁流林氏の支流。板津荘の開発領主。加賀藩士に板津家があり、子孫か?富山藩士にも板津家があり、加賀国の出と言う。【出典

■ 一楽(いちらく)
# 石川県小松市高堂町の宗円寺の住職が一楽家。小松市と旧根上町の境を流れる一楽川に由来する。【出典

■ 一花(いっか)
# 石川県七尾市の旧鶴浜特有の名字で、同町では3番目に多い。石川県外では滋賀県にも見られる。【出典

■ 一色(いっしき): 石川県の一色家
# 三河国幡豆郡吉良荘一色(愛知県幡豆郡一色町)をルーツとし、清和源氏足利氏の一族。足利泰氏の七男の公深が一色に住んで一色氏を称した。【出典
# 現在も金沢市と加賀市にみられる。【出典

■ 一筆(いっぴつ)
# 石川県小松市にみられる。代々、加賀国能美郡打木村(石川県小松市)に住んで、先祖が近江国に米つきの出稼ぎに行って、主人から貰ったものと伝える。【出典

■ 伊藤(いとう): 石川県の伊藤家

■ 伊東(いとう): 石川県の伊東家
# 藤原南家で、維職(これもと)が伊豆押領使となって伊豆国田方郡伊東(静岡県伊東市)に住んで、伊東氏を称した。【出典

■ 翫(いとう): 石川県の翫家

■ 稲垣(いながき): 石川県の稲垣家

■ 犬丸(いぬまる)
# 加賀国能美郡犬丸村(石川県小松市)をルーツとする。帝国ホテル社長を務めた犬丸徹三は能美市の旧根上町の生まれ。【出典

■ 井家(いのいえ)
# 加賀国加賀郡井家荘(金沢市)をルーツとする。同地の在地領主で、源平盛衰記に井家二郎範方の名が見える。現在は小松市矢田野町に多く見られる。【出典

■ 猪山(いのやま)
# 石川県の猪山家: 加賀藩士。もとは、加賀藩士の菊池家に仕えた陪臣だったが、1731年に御算用者として直臣になった。以後、代々算用者を務めた。【出典

■ 今江(いまえ)
# 加賀国能美郡今江(石川県小松市)をルーツとする。現在も小松市や羽咋市に多く見られる。【出典

■ 今枝(いまえだ): 石川県の今枝家

■ 弥郡(いやごおり)

■ 入江(いりえ)
# 地名姓で、各地にルーツがある。石川県内の入江の名字は、加賀国石川郡入江村(金沢市)をルーツとする。現在、石川県内には少ないが金沢市にまとまってみられる。【出典

■ 岩井(いわい): 石川県の岩井家
# 石川県内に広く見られる。【出典

■ 岩佐(いわさ): 石川県の岩佐家

■ 岩原(いわはら)
# 石川県の岩原家: 大聖寺藩士。【出典
# 現在は、金沢市、小松市、羽咋市などに見られる。【出典

■ 上島(うえしま): 石川県の上島家
# 石川県内では、口能登に多く見られる。【出典

■ 魚住(うおずみ): 石川県の魚住家
# 石川県内では、金沢市周辺や小松市などに見られる。【出典

■ 浮田(うきた)
# 山陽地方を中心に全国に広がる。備前の戦国大名だった宇喜多氏と関係のある一族が称したという。【出典
# 石川県内では、小松市に旧家の浮田家があり、宇喜多秀家と前田利家の娘の豪姫の間に生まれた妙姫の嫁ぎ先と伝わる。【出典

■ 氏家(うじいえ)
# 下野国芳賀郡氏家郷(栃木県さくら市)をルーツとし、宇都宮氏の一族か。宇都宮頼綱の四男の公頼が氏家城を築いて、氏家郷を支配し、氏家氏を称した。【出典
# 下野国の氏家氏の一族に、美濃牧田城(岐阜県大垣市上石津)の城主の氏家氏があり、戦国時代の氏家卜全が有名。【出典
# 加賀藩士の氏家家は卜全の子孫という。【出典

■ 内波(うちなみ)
# 鎌倉時代、能登国珠洲郡黒丸村(石川県珠洲市)に若山荘の荘官とみられる内並氏がいた。江戸時代には、その末裔とみられる旧家の内波家があった。【出典

■ 宇都宮(うつのみや): 石川県の宇都宮家

■ 裏谷(うらたに)
# 石川県内では、加賀市に多く見られる。分校(ぶんぎょう)村(石川県加賀市)に旧家の裏谷家があった。【出典

■ 瓜生(うりゅう): 石川県の瓜生家

■ 宇留地(うるち)
# 能登国鳳至郡宇留地(石川県穴水町)をルーツとし、長谷部信連の四男の四郎を祖とする。【出典

■ 上木(うわき)
# 加賀国江沼郡上木(石川県加賀市)をルーツとする。南北朝時代の南朝方に上木氏がいた。江戸時代には加賀藩士。【出典

■ 上野(うわの): 石川県の上野家

■ 江尻(えじり) : 石川県の江尻家

■ 江沼(えぬ): 石川県の江沼家: 加賀国江沼郡(石川県加賀市)をルーツとする古代豪族武内宿禰の子孫で、葛城氏蘇我氏の同族。奈良時代まで江沼郡の郡司をつとめた。【出典

■ 江沼(えぬま)
# 加賀国江沼郡(石川県)の古代豪族に江沼氏がいた。日本書紀の欽明天皇の条に江沼氏の名が見え、新撰姓氏録では建(たけ・武)内宿禰の末裔とある。姓は臣。【出典
# また加賀国能美郡能美荘の地頭の板津氏の庶流にも江沼氏がいた。【出典

■ 虧棔覆┐里瓠△茲里瓠
# 虧棔覆┐里瓠法А’重亶饉島郡虧楝次弊仞邯七尾市能登島)をルーツとする。室町時代に虧椹瓩いたとある。現在は「よのめ」とも読む。【出典

■ 円満寺(えんまんじ)

■ 延命(えんめい)

■ 小石(おいし)
# 「小石」は通常、「こいし」と読むが、能登国鳳至郡小石村(石川県輪島市)発祥の小石氏は「おいし」と読んだ。のちに、前田氏に仕えて、金沢に転じた。【出典

■ 雄谷(おうや): 石川県の雄谷(おうや)家: 能登国羽咋郡福野村(石川県志賀町福野)の豪農。江戸時代初期には、十村役を務め、代々助太夫を称した。寛永年間以降は福野潟の開発に尽力し、中期以降は肝煎程度しか務めなかったが、千石百姓と呼ばれる豪農になった。【出典

■ 大内(おおうち)
# 各地の地名をルーツとする名字で、全国に広く見られるが、石川県内には少ない。【出典
# 加賀の大内氏は江沼郡大内村(石川県加賀市中山温泉)をルーツとする。【出典

■ 大形(おおかた)
# 石川県の大形家: 能登国鳳至郡十郎原村(石川県能登町)の旧家。同地の草分けで平家の落人の末裔という。【出典
# 石川県の大形家: 能登国珠洲郡白丸村(石川県能登町)の旧家。代々、四郎右衛門を称した。【出典

■ 大喜(おおき)
# 石川県の大喜家: 小松市で、北前船主を務めた。毎日、沖を睨んでいたことから、「沖屋」を屋号とし、のちに「大喜」を名字とした。【出典

■ 大口(おおくち)
# 石川県の大口家: 能登国珠洲郡北方村(石川県珠洲市)の旧家。江戸時代には代々源右衛門を名乗り、肝煎などを務めた。現在も、珠洲市や加賀市などに見られる。【出典

■ 大桑(おおくわ)
# 加賀の大桑氏は石川郡大桑荘(石川県金沢市)をルーツとする。藤原北家の加賀斎藤氏の一族。大桑荘の開発領主で、林光家の子の利光が大桑三郎を称した。南北朝時代には上林(かんばやし)郷(石川県石川郡野々市町・現野々市市)の地頭になった。現在も金沢市周辺に多く見られる。【出典

