愛知県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 愛知県の県名の由来 ・ 愛知県の難読地名・珍地名 ・ 愛知県の地名集

★ 愛知県の名字の特徴

# 愛知県には上位の「鈴木」「加藤」「伊藤」の名字の割合が高い。「加藤」は尾張地方の東部、特に瀬戸市に多くみられる。

# 三河地方には、「杉浦」「神谷」などが多い。

【愛知県らしい名字】

# 愛知県に集中している名字としては、「丹羽」「都築」「新美」「鳥居」「野々山」「犬飼」「間瀬」「今枝」「鬼頭」など。

# 「杉浦」「神谷」「丹羽」「都築」「新美」「鳥居」「梅村」「犬飼」「間瀬」「今枝」「野々山」などは愛知県らしい名字。

【愛知県らしい名字2】

# 徳川(とくがわ)田舎片(いなかがた)久曽神(きゅうそじん)雲英(きら)樹神(こだま)朏(みかづき)、毛受(めんじゅ)、印貢(よしずみ)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 愛知県特有の名字集

■ 愛知県の特徴的名字: 水野鬼頭久野水谷蟹江余語(よご)木全(きまた)道家(どうけ)、免受(めんじょう)、祖父江出典】   

■ 愛知県の名字【出典

・ 水野: 10位: 全国の3割以上は愛知県に見られる。

・ 杉浦: 13位: もとは桓武平氏の三浦氏の一族で杉本氏を称した。その末裔が近江国へ蟄居した際に「杉本」の「杉」と、「三浦」の「浦」をとって「杉浦」氏を称した。

・ 長谷: 「ながや」と読むのは愛知県だけ。

・ 都築(つづき): 全国の約半数が愛知県にみられ、特に豐田市や岡崎市、安城市に多く見られる。

・ 新家(にいのみ): 愛知県西尾市を中心にみられ古代豪族で物部氏の一族に新家氏がいた。

・ 勘解由(かげゆ): 愛知県豊橋市にみられ、もとは朝倉氏で、三方ヶ原の合戦の際に徳川家康から勘解由氏の名を賜って、朝倉勘解由と名乗ったのが始まり。

■ 愛知県の名字の特徴【出典

# 上位の「鈴木」「加藤」「伊藤」の名字はいずれも人口比で2%を超す。4位の「山田」は1.2%。

# 13位: 杉浦: 西三河にまとまって見られ、西三河から静岡県浜松市にかけて多い。特に碧南市では1割近い。

# 25位: 神谷: 西三河に多く、高浜市では最多姓。

# 38位: 中島: 愛知県全域に広がるが、尾張地方では「なかしま」と濁らない。一方三河地方では「なかじま」と濁ることが多い。

# 愛知県の特徴的な名字

・ 84位:鬼頭、85位:都築、87位:白井(しらい)、99位:中根。新美(にいみ)、夏目、鵜飼、犬飼、尾関、間瀬

・ 84位: 鬼頭: 全国の三分の二が愛知県に見られ、その約半分は名古屋市付近にまとまってみられる。

・ 85位: 都築: 全国の約半数が愛知県にみられ、豊田市・岡崎市・安城市にまとまってみられる。なお、愛知県内でも美浜町では都筑と書く。

・ 新美: 全国の7割以上は愛知県にみられ、半田市・阿久比町・東浦町に多い。

# 長谷: 全国の約7割弱は「はせ」と読む。3割弱が「ながたに」読み。残りの6%前後は「ながや」読み。「ながや」読みの大半は愛知県に見られる。

# 二村: 愛知県を中心に東海地方に多く見られ、愛知県には全国の約4割がみられる。西尾市や蒲郡市では「ふたむら」読み、岡崎市では「にむら」と読むが、全県的には両者が拮抗している。全国的には「ふたむら」読みが7割、「にむら」読みが3割。

# 阿知波(あちわ): 全国の四分の三が愛知県にみられ、その大半は知多市と知多郡東浦町にまとまってみられる。三河国額田郡阿知波(愛知県岡崎市)をルーツとし、能見松平氏の一族と言うが、尾張藩士の阿知波家は藤原姓と伝わるなど、複数の由来がある。また、東海市では阿知和とも書く。

