その他のな行の名字
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 内記(ないき)

【2020/08/05:新載】

# 東日本各地に分布し、岩手県や富山県に多い。【出典

■ 中泉(なかいずみ)

【2019/10/05:新載】

# 茨城県と秋田県に多く見られ、つくば市周辺と秋田市周辺にまとまってみられる。【出典

■ 仲井真(なかいま)

【2022/01/27:新載】

# 沖縄県の名字。真和志間切仲井真村(那覇市)をルーツとし、現在も那覇市周辺に多く見られる。【出典

■ 永木(ながき)

【2020/09/05:新載】

# 愛媛県や茨城県に多く見られる。【出典

■ 永作(ながさく)

【2022/11/04:新載】

# 茨城県に多く見られる。行方郡麻生町にまとまってみられ、4位。【出典

■ 長洲(ながす)

【2022/11/05:新載】

# 茨城県の名字。水戸市と東茨城郡茨城町にまとまってみられる。【出典

■ 中須賀(なかすが)

【2022/01/27:新載】

# 瀬戸内海沿岸に多く見られる。とくに愛媛県松山市付近と、広島県の安芸地方に多く見られる。伊予国風早郡中須賀村(愛媛県北条市)をルーツとするか。【出典

■ 中津野(なかつの)

【2022/01/27:新載】

# 鹿児島県の名字。大隅国始羅郡帖佐郷中津野(鹿児島県姶良郡姶良町)をルーツとするか。【出典

■ 長堂(ながどう)

【2021/06/09:新載】

# 沖縄県の名字。豊見城間切長堂村(沖縄県豊見城市)をルーツとする。那覇市から宜野湾市にかけて多く見られる。【出典

■ 中野渡(なかのわたり)

【2022/01/28:新載】

# 青森県東部の名字。特に十和田市に多くみられ、2位。【出典

■ 中三川(なかみがわ)

【2020/08/05:新載】

# 栃木県の名字。中三川町の地名をルーツとする。上三川町や真岡市に多い。【出典

■ 長峯(ながみね)

【2020/04/13:新載】

# 長峰と同じ意味で、全国に広くみられ、福島県に多い。【出典

■ 長峰(ながみね)

【2020/04/13:新載】

# 関東地方以北と、九州東部にまとまってみられる。特に茨城県に多く、鉾田市にまとまってみられる。【出典

■  中谷内(なかやち)

【2020/05/30:新載】

# 富山県西部から石川県にかけての名字で、特に能登地方に多い。【出典

■ 凪(なぎ) 

【2021/09/13:新載】

# 兵庫県の名字。淡路島北部の津名郡北淡町ではトップ10に入る。ここから、対岸の明石市や神戸市西部に分布する。【出典

■ 今帰仁(なきじん) 

【2021/09/13:新載】

# 沖縄県の名字。琉球王家の尚氏の分家。尚育の三男の朝敷が明治12年に一家を興し、今帰仁氏を称した。明治23年には男爵。【出典

■ 奈胡(なこ) 

【2021/09/13:新載】

# 甲斐国巨摩郡奈胡(山梨県中巨摩郡甲西町)をルーツとする。清和源氏の出。源清光の子の義行が奈胡氏を称した。【出典

■ 名護(なご) 

【2021/09/13:新載】

# 沖縄県の名字。名護間切名護村(沖縄県名護市)をルーツとする。現在は具志川市周辺に多く見られる。【出典

■ 那須田(なすだ)

【2022/01/28:新載】

# 静岡県西部の名字。浜松市と浜名郡舞阪町にまとまってみられる。【出典

■ 那須野(なすの)

【2022/01/28:新載】

# 長野県を中心に静岡県・新潟県にまとまってみられる。長野県上伊那郡飯島町では上位10位以内。【出典

■ 七島(ななしま)

【2020/09/05:新載】

# 青森県、福島県、関東地方、佐賀県などにみられる。

■ 七海(ななみ)

【2019/10/05:新載】

# 福島県の名字で、郡山市にまとまってみられる。【出典

■ 行木(なめき)

【2021/03/05:新載】

# 千葉県の名字。山武郡一帯に分布し、特に東金市や山武郡九十九里町にまとまってみられる。【出典

■ 成川(なりかわ)

【2020/11/11:新載】

# 沖縄県と九州以外に広く分布する。特に和歌山県北部に多く、有田市に多い。【出典

■ 鳴川(なるかわ)

【2019/08/07:新載】

# 大阪府、岡山県、広島県、熊本県などにみられる。

■ 南郷谷(なんごうや)

【2021/06/26:新載】

# 石川県や大阪府にわずかにみられる。

■ 二川(にかわ)

【2020/06/20:新載】

# 北海道、茨城県、香川県などを中心に広く見られる。

■ 仁川(にかわ)

【2020/06/20:新載】

# 岐阜県多治見市を中心にわずかにみられる。

■ 荷川取(にかわどり)

【2022/01/29:新載】

# 沖縄県の名字。宮古島の平良間切荷川村(沖縄県平良市)発祥で、現在も宮古島や石垣島に多く見られる。【出典

■ 肉丸(にくまる)

【2021/06/09:新載】

# 大分県宇佐市と長崎市の周辺に見られる。【出典

■ 西久保(にしくぼ)

【2022/01/29:新載】

# 関東地方・関西地方・九州地方北部などに見られる。とくに奈良市周辺と佐賀市周辺に多く見られる。【出典

■ 西里(にしざと)