■ 大幸(おおさか、だいこう)
# もとは、越中国発祥の逢坂氏で、逢坂重兵衛が初代大聖寺藩主の前田利治に仕えて170石を領し、1706年に名字を大幸と改称した。なお、一族の実業家の大幸喜三九は名字の読み方を「だいこう」に変えた。【出典

■ 太田(おおた): 石川県の太田家

■ 鴻(おおとり、びしゃご)
# 「鴻」の名字は、愛知県などに見られ、通常は「おおとり」と読むが、石川県輪島市の「鴻」は「びしゃご」と読む。【出典

■ 大場(おおば)
# 加賀の大場氏は河北郡大場(石川県金沢市)をルーツとする。戦国時代に大場氏の名が見える。江戸時代には加賀藩士に大場家があった。現在も金沢市にまとまってみられ、また七尾市にも見られる。【出典

■ 大橋(おおはし): 石川県の大橋家

■ 大畑(おおはた)
# 石川県内に広く見られるが、とくに奥能登に多く見られる。【出典
# 石川県の大畑家: 輪島市の旧佐野村の旧家に大畑家があり、同地の草分けである。【出典

■ 大樋(おおひ): 石川県の大樋家

■ 大町(おおまち): 石川県の大町家

■ 雄谷(おおや)
# 石川県の雄谷家: 石川県志賀町福野の豪農に雄谷家があった。江戸時代初期には十村役を務め、福野潟の開拓にも尽力した。【出典

■ 岡部(おかべ): 石川県の岡部家

■ 奥野(おくの): 石川県の奥野家

■ 奥原(おくはら)

■ 奥村(おくむら): 石川県の奥村家

■ 小栗(おぐり)
# 大聖寺藩士の小栗家の祖の権三郎は、美濃国細久手の本陣の次男だった。初代藩主の前田利治が同家に宿泊した際に、給仕にでた権三郎を気に入って召し抱え、側近となった。権三郎は利治に殉死したため、弟が継いで二代目権三郎となり、以後代々続いた。海軍大将の小栗孝三郎は末裔。【出典

■ 押野(おしの): 石川県の押野家
# 石川県内では、金沢市と小松市にまとまってみられる。加賀国石川郡押野(石川県野々市市押野)をルーツとし、富樫氏の支流か。【出典
# 石川県の押野家: 江戸時代に、加賀藩士に押野家があった。【出典

■ 乙丸(おとまる)
# 金沢市と珠洲市にまとまってみられる。能登国珠洲郡広栗村(石川県珠洲市)の旧家に乙丸家がある。また、加賀藩士にも乙丸家があった。【出典

■ 乙谷(おとや)
# 石川県特有の名字。能登国珠洲郡飯塚村(石川県珠洲市)の旧家の乙谷家がある。代々、太兵衛を称した。現在も珠洲市や能登町に見られる。【出典

■ 鬼平(おにひら)
# 輪島市に見られる。「鬼定(おにさだ)」「鬼政(おにまさ)」とともに鍛治師の末裔であるという。【出典

■ 表屋(おもてや)
# 旧七塚町(石川県かほく市)に旧家の表屋家があった。江戸時代には肝煎を務めた。【出典

■ 改田(かいだ)
# 改田半右衛門は関ヶ原の合戦の際に前田利長に仕えて4000石を領した。江戸時代には加賀藩士となった。現在も金沢市に見られる。【出典

■ 買手(かいて)
# 職業姓の一種か。石川県白山市の旧美川町に多く見られ、県外では北海道や近畿地方にまとまってみられる。北前船に関連する名字と考えられる。【出典

■ 買手屋(かいてや)
# 石川県特有の名字。【出典

■ 街道(かいどう)
# 石川県小松市北浅井町に見られる。交通の要所であったことから発祥した名字と思われる。【出典

■ 笠原(かさはら): 石川県の笠原家
# 石川県内に広く見られる。【出典

■ 樫田(かしだ): 石川県の樫田家
# 石川県の樫田家: 大聖寺藩医。【出典
# 石川県の樫田家: 加賀藩士。【出典

■ 鹿島(かしま)
# 地名姓で各地に見られる。【出典
# 加賀の鹿島氏は石川郡鹿島(石川県白山市)をルーツとする。【出典

■ 梶谷(かじや): 石川県の梶谷家

■ 片岡(かたおか): 石川県の片岡家
# 現在は、石川県内に広く分布する。【出典

■ 方上(かたがみ)
# 能登国珠洲郡方上保(石川県珠洲市)をルーツとする。藤原北家利仁流進藤氏の支流。【出典

■ 潟上(かたがみ): 石川県の潟上家
# 石川県の潟上家: 加賀藩士。方上氏の末裔か。現在も金沢市に見られる。【出典

■ 酢漿(かたばみ)
# 石川県の名字。金沢市などにみられる。「かたばみ」とは、カタバミ科の野草で、「片喰紋」とも書かれる。家紋としても使用される。【出典

■ 勝木(かつき): 石川県の勝木家
# 石川県の勝木家: 加賀国能美郡小松(石川県小松市)の旧家。関ヶ原の合戦で浪人した青木一矩の家臣の勝木惣七郎の二男の平太夫の末裔という。万治年間に小松に転じて、額見屋という漢方の薬商となった。代々、町年寄をつとめ、1859年に苗字帯刀を許された。明治維新後には医家となった。【出典
・ 石川県小松市の旧家。関ヶ原の合戦で浪人した青木一矩の家臣の勝木惣七郎の次男の平太夫の末裔という。万治年間に小松に移って、額見屋という漢方薬商となった。代々、次郎右衛門を称して町年寄もつとめ、1859年には苗字帯刀を許された。明治維新後には医家になった。【出典

■ 勝田(かつた)
# 能登の勝田氏は鳳至郡櫛比荘勝田村(石川県鳳珠郡門前町)をルーツとする。駿河国の出で、吉見氏に従って能登に転じた。【出典
# 現在は、金沢市と羽咋市に多く見られる。【出典

■ 角海(かどみ)
# 石川県に点在する。輪島市門前町には廻船問屋だった角海家がある。【出典

■ 角谷(かどや)
# 橋立(石川県加賀市)の北前船主の角屋家は、1783年に二代目与市郎が大聖寺藩に取り立てられて150石の賜って「角谷」と改称した。【出典
# また、能登国珠洲郡黒丸村(石川県珠洲市)にも旧家の角谷家があり、江戸時代には代々肝煎をつとめた。【出典

■ 角屋(かどや)
# 橋立(石川県加賀市)の北前船主の角屋家は、初代の与市郎は十村役も務めた。のちに大聖寺藩に取り立てられ、角谷家と改称した。一族は橋立で北前船主を続けた。【出典】
# 加賀国石川郡松任町(石川県白山市)で町年寄を務めた角屋家もあった。【出典

■ 金岩(かないわ): 石川県の金岩家
# 石川県の金岩家: 加賀藩士。尾張国荒子(名古屋市)時代から前田家に仕えていたという譜代の家臣。【出典

■ 兼森(かねもり): 石川県の兼森家
# 広島県と山口県にまとまってみられ、それ以外の県では珍しい。【出典
# 石川県の兼森家: 能登国珠洲郡大坊村(石川県珠洲市)の旧家で、江戸時代には肝煎を務めた。【出典

■ 鹿野(かの): 石川県の鹿野家

■ 狩野(かのう): 石川県の狩野家
# 伊豆国田方郡狩野荘(静岡県伊豆市)をルーツとし、藤原南家。藤原維景(これかげ)が狩野荘に住んで狩野氏を称した。加賀の狩野氏も同族で、承久の乱後、福田荘(石川県加賀市大聖寺)の地頭となって入部し、土着した。南北朝時代には加賀の有力国人に成長し、室町時代には幕府の奉行人を務めた。【出典
# 石川県の狩野家: 加賀藩士。【出典

