「小松」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「か」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小松(こまつ)

【2018/10/02:改編】

# 104位

# 清和源氏桓武平氏藤原氏などに見られる。

# 沖縄を除いて全国に分布するが、特に高知県、秋田県、長野県などに多くみられる。

# 全国順位(森岡浩ランキング): 107位
# 全国密度順位(森岡浩ランキング): 高知県 > 秋田県 > 長野県
# 全国人口順位(森岡浩ランキング): 高知県 > 長野県 > 秋田県

# 102位: 代表家紋: 「丸に立ち梶の葉紋」「竹輪に一文字紋」「丸に揚羽蝶紋」「丸に花菱紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 高知県安芸市の6分の1が「小松」姓と言われる。 

# 出羽の小松氏は出羽国置賜郡小松村(山形県東置賜郡川西町)をルーツとする。古代豪族安倍氏(安倍貞任)の末裔と言われる。

# 土佐小松氏は「小松殿」と言われた重盛の子孫と言われる。平清盛の長男の重盛の子孫と言われている名字で、屋島の合戦の後、重盛の子が土佐国安芸郡(高知県)に逃れて、そこで名乗ったのが始まりとされる。

# 小松:「立派な松の木の麓(そば)」を意味し、「小」は美称。【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 高知県の小松家: 土佐国安芸郡(高知県安芸市)を本拠とし、桓武平氏の嫡流。平重盛の子の維盛の子孫を称す。【出典

# 鹿児島県の小松家: 薩摩藩家老桓武平氏の出。小松帯刀の家紋

# 俳優の小松方正は長野県松本市の出身。作家の小松左京は大阪府の出身だが先祖は徳島県から千葉県に移り住んだ漁師の一族との話しも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示