その他のは行の名字
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 灰岡(はいおか)

【2019/08/23:新載】

# 山口県玖珂郡和木町を中心にわずかにみられる。 

■ ヅ隋覆呂い犬沺

【2019/08/31:新載】

# データは無いが、プロ野球にヅ臍手がいる。【出典

■ 南風原(はえばる)

【2022/01/31:新載】

# 沖縄県の名字。南風原間切(沖縄県島尻郡南風原町)をルーツとする。現在は、沖縄本島南部と石垣島、渡名喜島に多く見られる。【出典

■ 垪和(はが)

【2019/02/25:新載】

# 戦国時代の後北条氏の家臣に垪和氏がいた。岡山県から京都府にかけて多く見られる。【出典

# 岡山県久米郡美咲町東垪和の地名がある。

■ 羽方(はかた) 

【2021/11/29:新載】

# 高知県に多く見られる。特に、土佐市にまとまってみられる。その他では茨城県南部にもみられる。【出典

# 「羽方(はかた)」の語源

■ 博多屋(はかたや) 

【2021/11/29:新載】

# 長崎県の五島列島にある小値賀島にまとまってみられる。北松浦郡小値賀町では5位。そのほかには、福岡市にもみられる。【出典

■ 橋(はし)

【2022/01/31:新載】

# 地形姓で、とくに石川県から富山県にかけての地域と、長崎市に多く見られる。【出典

■ 端坂(はしざか)

【2020/05/30:新載】

# 岩手県葛巻町や盛岡市にわずかにみられる。

# 2020/02/23: ポツンと一軒家より。岩手県。

■ 蓮池(はすいけ)

【2019/09/30:新載】

# 東北地方以外に広く分布し、特に静岡県や香川県に多く見られる。【出典:全国名字大辞典 森岡浩編 東京堂出版】

■ 長谷田(はせだ)

【2019/08/23:新載】

# 兵庫県や北海道にまとまってみられる。

■ 畑口(はたぐち)

【2021/12/08:新載】

# 和歌山県、青森県、広島県、北海道、岡山県、大阪府などにみられる。和歌山県内では和歌山市や海南市にみられる。

■ 八軒 (はちけん)

【2022/06/11:新載】

# 滋賀県や兵庫県に見られる。

# 「八軒」の地名

■ 廿日出(はつかで)

【2022/01/31:新載】

# 広島県の名字で、瀬戸内海にある大崎下島の豐田郡豊町にまとまってみられる。【出典

■ 初鹿(はつしか)

【2019/08/30:新載】

# 山梨県の名字で、大半は山梨県にみられ、県の中央部にまとまってみられる。 

■ 鳩貝(はとがい)

【2021/03/05:新載】

# 関東地方の名字で、特に茨城県に多く見られる。下妻市と猿島郡五霞町にまとまってみられる。【出典

■ 葉梨(はなし)

【2019/02/25:新載】

# 茨城県の名字で美浦村に多く見られる。【出典

■ 花角(はなずみ)

【2022/06/04:新載】

# 福島県や東京都にわずかに見られる。

■ 花蜜(はなみつ)

【2021/08/06:新載】

# 和歌山県海南市を中心にわずかにみられる。

■ 塙(はなわ)

【2022/01/31:新載】

# 茨城県の名字で、北部から南東部にかけて広く見られる。特に、鹿島郡鉾田町(現鉾田市)に多く、町内2位。【出典

■ 馬場崎(ばばさき)

【2022/01/31:新載】

# 九州北部の名字。とくに、佐賀県神埼郡神埼町(現神埼市)に多く見られ、ここから福岡市にかけて見られる。【出典

■ 馬場田(ばばた)

【2020/08/05:新載】

# 長野県や和歌山県などにみられる。

■ 浜木(はまき)

【2020/04/20:新載】

# 全国の約3割は富山県にみられ、高岡市にまとまってみられる。

■ 浜武(はまたけ)

【2019/11/05:新載】

# 福岡県や熊本県にまとまってみられる。

■ 浜地(はまち)

【2021/01/16:新載】

# 三重県や福岡県にまとまってみられる。三重県内では大半が度会郡南伊勢町にみられる。

■ 浜谷(はまや)

【2020/10/05:新載】

# 北陸地方と青森県以北に多く見られる。【出典

■ 原谷(はらや)

【2019/10/05:新載】

# 北海道を中心に全国に点在する。

■ 針(はり)

【2022/01/31:新載】

# 近江国甲賀郡針(滋賀県甲賀市甲西町針)をルーツとする。六角氏に従った。【出典

■ 半仁田(はんにた)

【2021/01/16:新載】

# 熊本県の名字で、球磨郡を中心にわずかにみられる。

# ポツンと一軒家(熊本県)2021年1月3日より

■ 半場(はんば)