■ 株田(かぶた)
# 石川県加賀市や金沢市に見られる。【出典
# 加賀藩では、小作権のことを株田といったことに由来する。【出典

■ 鏑木(かぶらぎ): 石川県の鏑木家

■ 上梶(かみかじ): 石川県の上梶家
# 石川県の上梶家: 輪島市里町の旧家で、江戸時代に十村役をつとめた。【出典

■ 神谷(かみや): 石川県の神谷家
# 愛知県にまとまってみられる。石川県内では、金沢市や小松市などに見られる。【出典

■ 上谷内(かみやち)
# 能登半島に多い、「やち」の名字の一つ。七尾市や能登町などに見られる。【出典

■ 亀井(かめい): 石川県の亀井家
# 現在は、旧鳥屋町(石川県中能登町)に多く見られる。【出典

■ 川北(かわきた): 石川県の川北家
# 石川県内では、加賀地方の名字。【出典
# 石川県の川北家: 金沢市の旧家。祖の長助は尾張の生まれで、織田信長に仕えた。1652年に七代目亦兵衛のときに金沢で木綿屋を創業した。明治維新後には医家に転じた。【出典

■ 川尻(かわじり)
# 能登国珠洲郡川尻(石川県珠洲市)をルーツとし、長氏の一族。金沢市や穴水町に多く見られる。【出典

■ 河内(かわち): 石川県の河内家
# 石川県の河内家: 能登国鳳至郡道下(とうげ)村(石川県輪島市門前町)の旧家。河内国の出といい、江戸時代には酒造業を営み、十村役を務めた。【出典
# 「河内」は「かわうち」「かわち」「こうち」読みがいずれも多いが、石川県内では「かわち」読みが最多。【出典

■ 元女(がんにょ)

■ 観音(かんのん)
# 能登地方に多く見られる。七尾市の旧田鶴浜町白浜が本家といい、ここにある観音山に由来するか。【出典

■ 木越(きごし): 石川県の木越家
# 石川県の木越家: 金沢城下の鋳物師。加賀国河北郡木越村(石川県金沢市)の出で、木越屋を称し、代々三右衛門を称した。安政年間に、藩の釜師となって、木越を名字とした。【出典
# 石川県の木越家: 輪島市門前町剱地の光琳寺の住職が木越家。【出典
# 石川県の木越家: 加賀藩士。【出典

■ 岸田(きしだ): 石川県の岸田家
# 石川県内では、金沢市や珠洲市に見られる。【出典
# 北海道江差の豪商の岸田家は能登国正院村(石川県珠洲市)の出身。江戸時代中期に初代の三右衛門が江差に渡って成功し、以後代々三右衛門を称した。【出典

■ 北市(きたいち)
# 石川県特有の名字で、加賀国能美郡山上郷北市(石川県能美市)をルーツとする。現在は、県の南部に多く見られる。「北市屋」という名字もある。【出典

■ 北ヶ市(きたがいち)
# 石川県加賀市にあった名字。加賀市庄町の小字地名をルーツとする。【出典

■ 木谷(きたに): 石川県の木谷家
# 石川県の木谷家: 加賀国石川郡粟崎村(金沢市)で木屋と号した豪商。元は近江国の出で、九条家庶流と伝え、京極氏や朝倉氏に仕えた後、江戸時代初期に粟崎に来住して海運業を始めた。加賀米の回漕などを行う傍ら木材商を営んだことから「木屋」を号した。代々藤右衛門を称して加賀藩の御用商人となり、天明年間には苗字帯刀を許された。また80石の扶持を受けていた。【出典

■ 北村(きたむら): 石川県の北村家
# 方位姓で各地に見られるが、石川県内では加賀地方南部に多く見られる。【出典

■ 木戸脇(きどわき)
# 石川県珠洲市に多く見られる。宝立山黒峰城の木戸脇にあったことから木戸脇氏を称した。【出典

■ 木村(きむら): 石川県の木村家

■ 木谷(きや)
# 石川県内の「木谷」の名字のうち、約21%は「きや」読みで、加賀市や羽咋市に多く見られる。【出典

■ 久徳(きゅうとく): 石川県の久徳家
# 石川県の久徳家: 加賀藩士。美濃国久徳(岐阜県)をルーツとするという。【出典

■ 草鹿(くさか): 石川県の草鹿家
# 石川県の草鹿家: 代々大聖寺藩の藩医をつとめた。海軍中将の草鹿任一はこの子孫。【出典

■ 櫛比(くしひ)
# 能登国鳳至郡櫛比荘(石川県輪島市門前町)をルーツとする。藤原北家冬嗣の子孫で、櫛比荘の荘官をつとめた。現在も、輪島市門前町や金沢市に見られる。【出典

■ 国田(くにた): 石川県の国田家
# 石川県内に広く見られ、比較的能登に多く見られる。【出典

■ 熊木(くまき): 石川県の熊木家
# 石川県の熊木家: 能登国の国人で、羽咋郡熊木(石川県七尾市中島町)をルーツとする。藤原氏の出と言うが不詳。熊木城に拠って、戦国時代には能登の畠山氏の被官となり、守護の畠山義綱の家臣に熊木兼続がいた。【出典
# 現在は、金沢市や加賀市に見られる。【出典

■ 熊坂(くまさか)
# 加賀の熊坂氏は江沼郡熊坂(石川県加賀市)をルーツとする。大江姓とも藤原北家利仁流ともいう。現在も白山市や加賀市に見られる。【出典

■ 熊田(くまだ): 石川県の熊田家

■ 熊走(くまばしり)
# 加賀国石川郡熊走(石川県金沢市)をルーツとする。江戸時代には加賀藩士に熊走家があった。【出典

■ 蔵野(くらの): 石川県の蔵野家
# 石川県の蔵野家: 能登国珠洲郡南方村(石川県珠洲市)の旧家。代々、平助を名乗り、江戸時代には肝煎を務めた。【出典
# 現在も金沢市や奥能登に見られる。【出典

■ 倉部(くらべ)
# 加賀国石川郡倉部(石川県白山市)をルーツとする。室町時代には奉公衆として足利氏に仕えた。現在は、金沢市や羽咋市などに見られる。【出典

■ 倉光(くらみつ)
# 加賀国石川郡倉光(石川県白山市倉光町)をルーツとする。藤原北家利仁流で、加賀斎藤氏の一族の林氏の庶流。林成家の次男の成澄が倉光氏を称し、木曽義仲に従って倶利伽羅峠で平家方の妹尾兼康を捕まえたが、1183年の水島の戦いで妹尾一族に殺された。南北朝時代には北朝に属し、室町時代には幕府の奉公衆を務めた。【出典

■ 黒杉(くろすぎ)
# 石川県に多く見られる。とくに、能登半島に多い。輪島市の地名をルーツとするか?【出典

■ 黒瀬(くろせ): 石川県の黒瀬家
# 加賀の黒瀬氏は江沼郡黒瀬(石川県加賀市)をルーツとする。【出典
# 石川県の黒瀬家: 加賀藩士。【出典
# 現在も加賀市や金沢市などにみられる。【出典

■ 黒丸(くろまる)
# 能登国珠洲郡直郷黒丸(石川県珠洲市若山町)をルーツとする。室町時代に、当地に土着し、江戸時代には十村役や肝煎を務めた。【出典

■ 慶林坊(けいりんぼう)
# 石川県小松市に見られる。小松市苗代地区を開拓した「慶林坊」という人物に由来する。【出典

■ 夏至(げし)
# 石川県の白山の麓にみられる名字。江戸から当地に転じた先祖が、夏を待ち望んで夏至を名字とした。【出典

■ 剣崎(けんざき)
# 加賀国石川郡剣崎(石川県白山市)をルーツとする。現在は金沢市に見られる。【出典

■ 小池(こいけ): 石川県の小池家

■ 河野(こうの)
# 「河野」は、「こうの」「かわの」の二つの読みがある。全国的にはほぼ半々で、石川県内でも半々だが、「こうの」読みがわずかに多い。「こうの」は金沢市と加賀市に、「かわの」は金沢市と志賀町にまとまってみられる。【出典

