栃木県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 栃木県の県名の由来 ・ 栃木県の難読地名・珍地名 ・ 栃木県の地名集

★ 栃木県の名字の特徴  

# 栃木県らしい名字として「阿久津」があるが、これは北関東の方言で窪地を意味する言葉。茨城県では「圷」や「堆」と書く。

# 歴史的な名字としては「宇都宮」「那須」「小山」「佐野」「足利」などがある。

【栃木県らしい名字】

# 「手塚」「阿久津」「増淵」「室井」「君島」「宇賀神」「磯」「五月女」「八木沢」なども栃木県らしい名字。
※ ビッグコミックオリジナルの連載「風の大地」で、主人公の「沖田」が練習生となった那須のゴルフ場のコックがたしか宇賀神さんで全国の六割が栃木県に分布するそうだ。

# 「足利」「宇都宮」「小山」「那須」「佐野」「氏家」など、地名由来の名字が多いのも栃木県の特徴。

【栃木県らしい名字2】

・ 四十八願(よいなら)、相吉沢(あいよしざわ)、丁嵐(あたらし)、大豆生田(おおまみゅうだ)、吉高神(きちこうじん)、提箸(さけはし)、九石(さざらし)、外鯨(とくじら)、粗(ほぼ)、明才地(めいさいち)、世取山(よとりやま)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 栃木県特有の名字集

■ 栃木県の特徴的名字: 君島、手塚、茂木、瀬下(せしも)、生田目(なまため)、氏家、半田、増淵、高久(たかく)、宇賀神。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木(すずき)

■ 2位: 渡辺(わたなべ)

■ 3位: 斎藤(さいとう)

■ 4位: 佐藤(さとう)

■ 5位: 小林(こばやし)

■ 6位: 高橋(たかはし)

■ 7位: 福田(ふくだ)

■ 8位: 石川(いしかわ)(0.8%)

■ 9位: 加藤(かとう)

■ 10位: 松本(まつもと)

■ 11位: 田中(たなか)

■ 12位: 青木(あおき)

■ 13位: 手塚(てづか)

■ 14位: 菊地(きくち)

■ 15位: 阿久津(あくつ)

■ 16位: 大塚(おおつか)

■ 17位: 山口(やまぐち)

■ 18位: 大島(おおしま)

■ 19位: 中村(なかむら)

■ 20位: 木村(きむら): 栃木県の木村家


■ 赤見(あかみ): 栃木県の赤見家: 下野国安蘇郡赤見(栃木県佐野市)をルーツとし、佐野氏の支流の戸賀崎氏の出。【出典】 

■ 阿久津(あくつ): 栃木県の阿久津家: 武蔵七党の丹党の出で、大田原家の分家。下野国に転じて勢力を張った。

■ 足利(あしかが): 栃木県の足利家

■ 芦野(あしの): 栃木県の芦野家

■ 阿蘇沼(あそぬま): 栃木県の阿蘇沼家: 藤原北家秀郷流。下野国阿曽沼(栃木県佐野市)をルーツとする。鎌倉時代には御家人。

# 栃木県の阿蘇沼家: 下野国阿蘇郡佐野荘阿蘇沼(栃木県佐野市浅沼町)をルーツとし、藤原北家秀郷流。現在では阿曽沼と書くことが多い。【出典】  

■ 鮎瀬(あゆがせ): 栃木県の鮎瀬家: 下野国那須郡鮎瀬村(栃木県大田原市)をルーツとし、藤原北家秀郷流の小山氏の支流。伊王野氏に仕えていたが、江戸時代には帰農し、名主を務めた。【出典】 

■ 有馬(ありま): 栃木県の有馬家

■ 飯島(いいじま): 栃木県の飯島家

■ 伊王野(いおうの): 栃木県の伊王野家: 下野国那須郡伊王野(栃木県那須郡奈須町伊王野)をルーツとし、藤原北家那須氏の一族で那須七党の一つ。【出典】 

■ 石井(いしい): 栃木県の石井家

■ 石塚(いしづか): 栃木県の石塚家

■ 犬飼(いぬかい): 栃木県の犬飼家: 下野国都賀郡犬飼郷(栃木県宇都宮市)をルーツとする。【出典】 

■ 今泉(いまいずみ): 栃木県の今泉家: 下野国河内郡今泉(栃木県宇都宮市今泉)をルーツとし、宇都宮氏の一族。【出典】 

■ 宇加地(うかじ): 栃木県の宇加地家: 下野国河内郡白沢村(栃木県宇都宮市)の素封家。庄屋と奥州街道の白沢宿の本陣を努めた。【出典】  

■ 氏家(うじいえ): 栃木県の氏家家

■ 内田(うちだ): 栃木県の内田家

■ 宇都宮(うつのみや): 栃木県の宇都宮家

■ 大金(おおがね): 栃木県の大金家: 下野国那須郡小口村(栃木県那須郡那珂川町)の旧家。美濃国土岐氏の支流。当初は佐竹氏に仕えていたが、佐竹氏が出羽国に転じた際に従わずに帰農した。江戸時代には名主を務めた。【出典

