「あんざい」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 安斎(あんざい、あんさい)

【2018/03/16:改編】

# 1236位

# 代表家紋

# 桓武天皇の子孫の桓武平氏宇多天皇の子孫の宇多源氏に見られる。

# 福島県東部から宮城県南部にかけて分布し、特に二本松市に多くみられる。全般的には東北地方に多い。

# 東北地方に多くみられる。「斎」は斎宮頭の斎を表す。

# 資料を調べていると「安斎家文書」というのをよく目にする。どこの旧家かと思って調べて見たら
・ 安斎伴六家文書(福島市泉): 郷土史家安斎伴六氏の収集による文書。川俣御役所支配下にあった奥州街道宿駅、 清水町村(現福島市)の宿駅文書が中心 。
・ 安斎直巳家文書(福島市御倉町): 安斎家は、福島城下中町検断職をつとめた家。

# 安斎(あんざい)【出典

・ 陸奥国田村郡や岩瀬郡の発祥で東北地方に多く見られる。

・ 代表家紋: 三つ柏

■ 安斉(あんざい)

【2013/03/19:改編】

# 2879位

# 桓武平氏宇多源氏に見られる。

# 福島県の名字で、福島県東部から宮城県南部にかけて分布する。

■ 安齋(あんざい)

【2013/03/19:改編】

# 福島県:654位など。

■ 安齊(あんざい)

【2013/03/19:改編】

# 11976位

【あんざいの雑学】

# 「安斎」と「安斉」:  「斎藤」と「斉藤」では、「斎藤」が東日本に多く、「斉藤」は西日本に多いという傾向が見られるが、「安斎」と「安斉」の分布は似たようなもののようですね。

# 安斎随筆(あんさいずいひつ)
伊勢貞丈が書いたもので、「公家、武家の有職故実や事物の起源、字訓の正誤などを広く随録したもの」。著者が安斎と号したことからこの名で呼ばれる。伊勢貞丈は小笠原家とともに室町時代以来の武家諸礼式などを家学とした伊勢宗家に生まれた。
※ 安斎(あんさい)は号なんでしょうが、この時代(江戸中期)には、「あんざい」じゃなく「あんさい」と言ったのか?と思って電話帳検索で調べて見たら、仙台市に数軒の「安斎(あんさい)」さんを発見。

■ 安西(あんざい)

【2022/10/21:改編】

# 関東地方南部にまとまって見られる。

# 静岡県安倍郡服織荘安西郷(静岡県静岡市葵区)をルーツとする。

# 安房国安房郡安西をルーツとし、平群壬生朝臣後裔で(一説には三浦氏族)子孫は中世の豪族。この系統とは別に、駿河国安倍郡安西発祥は桓武平氏の三浦氏流で三浦爲通の後裔。伊勢国安西郡にも中世豪族がある。他に近江の宇多源氏の支流のほか越後国・甲斐国にも見られる。代表家紋は「三つ引両紋」「釘抜紋」「桐紋」「螺貝」。【出典】【家紋のデータ

# 千葉県の安西家

# 静岡県内の「安西」の名字の詳細

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示