■ 香林坊(こうりんぼう): 石川県の香林坊(こうりんぼう)家
# 石川県の香林坊(こうりんぼう)家: 金沢城下(石川県金沢市)の町年寄家。祖の向田兵衛は越前の浅倉家に仕えていたが、浅倉家が没落後に加賀国石川郡倉谷村に移り、さらに1580年に金沢に出て薬種業を営んだ。ここに、比叡山の役僧だった香林坊が還俗して婿入りし、以後は香林坊を称した。【出典
# 石川県の香林坊家: 加賀国金沢(石川県金沢市)で町年寄を務めた。祖の向田兵衛は越前朝倉家に仕えていたが、朝倉家の没落後加賀国石川郡倉谷村に転じ、さらに1580年に金沢に出て薬種商となった。ここに、比叡山の役僧だった香林坊が還俗して入り婿となり、以後は香林坊氏を称した。目薬をもって前田家に出入りし、二代目喜兵衛のときに町年寄となった。【出典

■ 御供田(ごくでん)
# 金沢市にみられる。金沢市内の地名をルーツとし、鹿児島県にもみられる。【出典

■ 小杉(こすぎ)
# 加賀の小杉氏は能美郡小杉村(石川県能美市)をルーツとする。室町時代の守護代に小杉氏がいた。また、加賀藩士にも小杉家があった。【出典

■ 古曽部(こそべ)
# 石川県の小松市や金沢市に見られる。小松市の多太神社の神官に古曽部家があった。【出典

■ 小出仙(こでせん)
# 石川県の山中温泉の名字。【出典

■ 小林(こばやし): 石川県の小林家

■ 小堀(こぼり): 石川県の小堀家
# 金沢市周辺や旧富来町(石川県志賀町)に多く見られる。【出典

■ 小間(こま)
# 伊豆国小間(静岡県)をルーツとする。清和源氏の出。祐国のときに、越前敦賀に転じ、のちに子孫が能登国鳳至郡櫛比荘和田村(石川県輪島市門前町)に転じた。【出典

■ 駒井(こまい): 石川県の駒井家
# 近江国栗太郡駒井郷(滋賀県草津市)をルーツとし、宇多源氏の六角氏の支流。【出典
# 現在は金沢市や羽咋市に多く見られる。【出典

■ 米谷(こめたに): 石川県の米谷(こめたに)家

■ 是清(これきよ)
# 能登国鳳至郡阿岸郷是清村(石川県輪島市門前町)をルーツとする。長氏の支流で、長氏に仕えた。【出典

■ 紺谷(こんたに)
# 石川県に多く見られる。約78%は「こんたに」読み、約22%は「こんや」読み。【出典

■ 才(さい): 石川県の才家
# 石川県の才家: 大聖寺藩の初期の藩士。甲斐国の出で、もとは上杉景勝に仕えた。【出典

■ 酒井(さかい): 石川県の酒井家
# 加賀の酒井氏は、鹿島郡酒井保(石川県羽咋市酒井町)をルーツとする。得田氏の一族。酒井保を開発し、鎌倉時代には御家人。羽咋郡櫛比村の旧家の酒井家はこの一族という。【出典

■ 鮭延(さけのぶ): 石川県の鮭延家

■ 篠島(ささじま): 石川県の篠島家
# 石川県の篠島家: 加賀藩士。越前国の出で、戦国時代には朝倉氏に従い、のちに前田利家に仕えた。清了(きよのり)は前田利長に仕えて3000石を領した。江戸時代には加賀藩士。【出典
# 石川県の篠島家: 加賀藩士。上級藩士の人持組で越前国の出。初代から五代までは越中石動に住み、六代の定清のときに金沢に転じた。【出典

■ 笹塚(ささづか)
# 加賀国石川郡南笹塚村(石川県金沢市)をルーツとし、現在は金沢市に見られる。【出典

■ 座主(ざす): 石川県の座主家
# 石川県の座主家: 七尾市藤瀬の旧家。もとは藤津比古神社の妙光寺の座主坊で、江戸時代には肝煎を務めた。【出典

■ 指江(さすえ)
# 石川県の名字で、かほく市に地名がある。金沢市に多く見られる。【出典

■ 佐双(さそう): 石川県の佐双家

■ 貞原(さだはら): 石川県の貞原家
# 石川県の貞原家: 能登国鳳至郡当目村(石川県能登町)の旧家。中世以来の同地の土豪という。【出典

■ 真頼(さねより): 石川県の真頼家
# 石川県の真頼家: 珠洲市の旧家。江戸時代には十村役を務めた。【出典

■ 佐分(さぶり): 石川県の佐分家

■ 猿目(さるめ)
# 石川県七尾市や珠洲市に見られる。珠洲市の三崎須々神社の神官に猿女家があった。【出典

■ 三階(さんかい)
# 石川県七尾市に「みかい」という地名があり、同地の土豪に三階氏があった。江戸時代には加賀藩士に三階(さんかい)家があり、子孫か。【出典

■ 山野(さんの)

■ 三盃(さんばい)
# 石川県珠洲市に見られる。「一杯一杯又一杯」という書が伝わることに由来する。【出典

■ 詩丘(しおか)
# 石川県金沢市に見られる。もとは謡曲を指導した家で、「詩丘(しきゅう)」と号していたことに由来する。【出典

■ 敷地(しきじ)

■ 獅子吼(ししく)
# 石川県小松市見られる。獅子吼とは仏の説法する声のことで僧侶の名字。なお、白山市と金沢市にまたがって獅子吼高原という地名もあり、これに由来するか。【出典

■ 四十万(しじま)
# 石川県金沢市の地名をルーツとする。金沢市や富山県魚津市付近に多く見られる。また、群馬県にも見られ、ここでは「しずま」読みが多い。【出典

■ 四十万谷(しじまや)
# 石川県の名字で、金沢市や加賀市に多く見られる。四十万と同祖。【出典

■ 品川(しながわ): 石川県の品川家
# 地名姓で各地に見られる。石川県内には少ない。【出典

■ 忍久保(しのくぼ): 石川県の忍久保家
# 石川県の忍久保家: 珠洲市の旧家。もとは「四坪」だったという。【出典

■ 篠原(しのはら): 石川県の篠原家
# 関東地方以西に広く見られる。石川県内では、加賀地方に多く見られる。【出典

■ 斯波(しば)
# 石川県内では、輪島市門前町にわずかに見られる。【出典

■ 柴山(しばやま)

■ 芝山(しばやま): 石川県の芝山家
# 石川県内では、七尾市などに見られる。【出典

■ 島村(しまむら): 石川県の島村家

■ 下禰(しもね): 石川県の下禰家
# 石川県の下禰家: 能登国珠洲郡洲巻村(石川県珠洲市)の旧家。同地の草分けの一軒で、代々仁左衛門を称した。江戸時代には肝煎を務めた。【出典

■ 下谷内(しもやち)
# 能登半島に多い、「やち」系の名字の一つ。旧能都町(石川県能登町)にまとまってみられる。【出典

■ 杓子(しゃくし)
# 石川県小松市に見られる。家の前にあった「杓子みぞ」に由来する。【出典

■ 麝香(じゃこう)
# 石川県かほく市の旧七塚町外日角にある名字。同地の地名に由来するという。【出典

■ 従二(じゅうに)
# 石川県の能登半島の名字で、珠洲市に多く見られる。富山県から新潟県にかけて分布している「十二」姓と同祖か。【出典

■ 定者(じょうしゃ)
# 石川県特有の名字で、加賀地方にまとまってみられる。白山市の旧鳥越村には旧家の定者家がある。【出典

■ 生水(しょうず)
# 石川県加賀市にまとまってみられる。水不足で困っていたところ、空海が地面をたたくと水があふれ出てきたことから、「生水」という名字にしたという。【出典

■ 白江(しらえ)
# 加賀国能美郡白江(石川県小松市)をルーツとする。藤原北家利仁流で、加賀斎藤氏の一族。戦国時代にも同地に白江氏がいた。江戸時代には加賀藩士に白江氏があった。【出典