# 壁谷(かべや): 全国の7割以上が愛知県にみられ、その大半は蒲郡市にまとまってみられる。

# 木全(きまた)

# 黒柳(くろやなぎ): 三河地方の名字。「畔」とは田んぼの境界線につくられた「あぜ」のこと。そこに植えられた柳が名字の由来。岡崎市を中心に三河一帯にみられる。もとは「畔柳」で、のちに「黒柳」に変えたとみられる。

# 千賀(せんが)

# 千秋(せんしゅう): 熱田神宮の神官の名字。熱田神宮は古代豪族の尾張国造氏の末裔という熱田大宮司(尾張氏)が代々神官を務めた。平安時代末期に40年間にもわたって熱田神宮の大宮司を務めたという尾張員職は、娘を尾張国目代の藤原季兼の妻としていた。尾張員職は大宮司を退く際にこの二人の間に生まれた季範(すえのり)に大宮司を譲ったため、以後大宮司は尾張姓から藤原姓となった。季範の娘の由良御前は源義朝との間に一子頼朝をもうけ、頼朝が源氏の長として鎌倉幕府を開いたことから、季範の子孫は尾張国一帯にひろがり多くの一族が栄えた。やがて、千秋家が代々大宮司職を世襲するようになり、明治時代には男爵

# 新家(にいのみ): 西尾市を中心に、安城市や岡崎市にまとまってみられる。新家の読み方としては、「しんや」に次いで多い。古代豪族の物部氏の一族の新家氏の末裔か?

# 水野(みずの): 尾張国春日井郡山田荘水野(愛知県瀬戸市)をルーツとし、清和源氏満政流。初代の重房は知多郡英比郷小河(愛知県知多郡東浦町)に住んで小河氏を称し、その子の重清が源頼朝に仕えて山田荘の地頭となり、同荘内の水野に住んで水野氏を称した。

# 勘解由(かげゆ): 豊橋市の名字で、三河国渥美郡七根村(愛知県豊橋市)には旧家の勘解由家があった。同家はもともと朝倉氏だったが、三方が原の合戦の際に徳川家康に従って、家康から勘解由の名を賜って朝倉勘解由を名乗った。そして、後に子孫が勘解由を名字とした。

# 吉弥侯部(きみこべ): 岡崎市にみられる。吉弥侯部は名字ではなく姓。古代、律令国家に降った蝦夷に与えられたもので、伊予国に移り住んだ吉弥侯部勝麻呂などの名が知られている。

# 月東(げっとう): 尾張国知多郡朝倉村(愛知県知多市)の名字。桶狭間の合戦の際に、敗れた今川義元の残党が月を東に見て逃げたことに由来する。

# 樹神(こだま)


■ 1位: 鈴木(すずき): 愛知県の鈴木家

■ 2位: 加藤(かとう): 愛知県の加藤家

■ 3位: 伊藤(いとう)(2.2%): 愛知県の伊藤家

■ 4位: 山田(やまだ): 愛知県の山田家

■ 5位: 近藤(こんどう)

■ 6位: 山本(やまもと)

■ 7位: 佐藤(さとう): 愛知県の佐藤家

■ 8位: 渡辺(わたなべ): 愛知県の渡辺家

■ 9位: 田中(たなか)

■ 10位: 水野(みずの): 愛知県の水野家

■ 11位: 中村(なかむら)

■ 12位: 林(はやし)

■ 13位: 杉浦(すぎうら)

■ 14位: 小林(こばやし)

■ 15位: 吉田(よしだ)

■ 16位: 森(もり)

■ 17位: 石川(いしかわ)

■ 18位: 高橋(たかはし)

■ 19位: 竹内(たけうち)

■ 20位: 後藤(ごとう)


