同音異表記の名字集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 名字と地名の漢字読み
古語はおもしろい  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 読みから考える名字と地名

■ あいかわ: 愛川 ・ 相川 ・ 合川 ・ 哀川。

■ あいそ: 愛祖 ・ 相蘇 ・ 相磯

■ あおき: 青木 ・ 大木 ・ 慳據 Α\勅 ・ 葵木 ・ 仰木 ・ 青黄 ・ 青鬼 ・ 青城 ・ 蒼樹 ・ 蒼輝。

■ あかり: 亜厂 ・ 亜雁 ・ 赤理

■ あきば: 秋葉 ・ 秋場

■ あきま: 飽間 ・ 秋間

■ あくつ: 湿地や荒れ地を意味する。阿久津 ・  ・ 安久津 ・ 飽津。「明智(あけち)」は「あくつ」と同じで湿地や荒れ地を意味する。「悪土」「悪地」→「明地」「明知」「明智」に転じた。

■ あさか: 浅賀 ・ 朝賀 ・ 朝香 ・ 浅加 ・ 浅香

■ あさはら: 浅原 ・ 朝原

■ あさり: 浅利 ・ 浅里

■ おだい: 小田井 ・ 尾台

■ あだち: 安達 ・ 阿達

■ あつみ(あずみ): 安曇 ・ 阿曇 ・ 厚見 ・ 厚海 ・ 厚見 ・ 羹見 ・ 渥美 ・ 渥味 ・ 安積 ・ 熱見 ・ 安積

■ あべ: 阿部・阿倍・安倍・安部 ・ 阿閉 ・ 阿邊 ・ 阿邉 ・ 阿辺 ・ 安陪 ・ 安邊 ・ 安邉 ・ 安辺。
・ 「あべ」の語源は「饗(あえ)る」。天皇家の食事を司る職業部が明治になった。また、「あべ」の名字は東北地方に多く見られるが、アイヌ語の「ape(火)」などが転じたという説もある。【出典
・ 危辺(あべ)から安辺(あべ)に。あべとは、崩れたり、洪水地帯を示す。 

■ あらい: 新井 ・ 新居 ・ 荒井 ・ 荒居 ・ 表井 ・ 新位 ・ 新伊 ・ 洗 ・ 洗井 ・ 阿良井。

■ ありた: 和歌山県有田は昔は在田と書いた。木(紀)の国在田郷。有田の語源、荒田、墾(はり)田、有田。有田は弘法大師の伝説による。

■ あんざい: 安斎 ・ 安齋 ・ 安齊 ・ 安斉 ・ 安西 ・ 安在 ・ 安才 ・ 安済 ・ 安細 ・ 安財。

■ いちかわ: 市川 ・ 市河 ・ 一河。その国や郷を流れる第一の河のこと。二河(二つの河の合流)、三河(三つの河の合流)もある。

■ いで:  ・ 井出 ・ 出手 ・ 井手 ・ 伊出 ・ 伊手 ・ 居出。

■ いとう: 伊藤 ・ 伊東 ・ 以東 ・ 井藤 ・ 井東 ・ 伊島 ・ 伊豆 ・ 井島 ・ 依藤 ・ 居藤 ・ 井登 ・ 伊籐 ・ 位藤 ・ 居藤 ・ 藺藤 ・ 渭東 ・ 位頭 ・ 翫。

■ うきた: 浮田 ・ 宇喜多 ・ 宇喜田
・  浮田秀家→宇喜多秀家
・ 「うきた」で有名なのは児島湖を控えた岡山周辺。
・ 浮気という名字は浮田→浮とし、浮では名字らしくないと浮気にした。

■ うさみ: 宇佐美 ・ 宇佐見 ・ 宇佐神 ・ 宇三美 ・ 卯佐美 ・ 宇佐叩
・ 静岡県伊東市の地名由来(伊豆国田方郡宇佐美)
・ 宇佐美は宇佐見
・ 宇佐美の宇佐は宇沙で砂のこと。みは美称

■ うす: 例えば、渦族の人を「うず・うす」とあだ名で呼んでいた。渡来人は文字を知っていたので、「うす」と呼ばれて、「薄」の字を当てて、自分を「うすい」「すすき」と名乗るようになった。和銅6年の好字令の二字制で「薄井」「鈴木」などの佳字を用いた。

