大阪府の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 大阪府の府名の由来 ・ 大阪府の難読地名・珍地名 ・ 大阪府の地名集

★ 大阪府の名字の特徴

# 大阪には、西日本の各地からの移住者が多く、西日本系の名字が集まってきている。

【大阪府らしい名字】

# 大阪の南部、特に泉佐野市や岸和田市付近には大阪らしい名字が見られ、特に「谷」のつく名字が多い。「小間物谷」「岸和田谷」「日根野谷」「佐野川谷」などで屋号に由来する。

# 難波、船場、曾根崎、寝屋川、天満、澪標(みおつくし)、水尾。

# 地名由来の「芥川」「茨木」「鳥取」「能勢」「甲斐庄」「日根野

※ 芥川: 大阪府高槻市を流れる一級河川。

甲斐庄河内国錦部郡甲斐庄

日根野: 大阪府泉佐野市日根野

【大阪府らしい名字2】

# 小間物谷(こまものや)、熊取谷(いすたに)、椚座(くぬぎざ)、時子山(とこやま)、鼻毛(はなげ)、遍々古(べべこ)、辺牟木(へむき)、物種(ものだめ)、指吸(ゆびすい)夜明(よあけ)、右衛門佐(よもさ)【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 大阪府特有の名字集

■ 大阪府の名字【出典

# 大阪府独特の名字

・ 印藤(いんどう): 箕面市

・ 暮部(くれべ): 能勢町

・ 松浪(まつなみ): 泉佐野市

・ 根来(ねごろ): 熊取町

・ 武輪: 阪南市

・ 大阪府の南部では「〜原」を「〜はら」と読む。「藤原(ふじはら)」「萩原(はぎはら)」

・ 鴻池(こうのいけ): 摂津国鴻池(兵庫県伊丹市)をルーツとする。

・ 指吸(ゆびすい): 江戸時代の豪商の名字。苦しいときでも悪いことに手を出さずに指を吸ってでも我慢しろという家訓を名字にした。

■ 大阪府の名字の特徴【出典

# 大阪府では1位の田中でも人口比で約1.4%、3位の中村でも0.8%と低い。

# 大阪府南部の泉南地方には屋号由来の名字が多い。淡路谷、伊豆谷、和泉谷、岸和田谷、讃岐谷、日根野谷、佐野川谷、小間物谷、名小路谷(なこうじや)など。

# 大阪府独特の名字

・ 箕面市の印藤、能勢町の暮部(くれべ)、泉佐野市の松浪、熊取町の根来、阪南市の武輪、岬町の四至本(ししもと)、太子町の小路(しょうじ)、千早赤阪村の矢倉など。

・ 芥川(あくたがわ)

・ 鴻池(こうのいけ): 江戸時代の大坂を代表する豪商の名字。戦国武将の山中鹿之助の子孫。鹿之助の二男の信六が摂津国川辺郡鴻池(兵庫県宝塚市長尾町)に住んで鴻池氏を称し、清酒造りを始めたのが祖。後に大坂に転じ、新六(信六?)の八男の正成のときに豪商となって、本家は代々善右衛門を称した。

・ 鳥取(とっとり): 垂仁天皇の時代に置かれた部民の一つで、鳥を獲って大王(天皇)に献上したり、飼育したりする鳥取部(ととりべ)に由来する。和泉国には、日根郡鳥取荘(大阪府阪南市鳥取)という地名もあり、鳥取荘の地頭を務めた鳥取氏がいた。現在も大阪府南部に多く見られる他、香川県などにも多い。

・ 能勢(のせ)

・ 紺掻(こんがき)

・ 音揃(おんぞろ)


■ 1位: 田中(たなか): 大阪府の田中家

■ 2位: 山本(やまもと): 大阪府の山本家

■ 3位: 中村(なかむら)

■ 4位: 吉田(よしだ)

■ 5位: 松本(まつもと)

■ 6位: 井上(いのうえ)

■ 7位: 山田(やまだ)

■ 8位: 山口(やまぐち): 大阪府の山口家

■ 9位: 高橋(たかはし): 大阪府の高橋家

■ 10位: 小林(こばやし)

■ 11位: 林(はやし)

■ 12位: 佐藤(さとう)

■ 13位: 木村(きむら)

■ 14位: 橋本(はしもと)

■ 15位: 前田(まえだ)

■ 16位: 山下(やました)

■ 17位: 森(もり)

■ 18位: 渡辺(わたなべ): 大阪府の渡辺家

■ 19位: 伊藤(いとう)

■ 20位: 西村(にしむら)


