その他のは行の名字
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 灰岡(はいおか)

【2019/08/23:新載】

# 山口県玖珂郡和木町を中心にわずかにみられる。 

■ ヅ隋覆呂い犬沺

【2019/08/31:新載】

# データは無いが、プロ野球にヅ臍手がいる。【出典

■ 垪和(はが)

【2019/02/25:新載】

# 戦国時代の後北条氏の家臣に垪和氏がいた。岡山県から京都府にかけて多く見られる。【出典

# 岡山県久米郡美咲町東垪和の地名がある。

■ 羽毛田(はけた)

【2019/06/29:新載】

# 長野県の名字で東信に多く見られる。

# 長野県東御市滋野乙羽毛田をルーツとするか?

# 羽毛田新吾(元宮内庁長官)は山口県の出身。

■ 長谷田(はせだ)

【2019/08/23:新載】

# 兵庫県や北海道にまとまってみられる。

■ 初鹿(はつしか)

【2019/08/30:新載】

# 山梨県の名字で、大半は山梨県にみられ、県の中央部にまとまってみられる。 

■ 葉梨(はなし)

【2019/02/25:新載】

# 茨城県の名字で美浦村に多く見られる。【出典

■ 晴山(はれやま)

【2019/08/17:新載】

# 岩手県の名字。陸奥国九戸郡晴山(岩手県九戸郡軽米町晴山)をルーツとする。現在は花巻市の旧石鳥谷町にまとまってみられる。【出典

# 岩手県内に「晴山」の地名が多く見られる。住所検索では、全国で12件ヒットするが、そのうちの10件は岩手県内。

# 晴山村(九戸郡): 当初は盛岡藩領だったが後に八戸藩領。【出典

■ 伴野(ばんの)

【2019/08/30:新載】

# 愛知県を中心に、中部地方の太平洋側にまとまってみられる。

■ 平口(ひらぐち)

【2019/02/25:新載】

# 静岡県に多く見られる。

# 静岡県の平口家: 遠江国榛原郡身成村(静岡県島田市川根町)に平口家があった。藤原氏の出で、徳川家康に仕えていたが、身成村で帰農し、江戸時代には庄屋を務めた。 【出典

■ 平地(ひらち)

【2019/08/17:新載】

# 宮城県を中心に全国にみられ、宮城県では大崎市や東松島市にまとまってみられる。

# 宮城県栗原市金成大原木平地(へいじ)の地名がある。

■ 枇榔(びろう)

【2019/03/23:新載】

# 「ビロウ」という木の名前に由来する。これを名字としたのは、ー児島県曽於郡枇榔島の地名に由来する。特殊な聖木なのでそれにちなんだ。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 広告(ひろよし)

【2019/03/16:新載】

# かつては、大仏供(だいぶく)だった。大和国の大仏供荘に由来する。平安時代に平氏と仏教界との対立で、身を守るために「大福(だいぶく)」と字を変えた。その後、読みを変えるために「大」を「広」に、「福」を「告」に変えて、意味合いを残した。【知れば知るほど面白い 名字の秘密大辞典 名字の秘密研究会編 彩図社】

■ 冬頭(ふいとう)

【2019/03/23:新載】

# 岐阜県の名字。【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 岐阜県高山市にみられる。【出典

■ 福井(ふくい)

【2019/06/18:新載】

# 205位 「丸に井の字紋」「丸に木瓜紋」「三つ違い矢紋」「割り菱紋」「花菱紋」。旗本の福井家は藤原北家秀郷流。武田信通の子の信方が安芸国御調(みつぎ)郡福井をルーツとする。【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

■ 福住(ふくずみ)

【2019/02/25:新載】

# 奈良県から兵庫県にかけて多く見られ、また神奈川県厚木市にもまとまってみられる。 【出典

■ 福村 (ふくむら)

【2019/02/25:新載】

# 全国に広く分布し、鹿児島県、石川県、青森県などに多く見られる。【出典

■ 冨士谷(ふじたに)

【2019/08/31:新載】

# 広島県の東南部にまとまって見られる他、兵庫県にもみられる。 

■ 藤丸(ふじまる)

【2019/03/23:新載】

# 九州地方の名字で、福岡県南部に多く見られる。【出典

■ 船川(ふなかわ)

【2019/06/18:新載】

# 沖縄、東北、北陸以外にひろく分布する。【出典

■ 冬爪(ふゆづめ)

【2019/03/23:新載】

# 石川県の名字。【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 石川県金沢市の名字。【出典

■ 古本(ふるもと)

【2019/06/19:新載】

# 西日本の名字で、広島県(呉市周辺)に多く見られる。【出典

■ 不破(ふわ)

【2019/06/19:新載】

# 岐阜県南部から愛知県北部に多く見られる。古代豪族の不破氏は美濃国不破郡(岐阜県)をルーツとし、百済系の渡来人。 【出典

■ 分家(ぶんけ)

【2019/08/23:新載】

# 富山県射水市(旧新湊市)にみられる。【出典

■ 面(ほおつき)

【2019/06/19:新載】

# 加賀地方には「表」の名字が多く、その一部が「面」を称した。【出典

※ 「表(おもて)」から「面(おもて)」に転じたということなんでしょうが、「ほおつき」の読みは?

■ 穂坂(ほさか)

【2019/06/19:新載】

# 山梨県から関東地方南部にかけての名字で、「保坂」と同祖。また福岡県にも多く見られる。 【出典

■ 星子(ほしこ)

【2019/03/16:新載】

# 熊本県の名字で、山鹿市にまとまってみられる。【日本名字家系大事典 森岡浩編 東京堂出版】

■ 細内(ほそうち)

【2019/08/28:新載】

# 栃木県を中心に関東地方北部にまとまってみられる。

# 群馬県館林市細内町があるが関係あるか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示