■ うすい: 笛吹 ・ 臼井 ・ 碓井 ・ 碓居 ・ 碓氷 ・ 薄 ・ 薄井 ・ 薄衣 ・ 臼居 ・ 臼射 ・ 雨水 ・ 有水 ・ 宇水 ・ 宇吹 ・ 宇須井。

■ うすき: 臼杵 ・ 薄木 ・ 薄衣

■ うど: 宇戸 ・ 宇土 ・ 宇都

■ うれしの: 嬉野 ・ 宇礼志野

■ えびす: 蛭子 ・ 恵飛須 ・ 胡子 ・ 戎 ・ 夷 ・ 胡 ・ 夷子 ・ 戎子 ・ 蛯子 ・ 恵比寿 ・ 恵比須。

■ えま: 江間 ・ 江馬

■ おおば: 相模国高座郡大庭郷をルーツとする。大庭の「バ」はもともと「庭」のことで、もとは「おおにわ」と呼み、神を祀る特別な広場を意味する。大庭 ・ 大場 ・ 大葉 ・ 大羽 ・ 大波 ・ 男庭など。

■ おがた: 緒方 ・ 小形 ・ 緒形 ・ 小方 ・ 小片 ・ 小潟 ・ 小県 ・ 小縣 ・ 尾形 ・ 尾方 ・ 尾潟 ・ 尾縣 ・ 織方 ・ 於方 ・ 小ヶ田 ・ 小勝田 ・ 小賀田 ・ 雑賀多 ・ 御賀多。

■ おかだ: 岡田 ・ 丘多 ・ 丘田 ・ 岡多 ・ 岡太。

■ おがわ: 小川 ・ 小河 ・ 尾川 ・ 尾河 ・ 緒川 ・ 緒河 ・ 雄川 ・ 苧川。
・ 小川のほとんどは「おがわ」読みだが、小山のほとんどは「こやま」読み。【出典

■ おきつ: 沖津 ・ 興津

■ おじか: 小鹿 ・ 男鹿

■ おだ: 織田 ・ 小田 ・ 尾田 ・ 御田 ・ 緒田 ・ 於田 ・ 押田 ・ 小多 ・ 生田 ・ 折田

■ かきざき: 柿崎 ・ 垣崎 ・ 蠣崎。垣崎の原意は土塀。柿崎は神の宿る木。

■ かけはし: 梯 ・ 掛橋

■ かげやま: 蔭山 ・ 影山 ・ 景山

■ かこ: 加古 ・ 賀古 ・ 加胡

■ かじかわ: 梶川 ・ 家治川

■ かすや: 粕谷 ・ 糟谷 ・ 糟屋

■ かたやま: 片山 ・ 堅山 ・ 喜多山

■ かつまた: 勝俣 ・ 勝間田 ・ 勝又

■ かとう: 加藤 ・ 嘉藤 ・ 加東、加登、加頭、加島、加唐、加当、加統、加籘、加斗、可藤、香東、香藤、嘉東、嘉籘、嘉登、下藤、佳藤、華藤、甲藤、花等、歌藤、歌頭、賀藤、賀東、賀登、鹿頭。

■ かねこ: 金子 ・ 。金児、金兒、金個、金湖、金巨、金香、金籠、金伍、兼子、兼古、兼箇、兼児、兼小、包子。
・ 金親(かねおや、かねちか)の名字もある。【出典

■ かのう: 加納 ・  ・ 嘉納 ・ 神生

■ かぶと:  ・ 加太 ・ 鹿伏菟

■ かわしま: 川島 ・ 革島

■ きくち: 菊地・菊池 ・ 菊知 ・ 菊千 ・ 喜久知 ・ 規矩智。
・ 東北地方に多い「菊地」の名字は、南北朝時代に東北地方に派遣された菊池氏の一族が、戦いに敗れたため「池」を「地」に変えたのが始まりという。「今は破れ農民になったが心はいつまでも「士也(さむらいなり)」という意味から、「士」と「也」を合わせた「地」という字にしたという。【出典

■ きこく: 扣穀・枳穀

■ きとう: 鬼頭 ・ 木藤 ・ 木頭 ・ 奇藤 ・ 鬼藤 ・ 記藤 ・ 来藤 ・ 紀藤 ・ 喜藤 ・ 着藤 ・ 亀頭 ・ 喜頭。

■ きむら: 木村 ・ 木邑 ・ 木邨 ・ 喜村 ・ 喜邑 ・ 記村 ・ 紀村 ・ 貴村 ・ 鬼村 ・ 基村 ・ 樹村 ・ 城村 ・ 季村 ・ 来村 ・ 岐村。
・ 「きむら」の「き」は「紀」と思われる。古代豪族の紀一族が各地にちらばって住み着いた土地が「紀の住む村」ということで、「きむら」になっていろいろな字をあてた。【出典