■ 大川(おおかわ): 栃木県の大川家

■ 大関(おおぜき): 栃木県の大関家

■ 大田原(おおたわら): 栃木県の大田原家: 大田原藩主下野国那須郡大田原(栃木県大田原市)をルーツとし、武蔵七党の丹党の一つで阿保氏の出。【出典】  

■ 大橋(おおはし): 栃木県の大橋家

■ 岡田(おかだ): 栃木県の岡田家

■ 岡本(おかもと): 栃木県の岡本家

■ 小貫(おぬき): 栃木県の小貫家: 下野国芳賀郡小貫村(栃木県芳賀郡茂木町)をルーツとし、芳賀氏の支流。後に帰農し、名主を務めた。【出典】  

■ 小野寺(おのでら): 栃木県の小野寺家

■ 小山(おやま): 栃木県の小山(おやま)家

■ 片平(かたひら): 栃木県の片平家

■ 河原田(かわらだ): 栃木県の河原田家: 下野国都賀郡河原田(栃木県栃木市川原田町)をルーツとする。佐竹氏に従って出羽国角館に転じた。【出典】  

■ 喜連川(きつれがわ): 栃木県の喜連川家: 古河公方。足利国朝が戦国時代に喜連川に転じて喜連川家を称した。

# 栃木県の喜連川家: 下野国塩谷郡喜連川(栃木県さくら市喜連川町)をルーツとし、足利氏の出。江戸時代は5000石だが10万石の格式とされた。明治維新後には足利に復姓。【出典】 

■ 木戸(きど): 栃木県の木戸家

■ 熊田(くまだ): 栃木県の熊田家

■ 児山(こやま): 栃木県の児山家: 下野国都賀郡児山(栃木県下野市)をルーツとし、藤原北家宇都宮氏の支流。【出典】 

■ 佐野(さの): 栃木県の佐野家

■ 千本(せんぼん): 栃木県の千本家: 下野国那須郡千本(栃木県芳賀郡茂木町千本)をルーツとし、那須七党の一つ。江戸時代には旗本。【出典】  

■ 高塩(たかしお): 栃木県の高塩家: 下野国塩谷郡高塩(栃木県矢板市)をルーツとする。【出典

■ 高根沢(たかねざわ): 栃木県の高根沢家: 下野国塩谷郡高根沢(栃木県塩谷郡高根沢町)をルーツとし、藤原北家宇都宮氏の支流。【出典】  

■ 多功(たこう): 栃木県の多功家: 下野国河内郡多功(栃木県河内郡上三川町)をルーツとし、藤原北家宇都宮氏の支流。宇都宮氏に仕えていたが、宇都宮氏の没落とともに衰退。一族は今治藩士。【出典】 

■ 田沼(たぬま): 栃木県の田沼家

■ 塚田(つかだ): 栃木県の塚田家

■ 戸田(とだ): 栃木県の戸田家

■ 鳥居(とりい): 栃木県の鳥居家

■ 長沼(ながぬま): 栃木県の長沼家: 下野国芳賀郡長沼荘(栃木県真岡市長沼)をルーツとし、藤原北家秀郷流。室町時代には結城氏に仕え、後に伊達氏に仕え、江戸時代には仙台藩士。【出典】 

■ 那須(なす): 栃木県の那須家

■ 野沢(のざわ): 栃木県の野沢家

■ 芳賀(はが): 栃木県の芳賀家 

■ 伴(ばん): 栃木県の伴家

■ 福原(ふくはら): 栃木県の福原家

■ 藤岡(ふじおか): 栃木県の藤岡家

■ 藤田(ふじた): 栃木県の藤田家

■ 船越(ふなこし): 栃木県の船越家

■ 船田(ふなだ): 栃木県の船田家: 下野国赤城神社の神官。【出典】 

■ 壬生(みぶ): 栃木県の壬生家

■ 武茂(むも): 栃木県の武茂家: 下野国那須郡武茂(栃木県那須郡那珂川町)をルーツとし、宇都宮氏の支流。佐竹氏に従い、佐竹氏が出羽国に転じた際に従った。【出典

■ 茂木(もてぎ): 栃木県の茂木家

■ 森田(もりた): 栃木県の森田家

■ 簗田(やなだ): 栃木県の簗田家: 下野国簗田郡簗田御厨(栃木県足利市)をルーツとし、桓武平氏の出。後に下総国辛島に転じ、江戸時代には旗本。【出典

■ 山川(やまかわ): 栃木県の山川家: 下野国足利郡山川(栃木県足利市)をルーツとする。【出典

■ 横田(よこた): 栃木県の横田家

■ 若目田(わかめだ): 栃木県の若目田家: 下野国那須郡若目田(栃木県大田原市)をルーツとする。宇都宮氏が没落後帰農した。【出典】 

■ 涌井(わくい): 栃木県の涌井家


■ 栃木県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 栃木県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示