■ 随念(ずいねん)
# 石川県珠洲市上戸町の名字で、同地の地名に由来する。【出典

■ 菅安(すがやす)
# 能登国珠洲郡清水村(石川県珠洲市)の旧家に菅安家がある。同地の草分けの一つ。【出典

■ 杉原(すぎはら)
# 石川県白山市の旧白峰村桑島に旧家の杉原家がある。幕府領の島村で代々組頭・長百姓をつとめた。【出典

■ 須曽(すそ)
# 石川県にまとまってみられる。七尾市に地名が有り、現在も七尾市に多く見られる。【出典

■ 洲巻(すまき)
# 石川県珠洲市の名字で、全国的にも珍しい。珠洲市内の地名をルーツとする。【出典

■ 瀬嵐(せあらし)
# 石川県特有の名字。七尾市の旧中島町に地名があり、ルーツか。現在は金沢市に多く見られる。【出典

■ 成徳(せいとく): 石川県の成徳家
# 石川県の成徳家: 珠洲市若山町の旧家。【出典

■ 尺采(せきさい)
# 石川県小松市に見られる。孔子などに野菜を供えることを「釈采(せきさい)」といい、これに由来する。【出典

■ 瀬森(せもり): 石川県の瀬森家
# 金沢市や旧中島町(七尾市)に見られる。【出典
# 石川県の瀬森家: 能登国鹿島郡瀬嵐村(石川県七尾市中島町)の旧家。同地の草分けの一つで、江戸時代初期には十村役を務めた。【出典

■ 世良田(せらた): 石川県の世良田家

■ 善財(ぜんざい): 石川県の善財家

■ 千秋(せんしゅう)
# 室町時代の加賀国江沼郡熊坂荘(石川県加賀市)の地頭。子孫は加賀藩士。【出典

■ 千田(せんだ)

■ 宗玄(そうげん)
# 石川県の名字。七尾畠山氏の一族といい、江戸時代には宗玄村(石川県珠洲市)の十村役をつとめた。なお、「宗玄」とは、初代の法名が転じたもので、宗玄村の地名も法名に由来する。【出典

■ 曽々木(そそぎ)
# 石川県にあった名字。輪島市に地名があり関係するか?【出典

■ 素都(そつ)
# 石川県特有の名字で、金沢市などに見られる。志賀町の瀬戸比古神社の神官が素都家。【出典

■ 空熊(そらくま)
# 石川県特有の名字。輪島市に地名があり、同市に空熊の名字も見られる。【出典

■ 大慶(たいけい、おおけい)
# 石川県の名字で、小松市では「たいけい」読み。旧美川町(白山市)では、「おおけい」と読む。ともに、漁港で船大工を兼ねた桶屋であるという。【出典

■ 平(たいら): 石川県の平家
# 能登の守護の畠山氏の家臣に平式部太夫がおり、江戸時代天領だった羽咋郡町村(石川県志賀町)の大庄屋の平家はその末裔という。【出典

■ 鷹合(たかごう)
# 石川県七尾市にまとまってみられる。古代、先祖が仁徳天皇に鷹を献上したことで賜ったという古い由来を持つ。戦国時代には七尾城主の畠山氏に従い、同氏から与えられた「糸巻に渡辺星」という珍しい家紋を使用している。【出典

■ 高沢(たかさわ): 石川県の高沢家
# 北陸地方を中心に、関東地方や東海地方に広がって見られる。石川県内では、羽咋市や七尾市に多く見られる。【出典
# 石川県の高沢家: 能登国鹿島郡瀬嵐村(七尾市中島町)の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典
# 石川県の高沢家: 加賀藩士。【出典

■ 高辻(たかつじ): 石川県の高辻家
# 加賀国江沼郡富墓(とみつか)荘(石川県加賀市)の高辻氏も菅原氏の子孫という。現在も、加賀市から小松市にかけて高辻の名字が多い。【出典

■ 多川(たがわ): 石川県の多川家
# 石川県の多川家: 白山市四ツ屋町の旧家で、代々肝煎を務めた。【出典

■ 滝波(たきなみ): 石川県の滝波家

■ 武(たけ): 石川県の武家

■ 竹田(たけだ): 石川県の竹田家

■ 竹端(たけはな): 石川県の竹端家
# 石川県の竹端家: 能登国珠洲郡北方村(石川県珠洲市)の旧家。代々、助右衛門を称し、江戸時代には肝煎を務めた。【出典

■ 武部(たけべ): 石川県の武部家

■ 田尻(たじり)
# 加賀国江沼郡田尻村(石川県加賀市)をルーツとし、室町時代の長氏の家臣に田尻氏がいた。【出典
# 現在は能登に多く見られる。【出典

■ 糺(ただす)
# 石川県かほく市の旧宇ノ気町に地名があり、同地に糺(ただす)の名字が見られる。【出典

■ 多々良(たたら)
# 金沢城下の旧家に多々良家がある。本吉屋を号し、町年寄などを務めた。1828年には苗字を許された。【出典

■ 田近(たぢか): 石川県の田近家

■ 棚木(たなぎ)
# 能登の棚木氏は鳳至郡棚木(石川県能登町)をルーツとする。畠山氏の支流で、棚木城に拠った。現在も能登町などに見られる。【出典

■ 谷内(たにうち)
# 石川県内の「谷内」の名字の9割以上は「やち」読み。1割弱は「たにうち」読み。金沢市のほか、津幡町や旧鶴来町(白山市)に多く見られる。【出典

■ 田丸(たまる): 石川県の田丸家

■ 田屋(たや): 石川県の田屋家
# 現在は、金沢市や中島町に見られる。【出典

■ 近岡(ちかおか)
# 藤原北家利仁流の斎藤氏の一族。加賀国石川郡近岡(石川県金沢市)をルーツとする。林光明の子の利明が近岡氏を称した。【出典
# 江戸時代には加賀藩士に近岡氏がある。【出典
# 現在は金沢市と宝達志水町に多く見られる。【出典

■ 長(ちょう): 石川県の長家

■ 槻橋(つきはし)
# 加賀国石川郡槻橋村(石川県白山市)をルーツとする。室町時代の文明年間の富樫氏の被官に槻橋豊前守がいた。【出典
# 現在も、金沢市や白山市に見られる。【出典

■ 津田(つだ): 石川県の津田家

■ 土橋(つちはし)
# 各地に地名が見られるが、能登の土橋氏は羽咋郡土橋村(石川県羽咋市)をルーツとする。現在も能登に多く見られる。【出典
# 石川県内では、7割以上が「つちはし」読みだが、全国的には「どばし」読みが多い。【出典

■ 筒井(つつい)

■ 都幡(つばた)
# 加賀国加賀郡井家荘津幡村(石川県津幡町)をルーツとする。【出典

■ 坪坂(つぼさか)
# 石川県と富山県にまとまってみられる。また、両県からの移住者が多い北海道にも多く見られる。【出典
# 石川県内では、金沢市と津幡町にまとまってみられる。【出典

■ 鶴亀(つるかめ)
# 石川県小松市に見られる。水の流れを意味する、「水流(つる)」に「鶴」を、神に供える酒の「瓶(かめ)」に「亀」をあてた。【出典

■ 亭(てい): 石川県の亭家

■ 堂岸(どうがん): 石川県の堂岸家
# 石川県の堂岸家: 石川県珠洲市の旧家。代々藤十郎を名乗り、肝煎を務めた。【出典

■ 道善(どうぜん): 石川県の道善家
# 石川県の道善家: 加賀国鹿島郡鹿島町芹川(石川県中能登町)の旧家。安房国東条郡(千葉県)の清澄寺の道善阿闍梨(あじゃり)の弟子が、同地に住み着いて道善を称した。【出典

■ 東藤(とうどう)
# 石川県に多く見られる。金沢市から小松市にかけてまとまってみられ、旧鳥越村(白山市)では最多姓。また北海道にも多く見られる。【出典

■ 当摩(とうま): 石川県の当摩家
# 石川県の当摩家: 能登国鹿島郡虧棔覆┐里瓠紡次弊仞邯七尾市能登島)の旧家。寛文年間に能登島に渡り、代々十村役を務めた。【出典

■ 堂前(どうまえ): 石川県の堂前家
# 石川県の堂前家: 能登国珠洲郡清水村(石川県珠洲市)の旧家。同地の草分けの一つ。薬師堂の前に住んだことから「堂前」を名字にした。【出典