■ きら: 吉良 ・ 雲英

■ くり: 久里・久利

■ こう:  ・  ・ 国府

■ こうじや: 糀谷 ・ 糀矢

■ こが: 古賀 ・ 古閑 ・ 内古閑。古代語の「空閑(くが)」由来。荒れ地を意味する。古賀とは、平安時代に、荒蕪地を朝廷が接収し、貴族に下賜した土地を空閑と称していた。空閑が古賀に転じたもので古閑も同じ。ひょっとして、「加賀=古閑」か?

■ こし:  ・ 古志

■ こだま: 児玉 ・ 小玉 ・ 樹神 ・ 兒玉 ・ 古玉 ・ 子玉 ・ 児珠 ・ 谺。
・ 樹神を「こだま」と読むのは、大きな木(樹)には魂(神)が宿ると言われているところから、「木の魂」つまり「樹神」を「こだま」と呼んだんだろう。【出典

■ ごとう: 後藤 ・ 五藤 ・ 後島 ・ 後登 ・ 後当 ・ 後東 ・ 後等 ・ 後籐 ・ 五島 ・ 五頭 ・ 五嶋 ・ 五党 ・ 五棟 ・ 五刀 ・ 五唐 ・ 五東 ・ 五嶌 ・ 五籐 ・ 伍東 ・ 伍藤 ・ 呉藤 ・ 呉東 ・ 呉島 ・ 梧藤 ・ 梧桐 ・ 后藤。
・ 「ごとう」のうち、「五島」「五嶋」以外は、「後籐」の換え字の名字と思われる。【出典

■ こばやし: 小林 ・ 児林 ・ 古林 ・ 子林 ・ 木林 ・ 湖林 ・ 小早志。

■ こやま: 小山 ・ 児山

■ ごらい: 五来 ・ 牛来

■ こん:  ・  ・  ・ 

■ こんどう: 近藤 ・ 金藤 ・ 今東 ・ 今藤 ・ 今道 ・ 近堂 ・ 根東 ・ 紺藤 ・ 金銅 ・ 近道 ・ 金道 ・ 金堂 ・ 紺藤 ・ 紺道 ・ 紺堂。

■ こんの: 近野 ・ 昆野 ・ 今野 ・ 紺野 ・ 金野 ・ 今埜 ・ 紺之 ・ 金之 ・ 金埜 ・ 昆埜 ・ 近埜 ・ 崑野 ・ 崑埜。

■ さいとう: 斎藤・齋藤・斉藤・齊藤 ・ 佐囲東 ・ 西塔 ・ 才藤 ・ 西藤 ・ 西東 ・ 齎藤 ・ 斎当 ・ 斎灯 ・ 斉東 ・ 西藤 ・ 西当 ・ 西島 ・ 西當 ・ 西頭 ・ 妻藤 ・ 済藤 ・ 再藤 ・ 再東 ・ 細藤 ・ 細東 ・ 歳桃 ・ 佐居東。

■ さかい: 酒井 ・  ・ 左海 ・ 坂井 ・ 境 ・ 界 ・ 坂居 ・ 酒居 ・ 酒伊 ・ 酒飯 ・ 阪井 ・ 阪居 ・ 左海 ・ 左貝 ・ 堺井 ・ 境井 ・ 佐貝 ・ 佐海 ・ 佐加井 ・ 佐加伊 ・ 佐嘉伊 ・ 栄井 ・ 栄居。
・ 「境」「堺」「坂井」などの名字は地名由来。「佐加井」「佐加伊」は「さかい」の音にあてて生まれたと思われる。【出典

■ さかもと: 坂本 ・ 阪本 ・ 坂元 ・ 阪元 ・ 酒本

■ さきやま: 崎山 ・ 埼山

■ さくた: 作田 ・ 佐久田

■ さくら: 佐倉 ・ 

■ さくらば: 桜庭 ・ 桜場

■ さげはし: 堤橋 ・ 佐下橋 ・ 提箸

■ さこう: 酒向 ・ 佐甲

■ ささき: 佐々木 ・ 笹生 ・ 篠木 ・ 佐崎 ・ 佐々貴 ・ 佐々城 ・ 笹木 ・ 笹城 ・ 笹生 ・ 佐 ・ 左崎 ・ 左々木 ・ 篠笥 ・ 鷦鷯 ・ 佐々希 ・ 篠木 ・ 佐々貴 ・ 佐咲 ・ 沙沙貴 ・ 佐左木。

