茨城県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 茨城県の県名の由来 ・ 茨城県の難読地名・珍地名 ・ 茨城県の地名集

★ 茨木県の名字の特徴

# 「小松崎」「倉持」「飛田」「寺門(てらかど)」などの名字が多い。寺門は沖縄の名字かと思ったら茨城にもあったのか。

# 「小島」: 全国的には「こじま」と読むことが多いが、茨城県では「おじま」と読むことも多い。

# 「白田」は山形県と茨城県に多い名字だが、山形県では「しらた」と読むが、茨城県では「はくた」と読む。

【茨城県らしい名字】

# 茨城県を支配した「大掾(だいじょう)氏」と「佐竹氏」の一族が県内に拡がり地名を名字にした例が多いのが特徴。

・ 大掾氏: 「鹿島」「島崎」「芹沢」「玉造」「手賀」「徳宿(とくしゅく)」「中居」「行方(なめかた)」「真壁」

・ 佐竹氏: 「稲木」「額田」「長倉」「小瀬」「小場」「石塚」

・ 「あまがい」読みの名字: 「雨谷」「天海」「天貝」「雨海」「天賀谷」。語源は「雨谷=雨が降りやすい谷」

・ 「はりかえ」読みの名字: 「張替」「針ケ谷」「針谷」「針貝」「針替」。

・ 倉持、小松崎、寺門、飛田(とびた)、海老原、海老沢、助川、軍司などは茨城県らしい名字。

【茨城県らしい名字2】

・ 阿井(あい)、宇留鷲(うるわし)、吽野(うんの)、結解(けっけ)、結束(けっそく)、小圷(こあくつ)、底(そこ)、美留町(びるまち)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 茨城県特有の名字集

■ 茨城県の特徴的名字: 根本、砂押、江幡、綿引、谷田部、宍戸、助川、飛田(とびた)、塙(はなわ)、加倉井。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木(すずき)

■ 2位: 佐藤(さとう)

■ 3位: 小林(こばやし)

■ 4位: 渡辺(わたなべ)

■ 5位: 高橋(たかはし)

■ 6位: 木村(きむら)(0.8%): 茨城県の木村家

■ 7位: 斎藤(さいとう)

■ 8位: 根本(ねもと): 茨城県の根本家

■ 9位: 中村(なかむら): 茨城県の中村家

■ 10位: 吉田(よしだ)

■ 11位: 石川(いしかわ): 茨城県の石川家

■ 12位: 伊藤(いとう)

■ 13位: 菊池(きくち)

■ 14位: 田中(たなか)

■ 15位: 山口(やまぐち): 茨城県の山口家

■ 16位: 加藤(かとう)

■ 17位: 関(せき): 茨城県の関家

■ 18位: 宮本(みやもと)

■ 19位: 石井(いしい)

■ 20位: 野口(のぐち)


■ 相賀(あいが): 茨城県の相賀家: 常陸国久慈郡(佐都東郡・佐都西郡)相賀村(茨城県日立市)をルーツとし、小野崎氏の支流。後に、佐竹氏に従って出羽国に転じた。【出典】 

■ 赤須(あかす): 茨城県の赤須家: 常陸国久慈郡(佐都東郡・佐都西郡)赤須(茨城県常陸太田市)をルーツとし、藤原北家秀郷流の太田氏の支流。【出典】 

■ 麻生(あそう): 茨城県の麻生家

■ 飯島(いいじま): 茨城県の飯島家: 常陸国新治郡浦須村(茨城県石岡市)で名主を務めた。

# 茨城県の飯島家: 常陸国鹿島郡札村(茨城県鉾田市)の旧家。名主を務めた。【出典

# 茨城県の飯島家: 常陸国東茨城郡飯島村(茨城県水戸市)をルーツとする。【出典

■ 伊佐(いさ): 茨城県の伊佐家

■ 石毛(いしげ): 茨城県の石毛家: 桓武平氏の出で、常陸国豊田郡石毛(茨城県常総市)をルーツとする。【出典】 

■ 石塚(いしづか): 茨城県の石塚家: 常陸国茨城郡石塚(茨城県東茨城郡城里町石塚)をルーツとし、清和源氏佐竹氏の支流。関ヶ原の合戦の後には、佐竹家に従って出羽国久保田(秋田県秋田市)に転じた。 【出典】 