■ 富樫(とがし): 石川県の富樫家

■ 時国(ときくに): 石川県の時国家

■ 得江(とくえ)
# 鎌倉時代の能登国志雄保(石川県宝達志水町)の地頭。南北朝時代には志雄越山に拠って、北朝方に属した。1339年には、得江九郎頼員(よりかず)が越前国に出陣して、越前守護斯波高経の軍忠状を得ている。【出典

■ 得光(とくみつ)
# 加賀国石川郡得光(石川県白山市)をルーツとする。室町幕府の奉公衆に得光氏がいた。江戸時代の加賀藩士の徳光家はその末裔か。【出典

■ 篩谷(としや)
# 石川県輪島市に見られる。「篩」とは、「ふるい」のことで、屋号から転じたものか。【出典

■ 刀禰(とね)
# 石川県珠洲市の旧家に刀禰家が多い。江戸時代には十村役を務めた家もある。【出典

■ 豊田(とよた)

■ 虎谷(とらたに)
# 石川県から富山県にかけて多く見られる。越中国新川郡虎谷村(富山県魚津市)をルーツとするか。現在はかほく市に多く見られる。【出典

■ 鳥越(とりごえ): 石川県の鳥越家
# 現在も奥能登と金沢市に多く見られる。【出典

■ 土定(どんじょう)
# 石川県小松市に見られる。国土安定・家内安穏を願ってつけた名字という。【出典

■ 閖(どんど)
# 石川県小松市や旧白峰村(石川県白山市)に見られた。水門の番人が、田に引く水の音を名字にした。【出典

■ 永井(ながい): 石川県の永井家

■ 中興(なかおき)
# 石川県特有の名字。加賀国石川郡中興保(石川県白山市)をルーツとする。室町時代、同地に土豪の中興氏がいた。現在は、金沢市にわずかに見られる。【出典

■ 中越(なかごし): 石川県の中越家

■ 中曽根(なかそね)
# 群馬県に多く見られる。石川県内にはほとんど見られないが、石川県の中山温泉には旧家の中曽根家があった。長谷部信連の家臣の末裔といい、江戸時代には同温泉の湯元12軒の一つだった。江戸時代には代々治郎右衛門を名乗り、明治維新後には治郎を襲名した。【出典

■ 中西(なかにし): 石川県の中西家

■ 長野(ながの)
# 西日本の名字で、石川県内にはあまり見られない。【出典
# 加賀の長野氏は長野保(石川県能美市)をルーツとし、加賀斎藤氏の支流。【出典

■ 永原(ながはら)
# 戦国大名の赤座吉家は、のちに前田利家に仕えて7000石を領し、松任に住んで、その子の孝治が「永原」に改称した。【出典
# 現在は、金沢市、小松市、羽咋市などに見られる。【出典

■ 中谷(なかや)

■ 中屋(なかや): 石川県の中屋家

■ 中山(なかやま): 石川県の中山家

■ 長柄(ながら)
# 加賀国河北郡長柄村(石川県かほく市)をルーツとする。藤原北家真夏流という。現在も、かほく市の旧高松町などに見られる。【出典

■ 南志見(なじみ)
# 能登国鳳至郡南志見村(石川県輪島市)をルーツとする。長氏の支流で、南志見城に拠った。江戸時代には加賀藩士。【出典

■ 七尾(ななお)

■ 納谷(なや)
# 加賀市や珠洲市の海岸沿いに多く見られる。舟や漁具をしまう納屋に由来する。【出典

■ 仁岸(にぎし)
# 能登国鳳至郡仁岸郷(石川県輪島市門前町)をルーツとする。長氏の一族で、室町時代には畠山氏に仕えた。【出典

■ 西川(にしかわ、さいかわ): 石川県の西川家

■ 西田(にしだ): 石川県の西田家

■ 西出(にしで): 石川県の西出家: 加賀国江沼郡橋立村(石川県加賀市)の豪商。北前船の船主を務めた。越前の朝倉氏の家老だった篠島伊賀守の弟の末裔といい、二代目の源右衛門の時に廻船業を始めた。五代目の孫次郎は加賀藩から三人扶持を与えられ、勝手方御用を命じられた。その長男は大聖寺藩士となって西出一八常則と名乗った。幕末の三代目源蔵は砲術の大家としても知られる。本家は弟が継いで六代目孫次郎となり藩のお手船となった。十一代目の孫左衛門は1889年に函館に進出、北千島の漁場開拓に成功した。【出典

■ 西野(にしの): 石川県の西野家

■ 西埜(にしの)
# 加賀市や金沢市に見られ、「西野」と同意。【出典
# 石川県の西埜家: 加賀国江沼郡上木村(石川県加賀市)に旧家の西埜家がある。江戸時代には肝煎を務めた。【出典

■ 額(ぬか)
# 現在は金沢市に見られる。【出典

■ 温井(ぬくい): 石川県の温井家
# 能登畠山氏の重臣に温井氏がいた。1391年に能登守護の畠山基国の被官として温井楽阿弥の名が見える。代々、畠山氏の重臣として能登国鳳至郡に勢力をもった。しかし、温井氏の専横を嫌った畠山義綱によって、1555年に総貞が暗殺され、一族は加賀国に逃亡した。のちに義綱が能登を追放されたことで所領を回復、畠山義慶の重臣になった。1577年に上杉謙信が能登に侵攻すると、景隆はその家臣となった。1582年に石動山の荒山砦で前田利家に敗れ、滅亡した。【出典
# 現在、石川県内には少なく、金沢市や旧志賀町などに点在する。全国的には近畿地方に多く見られる。【出典

■ 野庭(のうてい)
# 石川県の野庭家: 能登国珠洲郡黒丸村(石川県珠洲市)の旧家。代々、六助を名乗り、村肝煎を務めた。現在も珠洲市に見られる。「のてい」とも読む。【出典

■ 延武(のぶたけ)
# 石川県の延武家: 石川県珠洲市若山の旧家。代々、十村役などを務めた。【出典

■ 馬医(ばい)
# 金沢市の名字。「馬医」とは、馬を診療する医師のこと。【出典

■ 灰庭(はいにわ)
# 石川県珠洲市に多く見られる。【出典
# 能登国珠洲郡灰庭(石川県珠洲市)をルーツとする。平時忠が能登国に流された時に従って土着したという。【出典

■ 羽咋(はくい)
# 能登国羽咋(石川県羽咋市)をルーツとする。垂仁天皇の皇子の磐衝別命(いわつくわけのみこと)の子孫が羽咋に住んで羽咋国造となったという。現在は、旧七塚町(石川県かほく市)などにごくわずかに見られる。また、山形県にも見られる。【出典

■ 羽喰(はくい)
# 石川県の羽喰家: 加賀藩士。羽咋国造の末裔か。現在もかほく市や津幡町に見られる。【出典

■ 波佐谷(はさたに)
# 石川県特有の名字。加賀国能美郡波佐谷村(石川県小松市)をルーツとする。【出典

■ 架谷(はさたに)
# 石川県かほく市の旧高松町に多く見られる。波佐谷と同祖で転訛した。【出典

■ 橋元(はしもと): 石川県の橋元家
# 石川県珠洲市に多く見られる。【出典

■ 蓮井(はすい)
# 石川県小松市蓮代寺町に多く見られる。蓮根造りをした池にちなむ。【出典

■ 長谷部(はせべ): 石川県の長谷部家

■ 畠山(はたけやま): 石川県の畠山家

■ 八講(はっこう)
# 法華経講讃会や、その費用を捻出するための八講田にちなむ。【出典

■ 花市(はないち)
# 石川県小松市花坂町に見られる。「花坂村で一番」になるようにつけられた名字という。【出典

■ 浜中(はまなか)
# 石川県の浜中家: 加賀国江沼郡塩屋浦(石川県加賀市)で北前船の船主を務めた。丸糸を号した。【出典
# 石川県内各地に見られるが、とくに能登町や穴水町に多く見られる。【出典

