「正木」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 正木(まさき)

【2021/12/07:新載】

# 代表家紋

# 安房国の正木氏は北郡正木(千葉県館山市)をルーツとし、桓武平氏三浦氏の出。代々、里見氏に属した。里見氏の滅亡後、頼忠の娘の万は、徳川家康の側室となって頼宣を産んだ。子孫は紀州藩の家老を務めた。【出典

# 伊予国南宇和郡正木村(愛媛県南宇和郡一本松町)発祥の正木氏もある。【出典

# 現在は高知県に多く見られる。【出典】  

# 正木家(まさきけ): 家紋「二つ引両紋」【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】

・ 上総国夷隅郡勝浦(千葉県勝浦市)を本拠地とした。

・ 桓武平氏の三浦氏流。伊勢宗瑞に滅ぼされた三浦義同の子の時綱が安房国の正木郷に逃れたことを祖とする。里見氏に従い、子の時忠が上総国の勝浦に本拠をおいた。里見家が断絶後に没落した。

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示