「井伊・伊井」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 井伊(いい)

【2019/01/30:改編】

# 代表家紋

# 愛媛県や東海地方に多くみられ、特に愛媛県宇和島市や愛知県小牧市に多くみられる。

# 本来は「井(い)」だったが、読みづらいので「いー」と伸ばして「井伊」の字をあてた。【日本人なら知っておきたい 家紋と名家のいわれ 大野敏明 実業之日本社】

# 遠江国引佐郡井伊谷(静岡県浜松市北区引佐町)をルーツとする。

# 藤原北家の共保(ともやす)が井伊谷(いいのや)に住んで井伊を称した。

# 徳川譜代の井伊家は遠江の豪族で浜松の北の井伊谷(いいのや)の出で藤原冬嗣の子孫と言われる。今川家に仕え、後に徳川家に仕えた。

# 藤原冬嗣の7代後裔の共資が遠江国に土着し、この共資が井伊谷の八幡宮御手洗井戸に捨てられていた赤ん坊をもらい受けて養子とし、これが井伊家の始祖の共保(ともやす)。【井伊直虎と謎の超名門「井伊家」  八幡和郎・八幡衣代】

# 滋賀県の井伊家: 彦根藩主遠江国引佐郡井伊谷(静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)をルーツとし、藤原北家の出。【家紋:丸に橘】明治維新後には伯爵井伊直弼の家紋

・ 藤原冬嗣の子孫で、南北朝時代には南朝に属し、その後今今川家に仕えた。井伊直政徳川家康に仕え徳川四天王の一人となった。徳川家康の関東入国に際し、上野国箕輪城(高崎)12万石。関ヶ原の戦いの後には近江国佐和山18万石。後に近江国彦根35万石。

・ 彦根の井伊家は、遠江の出、今川家の家臣だった。また、武田の旧臣を多く召し抱えた。上州高崎で12万石に出世したときに召し抱えた彦根藩士の出身地は1000石以上では、遠江・甲斐が4人、三河と上野が3人、近江が2人、伊賀と山城が1人。

・ 彦根藩主遠江国井伊谷(静岡県浜松市)の出で、藤原北家。平安時代には遠江国在庁官人を務めた。戦国時代には今川家に追われ、井伊直政徳川家康に仕えて井伊家を再興した。【出典】  

# 寛政重修諸家譜: 江戸幕府が各大名にその由緒を提出させてまとめたもので、寛政重修諸家譜では井伊家藤原北家良門流とある。【井伊直虎と謎の超名門「井伊家」  八幡和郎・八幡衣代】

■ 伊井(いい)

【2014/06/02:新載】

# 四国地方北陸地方東海地方に多くみられる。

# 「井伊」と分布が似ており、「井伊」から転じたものもあるとも言われる。


# 「井伊」「伊井」の地名

# 「井伊」「伊井」の消えた地名

# 「おんな城主 直虎」にみる名字と地名

# 井伊家の雑学

# 井伊家

# 井伊直弼 ・ 井伊直政

# 彦根藩 ・ 与板藩

# 国衆(国人)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示