■ 青木(あおき): 大阪府の青木家

■ 池原(いけはら): 大阪府の池原家
# 沖縄県に多い名字だが、富山県や大阪府にも多く見られる。

■ 池山(いけやま): 大阪府の池山家

■ 稲束(いなつか): 大阪府の稲束家: 摂津国池田(大阪府池田市)の豪商。

■ 稲葉(いなば): 大阪府の稲葉家

■ 今泉(いまいずみ): 大阪府の今泉家

■ 今西(いまにし): 大阪府の今西家

■ 植田(うえだ): 大阪府の植田家

■ 大林(おおばやし): 大阪府の大林家: 大林組の創業家。河内国の出で、大坂・靫(うつぼ)永代浜で大和屋を号し、淀川過書船の元締めを務めた林家の三男の徳七が、幕末に独立して一家を興し、大和屋の「大」と、名字の「林」を組み合わせて「大林」を名乗り、「大徳」と号して乾物問屋を創業したのが祖。明治維新後、大徳は人手に渡ったが、その三男の芳五郎が1892年に建設業を創業、1902年に大林組となった。【出典

■ 岡部(おかべ): 大阪府の岡部家

■ 岡村(おかむら): 大阪府の岡村家

■ 奥(おく): 大阪府の奥家

■ 奥野(おくの): 大阪府の奥野家

■ 小野(おの): 大阪府の小野家

■ 甲斐荘(かいのしょう): 大阪府の甲斐荘家

■ 梶(かじ): 大阪府の梶家: 西国街道の郡山宿(大阪府茨木市)で本陣を努めた。 
# 全国に分布する。

■ 要(かなめ): 大阪府の要家

■ 唐金(からかね): 大阪府の唐金家: 和泉国日根郡佐野(大阪府泉佐野市)の豪商で橘屋を号した。稼いだ金をまとめて金銀の大ひしゃくですくったので唐金屋と呼ばれた。佐野(大阪府泉佐野市)を本拠とし、江戸時代には廻船業を営んだ。

・ 和泉国佐野(大阪府泉佐野市)の豪商。橘屋を号した廻船問屋で、神通丸という3700石の、当時日本一の大型船を所有していた。紀州藩の三代藩主の徳川綱教が参勤交代の途中に唐金屋に立ち寄ったところ、たちどころに300人の供に冷や飯が出されたため、以後「食」と呼ばれるようになったという。また一統で稼いだ金銀をまとめて唐金の大杓子ですくったために唐金屋と呼ばれたという。江戸時代には、助次郎家、庄五郎家、衛門左家、喜右衛門家などがあり、衛門左家は5代六郎兵衛の時に藩主にお目見えをはたし、食野家とならぶ豪商となった。【出典

■ 北田(きただ): 大阪府の北田家: 摂津国交野郡私部(大阪府交野市)の旧家で、北畠顕家の子孫という。江戸時代には庄屋をつとめた。

■ 日下(くさか): 大阪府の日下家

■ 楠本(くすもと): 大阪府の楠本家

■ 鴻池(こうのいけ): 大阪府の鴻池家: 江戸時代の豪商。もとは、出雲の尼子家の家臣で、中山鹿之介の子の幸元が酒造業をはじめて成功した。明治維新後には男爵。 

・ 江戸時代を代表する豪商。尼子氏に仕えた戦国時代の武将の山中鹿之助の子孫。鹿之助の二男の信六幸元が摂津国川辺郡鴻池(兵庫県伊丹市鴻池)に住んで鴻池氏を称し、清酒造りを始めたのが祖。元和年間に大坂に進出、大坂店を開いて豪商となり、以後実質的に本家となった。代々善右衛門を称し、二代の之宗のときに今橋(大阪府中央区今橋)に転じて、以後本邸とした。三代宗利は酒造業、海運業を廃して両替商のみとし、1707年には河内国若江郡に鴻池新田を開発した。明治時代には男爵。【出典

■ 小谷(こたに): 大阪府の小谷(こたに)家

■ 小西(こにし): 大阪府の小西家

■ 坂上(さかのうえ): 大阪府の坂上家

■ 塩野(しおの): 大阪府の塩野家

■ 清水(しみず): 大阪府の清水家

■ 末吉(すえよし): 大阪府の末吉家: 摂津国住吉郡平野郷(大阪府大阪市平野区)の旧家で豪商。この地は、坂上田村麻呂の末裔が開発した土地で、一族は七家にわかれ、末吉家はその一つ。【出典】  

