新潟県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 新潟県の県名の由来 ・ 新潟県の難読地名・珍地名 ・ 新潟県の地名集

★ 新潟県の名字の特徴

# 地域的には北陸?だが、名字の傾向は東北地方に似ている。
※ 新潟の知人曰く、「新潟は北陸じゃないぞ、、、。」。ちなみに、電気は東北電力管内だね。【カメレオン新潟

# 新潟の特徴としては、「金子」や「本間」が多い。

# ベスト10に「長谷川」と「五十嵐」が入るのが特徴。長谷川のルーツは奈良県の「初瀬川」で、周辺の武士団が新潟に移住して「長谷川」を名乗った。「五十嵐」は三条市下田村ルーツで、第11代垂仁天皇の末裔と言われる。一般的には「いがらし」と読むが、本来は「いからし」と読む。

# 「渡部」は全国的には「わたなべ」と読むが新潟では「わたべ」と読むことが多い。

# 「上村」は新潟と熊本に多い名字。新潟では「かみむら」だが熊本では「うえむら」と読む。

# 「小柳」も全国的には「こやなぎ」だが、新潟県では「おやなぎ」と読むことも多い。
※ 新潟県の知り合いに聞いたら、やはり「渡部→わたべ」「上村→かみむら」「小柳→おやなぎ」と読むそうです。

# 「斉藤」は西日本の名字だが、新潟県では、斎藤よりも斉藤が多い。

# 諸橋は新潟県らしい名字。

# 関川は新潟県らしい名字。

【新潟県らしい名字】

# 新潟らしい名字には「風間」「熊倉」「庭野」「山際」「笹川」「新保」「霜鳥」。

・ 新潟県特有の名字集

■ 新潟県の特徴的名字: 関川、笹川、塚田、石黒、本間、小熊、丸田、田巻、風間、五十嵐。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤(さとう): 新潟県の佐藤家

■ 2位: 渡辺(わたなべ): 新潟県の渡辺家

■ 3位: 小林(こばやし、おばやし): 新潟県の小林家

■ 4位: 高橋(たかはし)(4%超): 新潟県の高橋家

■ 5位: 鈴木(すずき): 新潟県の鈴木家

■ 6位: 斉藤(さいとう)

■ 7位: 阿部(あべ): 新潟県の阿部家

■ 8位: 長谷川(はせがわ): 新潟県の長谷川家

■ 9位: 山田(やまだ、ようだ): 新潟県の山田家

■ 10位: 五十嵐(いがらし): 新潟県の五十嵐家

■ 11位: 田中(たなか): 新潟県の田中家

■ 12位: 伊藤(いとう): 新潟県の伊藤家

■ 13位: 本間(ほんま): 新潟県の本間家

■ 14位: 丸山(まるやま)

■ 15位: 中村(なかむら): 新潟県の中村家

■ 16位: 加藤(かとう): 新潟県の加藤家

■ 17位: 吉田(よしだ): 新潟県の吉田家

■ 18位: 金子(かねこ): 新潟県の金子家

■ 19位: 山崎(やまざき・やまさき): 新潟県の山崎家

■ 20位: 池田(いけだ): 新潟県の池田家

■ 23位: 山本(やまもと): 新潟県の山本家

■ 25位: 清水(しみず、きよみず): 新潟県の清水家

■ 26位: 今井(いまい): 新潟県の今井家

■ 27位: 高野(たかの): 新潟県の高野家
# 地形姓で、関東地方から北陸地方にかけて多く見られ、特に茨城県や新潟県に多い。
# 県内では、佐渡市と長岡市から南魚沼市にかけてに多く見られる。

■ 28位: 遠藤(えんどう): 新潟県の遠藤家
# 東日本の名字で東北地方南部に多く見られ、特に福島県と山形県の県境付近に多い。【出典: 決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】
# 中越地方や下越地方に多く見られ、特に三島郡出雲崎町に多い。【出典: 決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】