■ 相木(あいき): 愛知県の相木家

■ 赤堀(あかぼり、あかほり): 愛知県の赤堀家

■ 浅井(あさい): 愛知県の浅井家

■ 足助(あすけ): 愛知県の足助家 

■ 安部・阿部(あべ): 愛知県の安部家 ・ 愛知県の阿部家

■ 天野(あまの): 愛知県の天野家

■ 石河(いしこ): 愛知県の石河家: 尾張藩の付家老清和源氏満仲流の石川氏の支流で承久の乱後に、美濃国厚美郡市橋荘(岐阜県岐阜市)に下向地頭となった。斎藤道三を経て織田信長に仕え、江戸時代旗本。一族は尾張藩の付家老。【出典】 

・ 尾張藩の付家老。清和源氏満仲流石川氏の支流。戦国時代に、光延(信)の時に斎藤道三を経て、織田信長に仕えた。二男の光重の子の光元は豊臣秀吉に仕えて播磨国竜野で5万3000石。その子の光忠は徳川家康に仕えて尾張藩の付家老となって1万石を領した。明治時代には男爵。【出典

■ 石原(いしはら): 愛知県の石原家

■ 一色(いっしき): 愛知県の一色家

■ 稲富(いなとみ): 愛知県の稲富家

■ 井上(いのうえ): 愛知県の井上家

■ 岩本(いわもと): 愛知県の岩本家

■ 内田(うちだ): 愛知県の内田家

■ 浦野(うらの): 愛知県の浦野家

■ 大岡(おおおか): 愛知県の大岡家

■ 大河内(おおこうち): 愛知県の大河内家

■ 大塩(おおしお): 愛知県の大塩家

■ 大島(おおしま): 愛知県の大島家

■ 太田(おおた): 愛知県の太田家

■ 大田(おおた): 愛知県の大田家

■ 小笠原(おがさわら): 愛知県の小笠原家

■ 岡本(おかもと): 愛知県の岡本家

■ 岡谷(おかや): 愛知県の岡谷家

■ 小川(おがわ): 愛知県の小川家

■ 小木曽(おぎそ・こぎそ): 愛知県の小木曽家

■ 大給(おぎゅう): 愛知県の大給家

■ 尾関(おぜき): 愛知県の尾関家: 尾張国犬山(愛知県犬山市)の旧家。【出典

■ 海部(かいふ): 愛知県の海部家

■ 梶田(かじた): 愛知県の梶田家

■ 糟谷(かすや): 愛知県の糟谷家

■ 加納(かのう): 愛知県の加納家

■ 神谷(かみや): 愛知県の神谷家

■ 川口(かわぐち): 愛知県の川口家

■ 河村(かわむら、こうむら): 愛知県の河村家

■ 吉良(きら): 愛知県の吉良家

■ 熊谷(くまがい): 愛知県の熊谷家

■ 熊沢(くまざわ): 愛知県の熊沢家

■ 小菅(こすげ): 愛知県の小菅家

■ 巨勢(こせ): 愛知県の巨勢家

■ 佐々(さっさ、ささ): 愛知県の佐々家

■ 左右田(さゆうだ、そうだ): 愛知県の左右田家

■ 重松(しげまつ): 愛知県の重松家

■ 嶋崎(しまざき): 愛知県の嶋崎家

■ 志水(しみず): 愛知県の志水家

■ 須貝(すがい): 愛知県の須貝家

■ 菅沼(すがぬま): 愛知県の菅沼家 

■ 杉浦(すぎうら): 愛知県の杉浦家

■ 関戸(せきど): 愛知県の関戸家: 名古屋城下の豪商。藤原北家の山蔭流(伊達氏と一緒?)。【出典

・ 名古屋城下の豪商。藤原北家山蔭流の出と言う。祖の吉忠は尾張国丹羽郡岩倉村に住んで織田信安に仕えたが、孫の清信の時に春日井郡小木村(愛知県小牧市)に転じた。その子の信基の時に名古屋城下に転じて薬種商「信濃屋」を創業した。1644年には蛯屋町に転じ、質屋を開業した。天明年間の富信の頃に豪商に発展、藩から15人扶持を与えられ、子の信房は延米会所支配人となって、苗字帯刀を許された。【出典