■ さだかた: 定方 ・ 貞方

■ さっか:  ・ 刺鹿 ・ 眠目

■ さとう: 佐藤 ・ 佐東 ・ 左藤 ・ 砂糖。佐島、佐登、佐棟、佐当、佐籘、左籘、左党、左登、左東、沙藤、砂藤、砂東。
・ 「さとう」には、職業由来、地名由来の二説あるが、それ以外の例もある。【出典

■ さわ:  ・ 佐波

■ しだ: 志田 ・ 志駄 ・ 信太

■ しば: 斯波 ・ 紫波 ・司馬 ・ 志場など。

■ しばた: 柴田 ・ 芝田 ・ 新発田

■ しばはら: 柴原 ・ 芝原

■ しぶ: 「渋い」。金気のある川。上流から、渋谷 ・ 渋沢 ・ 渋川 ・ 渋江

■ しみず: 清水 ・ 志水

■ しんかい・しんがい: 新海 ・ 新開

■ すぎはら: 「杉原」「椙原

■ すずき: 鈴木 ・ 周木 ・ 寿寿喜 ・ 寿寿木 ・ 寿州貴 ・ 寿木 ・ 寿松木 ・ 尻木 ・ 尻林 ・ 椙木 ・ 涼木 ・ 涼樹 ・  ・ 薄木 ・ 進木 ・ 進来 ・ 鈴城 ・ 鈴来 ・ 鈴杵 ・ 鈴樹 ・ 鈴紀 ・ 鈴置 ・ 鈴記 ・ 鈴酒 ・ 鈴鹿 ・ 鋤 ・ 錫 ・ 錫木 ・ 鐸木 ・ 雪 ・ 須須木 ・ 須々木 ・ 須々岐 ・ 。【漢字の民俗誌 丹羽基二 大修館書店】
・ 鈴木、鈴来、鈴記、鈴城、鈴樹、鈴喜、進来、鐸木、涼木、錫木、鱸、寿々木、寿松木、須々木、須須木、鈴々木、周々木。寿々木や寿松木は「すずき」に佳字をあてたものだろう。【出典

■ すもと: 栖本 ・ 洲本

■ せき:  ・ 瀬木 ・ 堰 ・ 積 ・ 石 ・ 赤 ・ 磧 ・ 瀬木 ・ 世喜 ・ 世木 ・ 勢喜 ・ 勢木。
・ 「せき」は地名姓。【出典

■ せんぷく: 泉福 ・ 千福

■ そが: 蘇我 ・ 曽我 ・ 十川 ・ 十河 ・ 宗宜 ・ 宗岳 ・ 宗賀。

■ たかがき: 高垣 ・ 高柿

■ たかぎ: 高木 ・ 都木 ・ 高城 ・ 睫據 Α々盖掘 Α々睛茵 Α々蘯 ・ 高貴 ・ 高義 ・ 喬木 ・ 鷹木 ・ 鷹樹 ・ 鷹来 ・ 都木 ・ 田加木。

■ たかつか: 高塚 ・ 高務

■ たかはし: 高橋 ・ 孝橋 ・ 鷹觜 ・ 鷹啄

■ たかみ: 高見 ・ 鷹見

■ たかみね: 高峰 ・ 高嶺

■ たくま: 宅間 ・ 詫磨 ・ 詫間

■ たけうち・たけのうち: 武内 ・ 竹内 ・ 建内 ・ 竹之内 ・ 竹野内 ・ 竹ノ内 ・ 竹の内 ・ 武ノ内 ・ 武野内 ・ 武之内 ・ 竹埜内 ・ 武埜内。
・ もとは「たけうち」読みだったが、読みやすいように「の」をいれたと考えられる。【出典

