「久松」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「は」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 久松(ひさまつ)

【2018/12/26:改編】

# 1534位

# 菅原氏清和源氏などにみられる。

# 代表家紋: 星梅鉢紋

# 久松氏: 星梅鉢紋。菅原道真が太宰府に左遷されたときに、孫の久松麿(ひさまつまろ)が、尾張国阿久居に流されたことに始まる。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

# 関東地方と九州地方に多くみられ、特に茨城県つくば市や土浦市、長崎県長崎市に多くみられる。

# 長崎県:246位、茨城県:441位、高知県:491位、山形県:492位など。

# 菅原道真を遠縁とする大名家で、道真が太宰府に左遷された時に、孫の久松麿(ひさまつまろ)が尾張国阿久居に流されたのを発祥とする。足利幕府で久松麿の流された地の所領を認められ、久松麿にちなんで「久松」と名乗った。

# 尾張国知多郡英比(愛知県知多郡阿久比町)の土豪の出の久松氏は、後に徳川家康の母の於大の方の再婚先で、徳川家に仕える。

# 駿河国駿東郡今沢村(静岡県沼津市)に旧家の久松家があり、菅原氏末裔

# 千葉県の久松家: 下総国多古藩主菅原道真末裔と言われる。

# 三重県の久松家: 伊勢桑名藩主菅原道真の孫の雅規が尾張国知多郡英比郷(愛知県知多郡阿久比町)に流されて、久松殿と呼ばれたのが祖と言われるが不詳。戦国時代には家康に仕え、江戸時代には松平氏を称した。

・ 桑名藩主藤原氏の出といわれる。尾張国英比(あぐい)郡(愛知県阿久比町)に拠った。徳川家康の母親の於大(おだい)の方は松平広忠と離婚した後に久松俊勝に嫁いだ。この縁で徳川家に仕えて譜代大名となった。【出典】  

# 長崎県の久松家: 長崎の町年寄肥前国大村の出。

# 歌手の久松史奈は愛知県名古屋市の出身。

# 多古藩

# 国衆(国人)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示