【2020/10/05:新載】

# 遠江国長上郡半場村(静岡県浜松市佐久間町半場)をルーツとし、浜松市や磐田市に多く見られる。【出典

■ 柊(ひいらぎ) 

【2021/09/13:新載】

# 京都府の南部から滋賀県の南部にかけてみられる。【出典

■ 比江島(ひえじま)

【2022/01/31:新載】

# 宮崎県の名字。宮崎市から児湯郡新富町の間にまとまってみられる。【出典

■ 東久保(ひがしくぼ)

【2022/01/31:新載】

# 鹿児島県に多く見られる。とくに鹿児島市から日置郡金峰町にまとまってみられる。【出典

■ 光(ひかる)

【2021/12/03:新載】

# 信濃国筑摩郡光村(長野県東筑摩郡明科町・南安曇郡豊科町)をルーツとする。海野幸継の六男の幸国がこの地に住んで光氏を称した。のちに、小笠原氏に従い、江戸時代には中津藩士。【出典

■ 引地(ひきち)

【2020/08/05:新載】

# 宮城県や福島県にまとまってみられる。

■ 曳野(ひきの)

【2020/06/25:新載】

# 島根県の名字で、そのほとんどは松江市にみられる。

■ 肘井(ひじい)

【2020/11/11:新載】

# 福岡県の名字で、飯塚市にまとまって見られる。【出典

■ 備瀬(びせ)

【2019/09/26:新載】

# 沖縄県の名字。本部間切備瀬村(沖縄県本部町)をルーツとする。【出典

■ 備谷(びたに)

【2020/11/11:新載】

# 兵庫県、鳥取県、島根県などにわずかにみられる。

■ 一石(ひとついし)

【2020/09/05:新載】

# 神奈川県や茨城県にまとまってみられる。

■ 一ツ石(ひとついし)

【2020/09/05:新載】

# 北海道や長崎県にみられる。【出典

■ 日名子(ひなご)

【2022/01/31:新載】

# 大分県の名字。大分市から臼杵市にかけての地域にまとまってみられる。【出典

■ 日日(ひび)

【2021/06/09:新載】

# 熊本県にみられる。【出典

■ 日疋(ひびき)

【2019/09/26:新載】

# どこかで見つけた名字だが、調べてもヒットせず。

■ 日比谷(ひびや)

【2020/11/11:新載】

# 東京都を中心に関東地方にまとまってみられる。

■ 百成(ひゃくなり)

【2021/12/08:新載】

# 石川県、福井県、北海道などにわずかに見られ、石川県鳳珠郡穴水町にまとまってみられる。

■ 百石(ひゃっこく) 

【2021/09/17:新載】

# 富山県や北海道にわずかにみられ、富山県では下新川郡入善町にみられる。

■ 開田(ひらきだ) 

【2021/09/13:新載】

# 九州地方の名字で、特に熊本県に多く見られる。なかでも、芦北郡津奈木町にまとまってみられる。【出典

■ 平生(ひらお)

【2020/08/05:新載】

# 熊本県や三重県などにまとまってみられる。

■ 平地(ひらち)

【2019/08/17:新載】

# 宮城県を中心に全国にみられ、宮城県では大崎市や東松島市にまとまってみられる。

# 宮城県栗原市金成大原木平地(へいじ)の地名がある。

■ 平邑 (ひらむら)

【2021/12/08:新載】

# 富山県にわずかにみられる。そのほとんどは富山市にみられる。

■ 美留町(びるまち)

【2022/01/31:新載】

# 茨城県の名字。西茨城郡岩間町にまとまってみられ、同町では上位10位以内。【出典

■ 枇榔(びろう)

【2019/03/23:新載】

# 「ビロウ」という木の名前に由来する。これを名字としたのは、ー児島県曽於郡枇榔島の地名に由来する。特殊な聖木なのでそれにちなんだ。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 広芝(ひろしば)

【2021/06/26:新載】

# 兵庫県、奈良県、大阪府、和歌山県などにわずかにみられる。

■ 広本(ひろもと)

【2020/05/30:新載】

# 山陽地方の名字で、特に広島県福山市・呉市、山口県岩国市にまとまってみられる。【出典

# ポツンと一軒家より。山口県。

■ 日和佐(ひわさ)

【2022/01/31:新載】

# 阿波国海部郡日和佐(徳島県海部郡日和佐町)をルーツとする。現在は、愛媛県の東予地方に多く見られる。【出典

■ 冬頭(ふいとう)

【2019/03/23:新載】

# 岐阜県の名字。【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 岐阜県高山市にみられる。【出典

■ 深貝(ふかがい)

【2019/09/28:新載】

# 岐阜県南部の名字で、岐阜市周辺に多く見られる。【出典

■ 普久原(ふくはら)

