「桐生」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 桐生(きりう、きりゅう)

【2021/12/20:改編】

# 上野国山田郡桐生発祥で、藤原北家秀郷流で藤原文行の弟の兼光の後裔。その後、佐野氏族から養子を迎えたが、代々桐生城主で上州八家の一家。代表家紋は「桐紋」「三つ巴紋」。【出典】【家紋のデータ】 

# 群馬県の桐生家: 上野国山田郡桐生(群馬県桐生市)をルーツとする。【出典】  

# 上野国山田郡の武士に二つの桐生氏があった。一つは藤姓足利氏(将軍家とは別流)の足利俊綱の郎党であった桐生六郎を祖とし、十二世紀末に、主人俊綱が平氏に通じた際に、俊綱を討って御家人となろうとしたが、源頼朝に不忠として断罪された。その後、下野国の佐野氏の一族という桐生又六郎行阿入道国綱が1350年に柄杓山城を築いて桐生氏を称した。戦国時代には東毛地区に大きな勢力を持ち、1560年に上杉謙信が関東に侵攻すると、助綱は謙信に従っている。助綱には子がなかったため、佐野昌綱の五男の親綱を養子に迎えたが、城内が不和となり、これに乗じた由良成繁に敗れて落城、佐野に逃れたものの死去したため滅亡した。【出典

# 現在は新潟県に多く見られ、群馬県内では富岡市と伊勢崎市に多く見られる。【出典

# 「桐生」の地名

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示