・ 摂津国住吉郡平野郷(大阪府大阪市平野区)の旧家。平野郷は坂上田村麻呂の子の広野麻呂の末裔が土着して開発したもので、その一族が七家に分かれて七名家と呼ばれていた。末吉家は七名家の一つで当初は野堂に住んでいたことから野堂氏を称し、増利のときに祖の野堂末吉の名から名字を末吉に改めた。室町時代には租税の徴収を請け負う他、豪商としても活躍した。戦国時代末期に、東末吉・西末吉・平野の三家に分裂、豊臣秀吉政権下では東末吉家は廻船業に乗り出した。一方、西末吉家は徳川家康に近づき、1601年に末吉勘兵衛は後藤光次と共に銀座差配となった。大坂の陣後は、河内国志紀・河内両郡の代官となり、以後代々世襲した。【出典

■ 住友(すみとも): 大阪府の住友家

■ 銭高(ぜにだか): 大阪府の銭高家: 銭高組の創業家。江戸時代には和泉国日根郡尾崎村(大阪府岬町)で番匠屋を号して宮大工の棟梁を務めていた。幕末に淡輪村の四至本家から弟子入りした善造は、瞬く間に頭角をあらわして養子として銭高家に迎えられと、1884年に家出同然で東京に出て修業、大倉財閥の祖の大倉喜八郎の知遇を得た。1886年末に故郷に戻ると、翌年に大倉喜八郎らを発起人として、大阪市に銭高組を創業。以後、大倉喜八郎の肝入りもあって大阪で次々と事業を拡大した。【出典

■ 高木(たかぎ): 大阪府の高木家

■ 武田(たけだ): 大阪府の武田家

■ 田辺(たなべ): 大阪府の田辺家

■ 津森(つもり): 大阪府の津森家: 住吉大社の神職。古代豪族の出で、天照大神の孫の火明命(ほあかりのみこと)の子孫を称す。

■ 津守(つもり): 大阪府の津守家

■ 寺田(てらだ): 大阪府の寺田家

■ 寺島(てらしま): 大阪府の寺島(てらじま)家

■ 中(なか): 大阪府の中家: 和泉国日根郡五門村(大阪府泉南郡熊取町五門)の旧家。元は武士だが江戸時代帰農して大庄屋を務めた。 

■ 永井(ながい): 大阪府の永井家

■ 新川(にいがわ): 大阪府の新川家: 和泉国日根郡佐野(大阪府泉佐野市)の旧家で、醸造家。 

■ 西田(にしだ): 大阪府の西田家

■ 能勢(のせ): 大阪府の能勢家

■ 畠山(はたけやま): 大阪府の畠山家

■ 日置(ひき): 大阪府の日置家

■ 広海(ひろみ): 大阪府の広海家: 和泉国南郡貝塚寺内(大阪府貝塚市)の豪商。 

・ 和泉国貝塚湊(大阪府貝塚市)の米穀肥料商の豪商。元は、明瀬長右衛門と称した貝塚の有力町人。摂津鳴尾の豪商の辰馬家から養子となった初代惣太郎が諸色問屋の株を受け継ぎ、1835年に廻船問屋として創業、広海家を称した。当初は主に米穀を取扱い、次第に肥料取引に重心を移した。二代・三代共に辰馬家からの婿養子で、辰馬家と深い関係があった。明治維新後も肥料商として活躍、四代目惣太郎は茶人としても知られる。【出典

■ 降井(ふるい): 大阪府の降井家: 和泉国日根郡大久保村(大阪府泉南郡熊取町大久保)の旧家。もとは武士だが、豊臣秀吉の紀州攻めに破れ、帰農した。 

■ 北条(ほうじょう): 大阪府の北条家

■ 松浦(まつうら): 大阪府の松浦家

■ 松村(まつむら): 大阪府の松村家

■ 水走(みずはや): 大阪府の水走家: 河内国の一の宮の枚岡神社(大阪府東大阪市)の神職。「みずはい」家ともいう。河内国河内郡水走荘(大阪府東大阪市水走)をルーツとする。中臣氏の同族の古代豪速の平岡氏の子孫で、この地を開発し水走氏を称した。  

■ 食野(めしの): 大阪府の食野家

■ 矢倉(やぐら): 大阪府の矢倉家

■ 安井(やすい): 大阪府の安井家

■ 山沢(やまざわ): 大阪府の山沢家

■ 山添(やまぞえ): 大阪府の山添家: 河内国交野郡寺村(大阪府交野市寺)の旧家。

■ 山村(やまむら): 大阪府の山村家

■ 吉村(よしむら): 大阪府の吉村家

■ 脇田(わきた): 大阪府の脇田家


■ 大阪府の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 大阪府の名字の読みの特徴

統計表示