■ 千賀(せんが): 愛知県の千賀家

■ 千秋(せんしゅう): 愛知県の千秋家: 熱田神宮の神職。明治維新後には男爵。【出典

・ 熱田神宮の神職。代々大宮司をつとめた熱田大宮司氏は、藤原姓となった季範の子の代に三流に分かれ、このうち範信の末裔が千秋家となって以後大宮司を世襲した。1877年の季福のときに大宮司職を角田忠行に譲った。明治時代には男爵。【出典

■ 薗田(そのだ): 愛知県の薗田家

■ 鷹見(たかみ): 愛知県の鷹見家: 三河国の原藩の家老遠江国滝見村(静岡県)に住み、金沢氏を称していたが、のちに徳川家康から鷹見姓を賜った。【出典

■ 滝(たき): 愛知県の滝家

■ 滝川(たきがわ): 愛知県の滝川家

■ 竹中(たけなか): 愛知県の竹中家

■ 武山(たけやま): 愛知県の武山家

■ 田嶋(たじま): 愛知県の田嶋家

■ 田辺(たなべ): 愛知県の田辺家

■ 千村(ちむら): 愛知県の千村家

■ 茶屋(ちゃや): 愛知県の茶屋家

■ 辻(つじ): 愛知県の辻家

■ 都筑(つづき): 愛知県の都筑家

■ 土井(どい): 愛知県の土井家

■ 徳川(とくがわ): 愛知県の徳川家

■ 徳光(とくみつ): 愛知県の徳光家

■ 鳥居(とりい): 愛知県の鳥居家

■ 内藤(ないとう): 愛知県の内藤家

■ 中北(なかきた): 愛知県の中北家: 名古屋城下の薬種商。【出典

■ 中島(なかじま): 愛知県の中島(なかじま)家

■ 永田(ながた): 愛知県の永田家

■ 中根(なかね): 愛知県の中根家

■ 中埜(なかの): 愛知県の中埜家: 尾張国半田(愛知県半田市)の豪商。中野から中埜に改姓した。【出典

・ 尾張国半田(愛知県半田市)の豪商。半左衛門を称した中野家の一族。1804年に小栗家から養子として中野半左衛門家を継いでいた初代の又左衛門は、独立して酒の搾り粕から粕酢をつくり、当時江戸で流行始めたにぎり寿司に使われることで成功した。明治初年、四代目のときに中埜氏に改称、三の下に〇をつけたミツカンマークを考案して商標登録、現在のミツカンに受け継がれた。【出典

■ 成瀬(なるせ): 愛知県の成瀬家

■ 野間(のま): 愛知県の野間家

■ 羽柴(はしば): 愛知県の羽柴家

■ 蜂谷(はちや): 愛知県の蜂谷家

■ 服部(はっとり): 愛知県の服部家

■ 浜崎(はまざき): 愛知県の浜崎家

■ 平井(ひらい): 愛知県の平井家

■ 平岩(ひらいわ): 愛知県の平岩家

■ 広瀬(ひろせ): 愛知県の広瀬家

■ 吹原(ふきはら): 愛知県の吹原家: 名古屋城下の豪商。【出典

■ 古橋(ふるはし): 愛知県の古橋家

■ 堀田(ほった): 愛知県の堀田家

■ 本多(ほんだ): 愛知県の本多家

■ 松井(まつい): 愛知県の松井家

■ 松尾(まつお): 愛知県の松尾家

■ 松平(まつだいら): 愛知県の松平家

■ 丸山(まるやま): 愛知県の丸山家

■ 三宅(みやけ): 愛知県の三宅家

■ 山口(やまぐち): 愛知県の山口家

■ 山崎(やまざき): 愛知県の山崎家

■ 山村(やまむら): 愛知県の山村家

■ 若山(わかやま): 愛知県の若山家


■ 愛知県の地名をルーツとする名字

■ 東海地方の名字の特徴

■ 愛知県の名字の読みの特徴

統計表示