■ たけしま: 竹島 ・ 武島

■ たけべ: 武部 ・ 建部

■ ただの: 只野 ・ 多田野

■ たつの: 辰野 ・ 立野

■ たのうえ: 田ノ上 ・ 田之上

■ ため:  ・ 多米

■ だん:  ・  ・ 

■ ちょうなん: 長南 ・ 庁南

■ ついひじ: 廿五里 ・ 対比地

■ つしま: 対馬 ・ 津島

■ どい: 土井 ・ 土肥 ・ 土居 ・ 戸井 ・ 渡井

■ といた: 戸井田 ・ 問田

■ とうげ:  ・ 道家 ・ 手向

■ とかの ・ とがの: 栂野 ・ 斗賀野 ・ 戸叶 ・ 門叶

■ ときわ: 常盤 ・ 常葉

■ とくた・とくだ: 徳田 ・ 得田

■ とくら: 都倉 ・ 土倉

■ とごう: 都甲 ・ 戸郷

■ とやま: 富山 ・ 冨山 ・ 外山 ・ 戸山 ・ 十山 ・ 登山 ・ 枦山 ・ 砥山 ・ 當山 ・ 陶山 ・ 都山 ・ 斗山 ・ 渡山。

■ ないき: 内記 ・ 内貴

■ なか:  ・  ・ 名嘉 ・ 那珂

■ ながい: 長井 ・ 永井

■ ながいけ: 永池 ・ 長池

■ ながえ: 長江 ・ 永江

■ ながお: 長尾 ・ 永尾

■ ながおか: 長岡 ・ 永岡

■ ながき: 長岐・ 永木

■ ながくぼ: 長久保 ・ 長窪

■ ながくら: 長倉 ・ 永倉

■ なかざと: 中里 ・ 仲里

■ なかざわ: 中沢 ・ 仲沢

■ ながさわ: 永沢 ・ 長沢・長澤

■ なかじま: 中島 ・ 中嶋 ・ 仲島

■ ながしま: 長島 ・ 永島

■ ながせ: 長瀬 ・ 永瀬

■ なかそね: 中曽根 ・ 仲宗根

■ ながた: 永田 ・ 長田

■ なかとみ: 中臣 ・ 中富

■ ながとも: 長友 ・ 永友

■ ながの: 長野 ・ 永野

■ ながみね: 長峯 ・ 長峰 ・ 永岑 ・ 永嶺

■ なかむら: 中村 ・ 仲村 ・ 中邑

■ なかもと: 中本 ・ 仲本

■ ながやす: 永易 ・ 永安

■ ながやま: 永山 ・ 長山

■ なぐら: 名倉 ・ 奈倉

■ なご: 名子 ・ 名護

■ なす: 茄子 ・ 那須 ・ 奈須

■ なます: 生須 ・ 生巣

■ なみおか: 浪岡 ・ 波岡

■ なら: ならす、が語源。奈良 ・ 中良 ・ 乃楽 ・ 南良 ・ 名良 ・ 楢 ・ 那羅 ・ 那良。
丹羽センセ曰わく、朝鮮語の「ナラ(国)」に無理に結びつけることはない。

■ ならおか: 奈良岡 ・ 楢岡

■ ならはら: 奈良原 ・ 楢原

■ なわ: 名和 ・ 

■ にいだ: 二井田 ・ 新井田 ・ 仁井田

■ にいやま: 新山 ・ 新井山

■ にう: 丹生 ・ 仁宇

■ にき: 二木 ・ 仁木

■ にえかわ: 丹生 ・ 仁宇

■ にしこおり: 西郡 ・ 錦織

■ にしだ: 西田 ・ 西多

■ にしもと: 西本 ・ 西元

■ にらさわ: 韮沢 ・ 韮澤

■ ぬま:  ・ 沼間

■ のうねん: 能年 ・ 南畝

■ のし: 野志 ・ 熨斗

■ のと: 能都 ・ 能登

■ のなか: 野仲 ・ 野中

■ のも: 野母 ・ 野茂

■ のり:  ・ 

■ はくり: 羽栗 ・ 葉栗

■ はざま: 狹間 ・ 狭間 ・ 波佐間 ・ 

■ はしもと: 橋本 ・ 橋元 ・ 橋下 ・ 箸本

■ はすみ: 蓮実 ・ 羽角 ・ 蓮見

■ はせ:  ・ 長谷

■ はた:  ・  ・ 波田 ・ 波多 ・ 羽田 ・ 羽田

■ はたふく: 畠腹 ・ 畑福 ・ 旗幅

■ はなわ: 周囲より小高いところを意味する。塙 ・ 花輪 など。

■ はにゅう: 羽生 ・ 埴生

■ はば:  ・  ・ 羽場

■ はぶ: 羽生 ・ 土生 ・ 羽部 ・ 羽布 ・ 吐生 ・ 波浮 ・ 波布 ・ 波部 ・ 八生 ・ 埴生。

■ はやし:  ・ 林志 ・ 早志 ・ 早師 ・ 早矢仕 ・ 早矢士 ・ 速司。
・ 「早矢仕」の名字は珍しい。「ハヤシライス」は「はやし」さんが考案したメニューで、この「はやし」さんとは、丸善の創業者の早矢仕有的(はやしゆうてき)氏のことで、その名にちなんだものという。ただし、諸説ある。【出典