【2020/08/05:新載】

# 沖縄県に多く見られ、石垣島や宮古島に多い。また、熊本市や北海道の南部にも多い。【出典

■ 西之園(にしのその)

【2022/01/29:新載】

# 鹿児島県の名字。方位姓で、県内各地に見られるが、とくに肝属郡高山町などに多く見られる。【出典

■ 仁田脇(にたわき)

【2022/01/31:新載】

# 宮崎県の名字で、宮崎市にまとまってみられる。菊池氏の末裔とも伝え、江戸時代には庄屋などを務めた仁田脇氏がいた。【出典

■ 二ノ戸(にのへ)

【2020/08/01:新載】

# 山形県の名字で、全国のほとんどは山形県にみられ、山形市にまとまってみられる。

■ 二之湯(にのゆ)

【2019/10/16:新載】

# 三重県北部から愛知県の尾張地方に多く見られる。【出典

■ 糠塚(ぬかつか、ぬかづか)

【2021/06/09:新載】

# 比較的全国に点在する。

■ 布(ぬの)

【2022/01/31:新載】

# 高知県の幡多地方から愛媛県の南予地方に多く見られる。土佐国幡多郡布村(高知県土佐清水市布)をルーツとするか。【出典

■ 沼(ぬま)

【2022/01/31:新載】

# 地形姓で、全国にまんべんなく見られる。【出典

■ 沼袋(ぬまぶくろ)

【2021/03/11:新載】

# 岩手県の名字。陸奥国閉伊郡沼袋村(岩手県下閉伊郡田野畑村)をルーツとする。久慈市にまとまってみられる。【出典

# 「沼袋」の地名

■ 塗(ぬり)

【2022/11/05:新載

# 各地に見られるが、とくに宮城県塩竈市に多く見られる。【出典

■ 根方(ねかた)

【2020/10/05:新載】

# 静岡県を中心にわずかにみられる。

■ 根井(ねのい、ねい)

【2022/08/01:改編】

# 全国の約3割が宮崎県にみられ、そのほとんどは宮崎市に見られる。

# 根井(ねい、ねのい): 信濃国佐久郡根々井発祥は滋野氏族望月広重の三世の行親が称した。他流に、信濃国の小笠原氏一族があり羽後国由利郡に下向した系がある。代表家紋は「沢瀉紋」「七曜紋」「三階菱紋」。【出典

■ 野亀(のがめ)

【2019/03/16:新載】

# 岡山県の名字で、美作市にわずかにまとまってみられる。

■ 熨斗(のし)

【2022/11/04:新載】

# 奈良県と大阪府の名字。とくに奈良県葛城市の旧當麻町内にまとまってみられる。【出典

■ 野路(のじ)

【2020/11/11:新載】

# 栃木県の名字で、鹿沼市にみられる。

■ 野末(のずえ)

【2019/10/05:新載】

# 静岡県西部から愛知県の三河地方にかけての名字で、浜松市にまとまってみられる。【出典

# 遠江国引佐郡伊平村(引佐町)の住人で、井伊谷三人衆の鈴木三郎大夫の弟の出雲守に仕えた野末角左衛門がいた。1571年に武田軍の遠江攻略のときに武功をあらわし、下都田村(浜松市)の芝切七人の一人。【出典

# 静岡県内の「野末」の名字の詳細

■ 野田口(のだぐち)

【2022/11/04:新載】

# 岩手県の名字で、普代村に多く見られる。【出典

■ 野玉(のだま)

【2019/03/16:新載】

# 滋賀県の名字で、守山市や大津市など、湖南地区にわずかにみられる。

■ 能都(のと、のうと)

【2020/11/11:新載】

# 大分県大分市を中心にわずかにみられる。

# 能都(のと): 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新(旧能都町)。

■ 能登谷(のとや)

【2022/01/31:新載】

# 秋田県から青森県にかけての名字で、特に秋田市と青森市に多く見られる。能登屋の屋号から転訛した名字。【出典

■ 野並(のなみ)

【2019/09/21:新載】

# 高知県の名字で、四万十市や幡多郡黒潮町にまとまってみられる。

■ 野々山(ののやま)

【2022/01/31:新載】

# 旗本の野々山家は、島津氏の支流というが不詳。三河国発祥か。政兼が松平広忠に仕え、三河牛田城に拠った。江戸時代には旗本。【出典

■ 登(のぼり、のぼる)

【2020/06/20:新載】

# 西日本に広く分布し、特に淡路島や奄美大島に多い。また東京では「のぼる」とも読む。【出典

■ 野間口(のまぐち)

【2021/03/01:新載】

# 九州の姓で福岡県と鹿児島県に多い。福岡県では筑後地方に多く、鹿児島県では鹿児島市から姶良郡にかけて多い。【出典

■ 乗本(のりもと)

【2022/06/11:新載】

# 鳥取県、大阪府、岡山県などにまとまって見られる。

■ 野呂瀬(のろせ)

【2022/01/31:新載】

# 山梨県に多く見られる。とくに甲府市から中巨摩郡にかけてまとまってみられる。【出典

■ 野呂田(のろた)

【2022/01/31:新載】

# 秋田県の名字。秋田市から能代市にかけてにまとまってみられる。特に、能代市や山本郡山本町に多く見られる。【出典

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示