「榊原」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「さ」行の名字
「原」のつく名字  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 榊原(さかきばら)

【2017/02/10:改編】

# 351位

# 清和源氏足利氏流、藤原氏などに見られる。

# 代表家紋

# 愛知県と静岡県に集中して多い。特に知多湾周辺(半田市、知多郡武豊町)に多く見られる。

# 愛知県:28位、三重県:393位、宮城県:407位、〜山形県:672位。

# 伊勢国壱志郡榊原村(三重県津市久居)をルーツとする清和源氏足利氏流。室町時代に仁木利長が榊原に住んで名乗った。孫の清長の時代に三河国に移住し松平家徳川家)に仕えた。江戸時代では上野国館林10万石から越後高田15万石へ。榊原康政の家紋

# 「榊」は、神木として神に供せられる常緑樹の総称で、「原」は原っぱで広い土地を意味する。

# 新潟県の榊原家

# 静岡県の榊原家

# 女優の榊原るみは東京都渋谷区の出身。歌手の榊原郁恵は神奈川県川崎市の出身。俳優の榊原利彦は神奈川県横浜市の出身。プロ野球の榊原諒は愛知県高浜市の出身。

# 三河国羽栗村(愛知県岡崎市羽栗町)に拠った榊原家は、徳川四天王の榊原康政とは別流。「寛政譜」によると、藤原秀郷の子孫の佐藤基重が伊勢国壱志郡榊原(三重県津市)に住んで榊原氏を称した。その子孫の経定が三河国額田郡山中郷に転じ、松平親氏に仕え、経定の子の榊原利経が安城松平家に仕えた。【徳川家臣団の謎  菊地浩之 角川選書】

■ 榊原政岑(まさみね)

■ 榊原家

■ 高田藩主

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示