■ はやま: 葉山 ・ 吐山

■ はり:  ・ 巴里

■ はんだ: 半田 ・ 吐田

■ ばんどう: 坂東 ・ 板東

■ ひき: 比企 ・ 飛来 ・ 日岐

■ ひきた・ひきだ: 疋田 ・ 匹田 ・ 引田 ・ 疋壇

■ ひだ: 飛田 ・ 肥田 ・ 比田 ・ 飛騨 ・ 飛弾 ・ 飛多 ・ 日田 ・ 肥多 ・ 樋田 ・ 桧田 ・ 秘田 ・ 秘多 ・ 火田。

■ ひょうどう: 兵頭 ・ 兵藤 ・ 兵働

■ ほさか: 保坂 ・ 保阪 ・ 穂坂

■ ほんいでん: 本位伝 ・ 本位田

■ ほんだ: 本田 ・ 本多 ・ 誉田 ・ 本夛 ・ 誉多。

■ まきしま: 巻島 ・ 槇島

■ まごめ: 馬込 ・ 馬籠

■ まさき: 真崎 ・ 正木 ・ 真幸

■ ましま・まじま: 真島 ・ 馬島 ・ 間島

■ ますざわ: 増沢 ・ 鱒沢

■ ませ: 間瀬 ・ 馬瀬

■ みうら: 三浦 ・ 水卜

■ みかた: 見形 ・ 三ヶ田 ・ 三方

■ みかわ: 三河 ・ 参河 ・ 見川

■ みき: 三木 ・ 三鬼

■ みとや: 三刀屋 ・ 三富

■ みね:  ・  ・ 峰 ・ 嶺 ・ 岑 ・ 三根 ・ 美祢 ・ 美根 ・ 美稲 ・ 見根。
・ 沖縄県では嶺の字を使う。【出典

■ みやま: 深山 ・ 三山 ・ 見山 ・ 御山

■ みよし: 「よい所」の意味。三好 ・ 三次 ・ 美吉 ・ 三善 ・ 三吉など。

■ むしゃ: 武者・武舎

■ もり:  ・ 盛 ・ 守 ・ 杜 ・ 茂利 ・ 茂里 ・ 茂理 ・ 母里 ・ 茂里 ・ 母利 ・ 最里 ・ 文里。
・ 「もり」は、必ずしも森林由来するとはいえず、役職の防人(さきもり)などの「もり」や、官職名の「守(かみ)」に由来するとも考えられる。【出典

■ もりおか: 盛岡 ・ 守岡 ・ 森岡

■ もんま: 門間 ・ 門馬

■ やい: 矢井 ・ 屋井

■ やがしわ: 谷柏 ・ 八柏

■ やがみ: 矢上 ・ 八上

■ やぎ: 矢木 ・ 八木 ・ 屋宜

■ やぎぬま: 八木沼 ・ 柳沼

■ やたがい: 矢田貝 ・ 谷田貝 ・ 八谷

■ やない: 柳井 ・ 箭内 ・ 楊井 ・ 野内

■ やながわ: 柳川 ・ 簗川

■ やなぎだ: 柳田 ・ 柳多

■ やなだ: 梁田 ・ 簗田

■ やの: 矢野 ・ 矢乃 ・ 箭野

■ やのめ: 矢目 ・ 矢野目

■ やばた: 矢端 ・ 矢羽田

■ やましろ: 山城 ・ 山代

■ やまと: 大和 ・  ・ 山門

■ ゆきたけ: 雪竹 ・ 行武

■ よしはら: 

■ よしもと: 吉本 ・ 吉元 ・ 好本

■ よまぜ: 世間瀬 ・ 夜叉

■ わきもと: 脇本 ・ 脇元

■ わたなべ: 渡辺・渡邊・渡邉 ・ 渡部 ・ 亘鍋 ・ 錦鍋 ・ 錦辺 ・ 和田鍋 ・ 渡那部 ・ 錦奈部。
・ 当初は、渡部だった。古代の「わたりべ、わたしのべ」と呼ばれる、舟で渡しをする職業に「渡部」の文字が当てられ、名字になった。その渡部さんが住んでいたあたりということで、「渡辺」の地名が生まれ、それが名字にもなった。【出典

■ わなみ: 和南 ・ 和波

■ わに: 和仁 ・ 和珥

統計表示