■ 林屋(はやしや)
# 石川県の林屋家: 金沢城下の茶商で豪商の林屋。越中国三日市出身で、1753年創業という。【出典

■ 春木(はるき)
# 石川県の春木家: 加賀国能美郡新保村(石川県小松市新保)の草分け。【出典
# 石川県の春木家: 加賀藩士。【出典

■ 東方(ひがしかた)
# 石川県の東方家: 大聖寺藩士。越後国の出で、代々漢学で知られ、幕末に活躍した東方芝山が有名。【出典
# 石川県の東方家: 加賀藩士。【出典

■ 東四柳(ひがしよつやなぎ)
# ヘボン式のローマ字で書くと、18文字になり、現存する日本一長い名字。加賀国羽咋郡四柳(石川県羽咋市四柳町)をルーツとするか?【出典

■ 久安(ひさやす)
# 加賀国石川郡久安(石川県金沢市)をルーツとする。富樫氏の支流で、現在も金沢市に多く見られる。【出典

■ 百万(ひゃくまん)

■ 百貫(ひゃっかん)
# 石川県と北海道に見られる。石川県では金沢市や宝達志水町に、北海道では深川市付近に多く見られる。【出典

■ 平木(ひらき)
# 金沢市に多く見られる。金沢市菊川に旧家の平木家がある。代々、加賀藩御用達の染物屋を務めた。【出典

■ 蛭川(ひるかわ)
# 加賀の蛭川氏は、能美郡蛭川(石川県小松市)をルーツとする。現在は関東地方と東海地方にまとまってみられる。【出典

■ 広海(ひろうみ)
# 加賀国江沼郡瀬越(せごえ)村(石川県加賀市)に、北前船の船主を務めた広海家があった。【出典

■ 弘岡(ひろおか)
# 加賀の弘岡氏は、河北郡弘岡(金沢市広岡)をルーツとする。藤原北家利仁流の林氏の支流で、弘岡付近の開発領主。【出典

■ 広国(ひろくに)
# 能登国珠洲郡広国村(石川県珠洲市)をルーツとする。現在は中国地方に多く見られる。【出典

■ 広瀬(ひろせ): 石川県の広瀬家

■ 深田(ふかた)
# 能登国鳳至郡深田村(石川県輪島市)をルーツとし、能登畠山氏の家臣。【出典
# 江戸時代に、大聖寺に「深田屋」を号した紙商があった。【出典
# 加賀藩士にも深田家があった。【出典

■ 藤尾(ふじお)
# 能登の藤尾氏は珠洲郡藤尾(石川県珠洲市)をルーツとする。現在も、珠洲市や金沢市に見られる。全国的には兵庫県に多く見られる。【出典

■ 不島(ふしま)
# 金沢市に多く見られる。加賀藩士や加賀藩の細工者に不島家があった。【出典

■ 二穴(ふたあな)
# 石川県七尾市の名字で、市内の地名をルーツとする。【出典

■ 札抜(ふだぬき)
# 小松市に見られる。船番所で船の名札を掛けて出入りを監視したことに由来する。【出典

■ 仏前(ぶつぜん)
# 石川県穴水町千寺などに見られる。真言宗明泉寺の門前町であることに由来する。【出典

■ 舟津(ふなつ)
# 加賀国能美郡舟津村(石川県小松市)をルーツとし、現在も小松市に多く見られる。【出典

■ 分校(ぶんこう)
# 石川県小松市に多く見られる。加賀国江沼郡分校村(石川県加賀市分校町)をルーツとし、古代の土地制度に由来すると思われる。土地は、国有で、それを一定期間国民に支給するという、班田収授制のもとでは、田地の増減や変動を調べることを校田といい、調べる官吏を校田使、記録したものを校田帳と呼んだ。分校も、おそらく、ここから派生したものと思われる。なお、地名は現在では「ぶんぎょう」と読む。【出典

■ 瓶子(へいし)
# 石川県珠洲市正院町に旧家の瓶子家がある。もとは、清厳寺の住職で、還俗した際に「瓶子」を名乗ったという。【出典

■ 縁筵(へりむしろ)
# 石川県の縁筵家: 能登国珠洲郡上山村(石川県珠洲市)の旧家。肝煎を務めた。「筵」を「莚」と書く場合もある。【出典

■ 波々伯部(ほうかべ)
# 室町時代に、能登国鹿島郡能登島(石川県七尾市能登島)の地頭に波々伯部氏があり、この一族か。この波々伯部氏は「ほうかべ」と呼んだという。【出典

■ 法師(ほうし): 石川県の法師家
# 石川県の法師家: 粟津温泉(石川県小松市)で旅館を営む旧家。奈良時代に、粟津温泉の発見者である泰澄大師が弟子の雅亮を還俗させて番人にしたのが祖という。養子だった二代目以降、代々善五郎を称した。現在の当主は46代目で旅館「善吾楼」を営む。【出典
# 石川県の法師家: 石川県小松市の粟津温泉で旅館を営む旧家。粟津温泉の発見者とされる泰澄大師(たいちょうだいし)が弟子の雅亮(がりょう)を還俗(げんぞく)させて番人にしたのが祖という。【出典

■ 宝生(ほうしょう) :無
# 加賀藩には能楽四座の一つの宝生家の分家にあたる加賀宝生家があった。宝生家の祖の蓮阿弥は観阿弥の子という伝説もあるが、実際には観世座よりも古いとみられている。【出典

■ 宝立(ほうりゅう)
# 石川県珠洲市にあった名字。元は山伏で、同市にある宝立山に由来すると言う。【出典

■ 堀野(ほりの)
# 加賀国江沼郡右村(石川県加賀市三木町)に十村役を務めた旧家の堀野家がある。新田義貞の家臣の小山田高家末裔と伝える。【出典

■ 本陣(ほんじん): 石川県の本陣家

■ 本多(ほんだ): 石川県の本多家

■ 本保(ほんぼ)
# 新しく開墾した土地である「新保」に対して、本来の土地を「本保」といった。新潟県の粟島にまとまってみられる。【出典
# 江戸時代の加賀藩士に本保家があり、現在では金沢市や旧松任市(現白山市)に多く見られる。【出典

■ 本屋(ほんや)
# 石川県の本屋家: 能登国鳳至郡光浦村(石川県輪島市)の旧家。船問屋や船宿を営んだ。【出典

■ 舞田(まいだ): 石川県の舞田家

■ 前田(まえだ): 石川県の前田家

■ 馬替(まがえ)
# 加賀国石川郡馬替(金沢市)をルーツとする。江戸時代、加賀藩士に馬替家があり、現在も金沢市にまとまってみられる。【出典

■ 町野(まちの)
# 能登国鳳至郡町野(石川県輪島市)をルーツとする。鎌倉幕府の官僚だった三善氏の一族が入部して町野氏を称し、以後土着した。現在、石川県内では加賀地方に見られ、岐阜県や三重県に多く見られる。【出典

■ 松崎(まつざき): 石川県の松崎家
# 現在は金沢市に多く見られる。【出典

■ 松百(まつど)

■ 松任(まつとう)
# 石川県や富山県にまとまってみられる。加賀国石川郡松任郷(石川県白山市)をルーツとし、藤原北家利仁流の林氏の支流。【出典

■ 馬緤(まつなぎ)
# 能登国珠洲郡馬緤(石川県珠洲市)をルーツとする。同地の土豪。【出典

■ 松波(まつなみ)
# 能登の松波氏は、珠洲郡松波(石川県能登町)をルーツとする。畠山氏の支流で松波城に拠った。のちに、長氏に仕え、江戸時代には加賀藩士。【出典

■ 水内(みずうち)
# 石川県の水内家: 加賀国石川郡村井村(石川県白山市)の旧家。越前の朝倉氏の一族といい、江戸時代には十村役を務めた。江戸時代の享保年間には砂地を開墾して村井新村を開発した。【出典