【2022/01/31:新載】

# 沖縄県の名字。沖縄市と那覇市にまとまってみられ、とくに沖縄市に多く見られる。【出典

■ 福村 (ふくむら)

【2019/02/25:新載】

# 全国に広く分布し、鹿児島県、石川県、青森県などに多く見られる。【出典

■ 冨士谷(ふじたに)

【2019/08/31:新載】

# 広島県の東南部にまとまって見られる他、兵庫県にもみられる。

■ 藤佐久(ふじさく)

【2022/01/31:新載】

# 常陸国発祥。桓武平氏大掾氏の出。吉田広幹の子の為幹が藤佐久氏を称した。【出典】 

■ 藤丸(ふじまる)

【2019/03/23:新載】

# 九州地方の名字で、福岡県南部に多く見られる。【出典

■ 藤矢淵(ふじやぶち)

【2022/01/31:新載】

# 武蔵国秩父郡藤谷淵村(埼玉県秩父郡長瀞町藤谷淵)をルーツとする。武蔵七党の丹党の一つ。岩田政信の子の直村が藤矢淵氏を称した。【出典

# 「藤矢淵」の地名

■ 二子石(ふたごいし)

【2021/06/08:新載】

# 熊本県に多く見られ、とくに熊本市と高森町に多く見られる。【出典

# ポツンと一軒家: 2021/02/14 熊本県より

■ 渕井(ふちい)

【2021/06/08:新載】

# 長野県の名字で、上伊那郡箕輪町にまとまってみられる。

■ 舩後(ふなご)

【2019/09/30:新載】

# 国会議員に舩後さんがいるが、データベースではヒットせず。

■ 冬爪(ふゆづめ)

【2019/03/23:新載】

# 石川県の名字。【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 石川県金沢市の名字。【出典

■ 古久保(ふるくぼ)

【2022/01/31:新載】

# 和歌山県の日高地方の名字。日高郡龍神村では最多姓。そのほかに、田辺市などにも多く見られる。【出典

■ 古本(ふるもと)

【2019/06/19:新載】

# 西日本の名字で、広島県(呉市周辺)に多く見られる。【出典

■ 分家(ぶんけ)

【2019/08/23:新載】

# 富山県射水市(旧新湊市)にみられる。【出典

■ 辺牟木(へむき)

【2022/01/31:新載】

# 鹿児島県の名字。薩摩国満家院辺牟木(鹿児島県日置郡郡山町)をルーツとする。比志島氏の支流。【出典

# 「大阪府らしい名字」という資料も。

■ 平安山(へんざん)

【2022/01/31:新載】

# 沖縄県の名字。北谷間切平安山村(沖縄県中頭郡北谷町)をルーツとする。現在は沖縄本島全域にみられる。【出典

■ 星子(ほしこ)

【2019/03/16:新載】

# 熊本県の名字で、山鹿市にまとまってみられる。【出典

■ 星乃(ほしの)

【2020/11/11:新載】

# 熊本県や福岡県にわずかにみられる。

■ 細内(ほそうち)

【2019/08/28:新載】

# 栃木県を中心に関東地方北部にまとまってみられる。

# 群馬県館林市細内町があるが関係あるか?

■ 細畑(ほそはた)

【2021/06/08:新載】

# 北海道や岩手県などにみられる。

■ 保手浜(ほではま)

【2022/02/01:新載】

# 広島県の名字。竹原市にまとまってみられ、同市では7位。豐田郡や呉市にも若干見られる。【出典

■ 保戸田(ほとだ)

【2022/02/01:新載】

# 東京都江戸川区から千葉県浦安市にかけての名字で、とくに江戸川区葛西にまとまってみられる。【出典

■ 穂谷野(ほやの)

【2020/10/05:新載】

# 神奈川県の名字で、小田原市にまとまってみられる。

■ 保屋野(ほやの)

【2020/10/05:新載】

# 長野県上田市の名字。【出典

■ 洞(ほら)

【2022/02/02:改編】

# 地形姓で、各地にみられる。【出典

# 地形姓で各地に見られる。とくに和歌山県南部にまとまってみられる。【出典

■ 堀埜(ほりの)

【2021/01/16:新載】

# 富山県氷見市を中心にわずかにみられる。

# 富山県の堀埜家: 富山県氷見市の旧家。堀埜豊一は氷見市長を務めた。【出典

# サイゼリアの堀埜一成社長は富山県の出身。

■ 袰岩(ほろいわ) 

【2021/10/20:新載】

# 岩手県の名字。盛岡市から宮古市にかけてまとまってみられ、下閉伊郡川井村(現宮古市)では第5位。【出典

■ 袰屋(ほろや) 

【2021/10/20:新載】

# 岩手県の名字。陸奥国閉伊郡袰屋(岩手県下閉伊郡新里村・現宮古市)をルーツとする。現在も新里地区に多い。【出典

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示