■ 井関(いせき): 茨城県の井関家: 常陸国行方郡井関(茨城県)をルーツとする。【出典】 

■ 稲葉(いなば): 茨城県の稲葉家

■ 今宮(いまみや): 茨城県の今宮家: 常陸国久慈郡今宮(茨城県常陸太田市)をルーツとし、清和源氏佐竹氏の一族。後に、佐竹氏に従って出羽国に転じた。【出典】 

■ 岩瀬(いわせ): 茨城県の岩瀬家: 常陸国茨城郡岩瀬(茨城県桜川市)をルーツとし、清和源氏佐竹氏の一族。【出典

# 茨城県の岩瀬家: 常陸国久慈郡岩瀬(茨城県常陸大宮市)をルーツとし、藤原北家秀郷流。【出典】 

■ 大高(おおたか): 茨城県の大高家: 常陸国那珂郡大高(茨城県)をルーツとし、藤原北家秀郷流の江戸氏の支流。佐竹氏に仕え江戸時代には秋田藩士。【出典

※ 四十七士で有名な大高源五(忠雄)が、この系統かと思ったら、奥州をルーツとし安倍氏の出のようですね。 

■ 大塚(おおつか): 茨城県の大塚家

■ 大野(おおの): 茨城県の大野家

■ 大森(おおもり): 茨城県の大森家

■ 大山(おおやま): 茨城県の大山家: 常陸国茨城郡大山(茨城県東茨城郡城里村)をルーツとし、清和源氏佐竹氏の支流。後に、佐竹氏に従って出羽国角館に転じた。【出典】 

■ 岡田(おかだ): 茨城県の岡田家

■ 岡見(おかみ): 茨城県の岡見家: 常陸国河内郡岡見(茨城県牛久市岡見)をルーツとし、藤原北家の出という。【出典】 

■ 小栗(おぐり): 茨城県の小栗家

■ 小田(おだ): 茨城県の小田家

■ 小田野(おだの): 茨城県の小田野家: 常陸国那珂郡小田野(茨城県常陸大宮市)をルーツとする。佐竹氏に仕え、後に、佐竹氏に従って出羽国に転じ、秋田藩家老を務めた。【出典】 

■ 小野崎(おのざき): 茨城県の小野崎家

■ 小場(おば): 茨城県の小場家: 常陸国那珂郡小場(茨城県常陸大宮市小場)をルーツとし、清和源氏佐竹氏の支流。佐竹氏に仕え、後に、佐竹氏に従って出羽国に転じ、秋田藩の大館城代を努めた。【出典】 