■ 水島(みずしま): 石川県の水島家
# 現在は、金沢市や能登町に多く見られる。【出典

■ 溝口(みぞぐち)
# 加賀藩士の溝口家は新発田藩主の溝口家の一族。1649年に勝周が加賀藩士になり、1000石を領した。【出典

■ 三小牛(みつこうじ)
# 金沢市にあった名字で、市内の地名がルーツ。【出典

■ 蜜谷(みつたに)
# 石川県の蜜谷家: 石川県白山市の旧尾口村の旧家。「密谷」とも書かれるが、正確には「蜜谷」で、もとは「三津屋」だったという。【出典

■ 南山(みなみやま)
# 能登の南山氏は珠洲郡南山(石川県珠洲市)をルーツとし、同地の土豪。現在は、能登町に多く見られる。【出典

■ 三引(みびき)
# 能登国鹿島郡三引(石川県七尾市)をルーツとする。【出典

■ 宮武(みやたけ)
# 香川県の名字で、石川県内には少ないが、加賀国能美郡宮武(石川県能美市)発祥の宮武氏がある。加賀の斎藤氏の一族で、同地の開発領主。【出典

■ 宮永(みやなが)
# 加賀国石川郡宮永(石川県白山市)をルーツとする。清和源氏満仲流の宇野氏の一族。【出典
# 江戸時代には、加賀藩士や大聖寺藩士に宮永家がある。【出典

■ 明翫(みょうがん)
# 石川県の明翫家: 白山市の旧美川町の旧家。もとは「明翫屋」を号して、酒屋と塩問屋を営んだ。【出典

■ 武蔵(むさし)
# 石川県の武蔵家: 金沢城下の家柄町人。もとは山城国伏見で前田利家の御用を務めていたが、のちに金沢に転じて武蔵を称した。代々、庄兵衛を名乗って町年寄を務めた。【出典

■ 村(むら): 石川県の村家

■ 村井(むらい): 石川県の村井家

■ 村上(むらかみ): 石川県の村上家

■ 村田(むらた): 石川県の村田家

■ 室木(むろき)
# 石川県の室木家: 七尾市中島町外村の豪農。【出典

■ 目細(めぼそ): 石川県の目細家: 金沢城下(金沢市)の加賀毛針の老舗「目細八郎兵衛商店」の創業家。1575年の創業で、代々八郎兵衛を襲名。初代の八郎兵衛が絹針の「目穴・目度」を工夫、糸の通しやすい良質な針を作りあげて加賀藩主から「めぼそ針」という針の名前を授かったのが祖。一方、武家の釣り用に新しい毛針を考案、1890年の「第3回内国勧業博覧会」に17代目が出展して話題となり、以後加賀毛針として全国に広まった。【出典
# 石川県の目細家: 金沢市の旧家。代々、針屋を営んだ。【出典

■ 餅野宮(もちのみや)
# 石川県小松市に見られる。餅屋の能美屋が、明治時代に名乗ったものという。【出典

■ 本折(もとおり)
# 加賀国能美郡本折村(石川県小松市)をルーツとし、代々富樫氏に仕えた。【出典

■ 本吉(もとよし)
# 東京湾沿岸、石川県、富山県、北海道などにまとまってみられる。【出典
# 石川県内では、羽咋市にまとまってみられる。【出典

■ 森岡(もりおか)
# 石川県の森岡家: 輪島市門前町の總持寺御用で北前船船主をつとめた。陸奥国盛岡の出。【出典

■ 躪勝覆發蹐─法А\仞邯の諸江(もろえ)家: 金沢城下(金沢市)で躪床阿鮃罎靴寝杙匸Α1849年に初代の嘉平が創業。三代目栄次郎の時、加賀藩の落雁の御用菓子商だった樫田屋が廃業し、以後は御用菓子の伝統を引き継いだ。【出典

■ 諸橋(もろはし)
# 加賀国能大夫の諸橋家は能登国鳳至郡諸橋村(石川県穴水町)をルーツとし、富樫氏に仕えた。【出典

■ 薬師(やくし)
# 小松市や能登町に多く見られる。薬師山で瓦の製造をしていたことに由来する。また、能登国鳳至郡黒川村(石川県能登町)に薬師家があり、同地に古くからある黒川薬師寺に因むか。【出典

■ 安江(やすえ)

■ 安田(やすだ): 石川県の安田家
# 加賀の安田氏は、石川郡安田保(石川県白山市)をルーツとする。藤原北家利仁流の林氏の支流。【出典

■ 安原(やすはら): 石川県の安原家

■ 安吉(やすよし)
# 加賀国石川郡安吉村(石川県白山市安吉)をルーツとする。現在は、石川県内には少なく、富山県に多く見られる。【出典

■ 矢田(やた)
# 石川県の矢田家: 小松市や加賀市にまたがった月津村の旧家。天正年間に同地に移住してきたといい、「矢田屋二兵衛」を名乗って宿屋を営んだ。【出典

■ 谷内上(やちがみ)
# 能登半島に多く見られる、「やち」系の名字の一つ。石川県志賀町などに見られる。【出典

■ 谷内口(やちぐち)
# 能登半島に多く見られる、「やち」系の名字の一つ。輪島市と珠洲市にまとまってみられる。【出典

■ 谷内坂(やちさか)
# 能登半島に多く見られる、「やち」系の名字の一つ。七尾市にまとまってみられる。【出典

■ 谷内田(やちだ)
# 能登半島に多く見られる、「やち」系の名字の一つ。能登半島一帯に見られる。【出典

■ 谷内山(やちやま)
# 能登半島に多く見られる、「やち」系の名字の一つ。輪島市や志賀町などに見られる。【出典

■ 山岸(やまぎし): 石川県の山岸家

■ 山川(やまごう)

■ 山代(やましろ)
# 加賀国江沼郡山代荘(石川県加賀市)をルーツとする。富樫氏の支流。現在は、加賀地方に点在する。【出典

■ 山瀬(やませ)
# 能登に多く見られる。輪島の小代官三家の一つに山瀬家があった。1725年に武太夫が小代官となり、以後世襲した。【出典

■ 八幡(やわた)

■ 結城(ゆうき): 石川県の結城家
# 加賀国石川郡の国人。下総の結城氏の一族という。南北朝時代には加賀国河内荘の地頭となって、室町時代には幕府の奉公衆だった。【出典

■ 湯出(ゆので)
# 片山津温泉に見られる。もとは「森」という名字で、井戸掘り業者だったが、片山津温泉に招かれて温泉を掘り出し、「湯出」に改姓した。【出典

■ 湯原(ゆはら): 石川県の湯原家

■ 横江(よこえ)
# 加賀国加賀郡横江(石川県白山市)の古代豪族に横江氏があった。また、藤原北家利仁流の林氏の支流にも横江氏がある。現在も加賀地方にまとまってみられる。【出典

■ 横河(よこかわ)
# 石川県の横河家: 金沢の鋳物師。代々、九左衛門を名乗った。【出典

■ 横山(よこやま): 石川県の横山家

■ 吉谷(よしたに): 石川県の吉谷家
# 加賀国能美郡吉谷(旧鳥越村)をルーツとし、石川郡山内荘の地頭を務めた。【出典

■ 吉見(よしみ): 石川県の吉見家

■ 吉森(よしもり)
# 能登国珠洲郡吉森(石川県珠洲市)をルーツとする。同地に旧家の吉森家があり、代々彦十郎を名乗った。現在も珠洲市や白山市に多く見られる。【出典

■ 四柳(よつやなぎ)
# 能登国鹿島郡四柳(石川県羽咋市)をルーツとする。江戸時代には加賀藩士に四柳家があった。また、能登国鳳至郡には四柳の名字の神官が多数あった。【出典

■ 米永(よねなが)
# 加賀国石川郡米永保(石川県白山市)をルーツとする。同地の在地領主で、白山神社の神官も務めた。現在も、金沢市と旧松任市(白山市)にまとまってみられる。【出典

■ 蝋清(ろうせい)
# 加賀国小松(石川県小松市)に代々蝋燭屋を営んだ、「蝋燭屋清右衛門」があった。のちにそれを縮めて「蝋清」を名字とした。【出典

■ 脇本(わきもと)

■ 和田(わだ): 石川県の和田家


■ 石川県の地名をルーツとする名字

■ 北陸地方の名字の特徴

■ 石川県の名字の読みの特徴

統計表示