■ 29位: 小川(おがわ): 新潟県の小川家
# 関東、東海、山陽地方に多く、東北、四国に少ない。【出典: 決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】
# 近江国神埼郡小川(滋賀県東近江市)をルーツとし、豊臣秀吉の時代に伊予国府中で7万石の大名。
# 中越地方に多く見られ、特に長岡市(旧山古志村)にまとまって見られる。【出典: 決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】

■ 30位: 斎藤(さいとう): 新潟県の斎藤家
# 上越と下越に多く見られる。上越では斉藤が多く、下越では斉藤と斎藤が混合している。【出典: 決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】

■ 31位: 樋口(ひぐち): 新潟県の樋口家
# 新潟県、福岡県、佐賀県、三重県、山梨県に多く見られる。
# 新潟県内では魚沼地方に多く、中魚沼郡の旧中里村(十日町市)では8%以上を占めた。【出典: 決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】

■ 32位: 坂井(さかい): 新潟県の坂井家
# 三条市付近に多く見られ、長岡市から魚沼地方にかけて多く見られる。【出典: 決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】


■ 青山(あおやま): 新潟県の青山家

■ 板垣(いたがき): 新潟県の板垣家

■ 稲垣(いながき): 新潟県の稲垣家

■ 大関(おおぜき): 新潟県の大関家

■ 大竹(おおたけ): 新潟県の大竹家

■ 柿崎(かきざき): 新潟県の柿崎家

■ 河井(かわい): 新潟県の河井家

■ 川合(かわい): 新潟県の川合家

■ 近藤(こんどう): 新潟県の近藤家

■ 榊原(さかきばら): 新潟県の榊原家

■ 坂口(さかぐち): 新潟県の坂口家

■ 城(じょう、しろ): 新潟県の城家

■ 須貝(すがい): 新潟県の須貝家

■ 玉木(たまき): 新潟県の玉木家

■ 田村(たむら): 新潟県の田村家

■ 塚田(つかだ): 新潟県の塚田氏

■ 直江(なおえ): 新潟県の直江家

■ 長尾(ながお): 新潟県の長尾家

■ 中根(なかね): 新潟県の中根家

■ 新野(にいの): 新潟県の新野家

■ 西脇(にしわき): 新潟県の西脇家

■ 莅戸(のぞきど): 新潟県の莅戸家

■ 速水(はやみ): 新潟県の速水家

■ 古田(ふるた): 新潟県の古田家

■ 保地(ほじ): 新潟県の保地家

■ 星野(ほしの): 新潟県の星野家

■ 細野(ほその): 新潟県の細野家

■ 堀(ほり): 新潟県の堀家

■ 前島(まえじま): 新潟県の前島家

■ 牧野(まきの): 新潟県の牧野家

■ 松平(まつだいら): 新潟県の松平家

■ 真野(まの、まや): 新潟県の真野家

■ 溝口(みぞぐち): 新潟県の溝口家

■ 目黒(めぐろ): 新潟県の目黒家: 武蔵国荏原郡目黒(東京都目黒区)をルーツとし、武蔵七党の児玉党の出。会津の蘆名家に仕えた目黒家は天正18年(1590年)に蘆名家を離れ、魚沼の広瀬郷で帰農した。【出典:決定版 新潟県の名字 森岡浩著 新潟新報事業社】

■ 諸橋(もろはし): 新潟県の諸橋家

■ 安井(やすい): 新潟県の安井家

■ 山岸(やまぎし): 新潟県の山岸家

■ 山際 (やまぎわ): 新潟県の山際家

■ 吉沢(よしざわ): 新潟県の吉沢家: 長岡市の旧家で大地主。

■ 若林(わかばやし): 新潟県の若林家: 越後の村上藩の重臣。


■ 新潟県の地名をルーツとする名字

■ 北陸地方の名字の特徴

■ 新潟県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示