■ 小幡(おばた): 茨城県の小幡家

■ 加倉井(かくらい): 茨城県の加倉井家

■ 笠間(かさま): 茨城県の笠間家: 常陸国笠間(茨城県笠間市)をルーツとし、藤原北家宇都宮氏の支流。後に、後北条氏に従い、後北条氏とともに滅んだ。【出典】 

■ 鹿島(かしま): 茨城県の鹿島家

■ 梶山(かじやま): 茨城県の梶山家

■ 税所(さいしょ): 茨城県の税所家

■ 逆井(さかさい): 茨城県の逆井家: 下総国猿島郡逆井郷(茨城県板東市逆井)をルーツとし、藤原北家秀郷流の小山氏の出という。江戸時代には関宿藩士。【出典】 

■ 佐竹(さたけ): 茨城県の佐竹家

■ 宍戸(ししど): 茨城県の宍戸家

■ 篠原(しのはら): 茨城県の篠原家

■ 島崎(しまざき): 茨城県の島崎家

■ 下間(しもつま): 茨城県の下間家: 本願寺の坊官。清和源氏の頼光流。長芸の時に、出身地の常陸国真壁郡下妻(茨城県下妻市)にちなんで下間氏を称した。【出典】 

■ 下妻(しもつま): 茨城県の下妻家: 常陸国真壁郡下妻(茨城県下妻市)をルーツとし、桓武平氏大掾氏流。【出典】 

■ 新庄(しんじょう): 茨城県の新庄家

■ 相馬(そうま): 茨城県の相馬家

■ 大掾(だいじょう): 茨城県の大掾家

■ 高野(たかの): 茨城県の高野家

■ 立原(たちはら): 茨城県の立原家: 常陸国鹿島郡立原(茨城県鹿嶋市)をルーツとし、桓武平氏大掾氏流。【出典】 

■ 田伏(たぶせ): 茨城県の田伏家

■ 塚原(つかはら): 茨城県の塚原家

■ 土屋(つちや): 茨城県の土屋家

■ 鶴田(つるた): 茨城県の鶴田家: 茨城県水戸市の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典】 

■ 手賀(てが): 茨城県の手賀家: 常陸国行方郡手賀(茨城県行方市手賀)をルーツとし、桓武平氏大掾氏流の玉造氏の支流。【出典】 

■ 土井(どい): 茨城県の土井家: 下総国古河藩主三河国碧海郡土居村(愛知県岡崎市)をルーツとする。【出典】 

■ 徳川(とくがわ): 茨城県の徳川家

■ 戸村(とむら): 茨城県の戸村家: 常陸国那珂郡戸村(茨城県那珂市)をルーツとし、藤原北家那珂氏の出と、清和源氏佐竹氏の一族の二流ある。【出典】 

■ 豊田(とよた、とよだ): 茨城県の豊田家

■ 中居(なかい): 茨城県の中居家: 常陸国鹿島郡中居(茨城県鹿嶋市)をルーツとし、桓武平氏大掾氏流。【出典】 

■ 長倉(ながくら): 茨城県の長倉家

■ 中山(なかやま): 茨城県の中山家

■ 長山(ながやま): 茨城県の長山家

■ 行方(なめかた): 茨城県の行方家: 常陸国行方郡行方郷(茨城県行方市)をルーツとし、桓武平氏大掾氏流の吉田氏の一族。【出典

■ 額田(ぬかだ、ぬかた): 茨城県の額田(ぬかた)家

■ 畑(はた) : 茨城県の畑家

■ 八田(はった): 茨城県の八田家

■ 本堂(ほんどう): 茨城県の本堂家: 江戸時代には当初は旗本だが、幕末には常陸国志筑藩主。出羽国仙北郡本堂(秋田県仙北郡美郷町)をルーツとする。清和源氏とも和賀氏ともいわれる。【出典】 

■ 真壁(まかべ): 茨城県の真壁家

■ 牧野(まきの): 茨城県の牧野家

■ 真崎(まさき): 茨城県の真崎家: 常陸国那珂郡真崎(茨城県那珂郡東海村)をルーツとし清和源氏佐竹氏流の岡田氏の出。江戸時代には秋田藩の重臣。【出典】 

■ 水谷(みずたに、みずのや): 茨城県の水谷家

■ 水野(みずの): 茨城県の水野家

■ 宮田(みやた): 茨城県の宮田家

■ 矢口(やぐち): 茨城県の矢口家

■ 谷田部(やたべ): 茨城県の谷田部家: 戦国時代の常陸国の水戸城主の江戸氏の重臣。桓武平氏大掾氏流の石川氏の一族。【出典

# 茨城県の谷田部家: 茨城県桜川市真壁町古城で、江戸時代名主を務めた。【出典】 

■ 山野辺(やまのべ): 茨城県の山野辺家

■ 結城(ゆうき): 茨城県の結城家

■ 綿引(わたびき): 茨城県の綿引家: 水戸市の旧家で、代々庄屋をつとめた。


■ 茨城県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 茨城県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示