京都府の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 京都府の府名の由来 ・ 京都府の難読地名・珍地名 ・ 京都府の地名集

★ 京都府の名字の特徴

# やはり京都だけに公家の名字が目立つのかな?と思ったら大間違い。

# 京都は色んな名字が起こっていると思ったら意外に特徴のある名字は少ないそうだ。

# 京都市内にはめだった傾向が見られないが、北部の丹波・丹後地方には「大槻」などの独自の名字もおおい。

# 「芦田」は福知山市付近に多く、京都府で全国の約二割を占める。

# 「四方」は綾部市に多くみられ、京都府で全国の三割を占める。

# ただ、京都市から離れて北部に行くと独特の名字があり、「四方(よも)」「石井(いわい)」「久我(こが)」「愛宕(おたぎ)」「池尻(いけがみ)」などがある。

【京都府らしい名字】

# 公文(くもん)、万里小路(までのこうじ)、文殊(もんじゅ)、忍海部(おしかべ)、洪水(こうずい)、唐土(からつち)。

【京都府らしい名字2】

# 一口(いもあらい)、鴨脚(いちょう)、愛宕(おたぎ)、神足(こうたり)、舌(ぜつ)、谷利(せり)、六人部(むとべ)、物集女(もずめ)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 京都府特有の名字集

■ 京都府の特徴的名字: 糸井、辻井、塩見、八木、足立、弓削、建部、四方、芦田、日下部。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中(たなか): 京都府の田中家

■ 2位: 山本(やまもと)

■ 3位: 中村(なかむら): 京都府の中村家

■ 4位: 井上(いのうえ)

■ 5位: 吉田(よしだ)

■ 6位: 西村(にしむら)

■ 7位: 山田(やまだ)

■ 8位: 木村(きむら)

■ 9位: 林(はやし)

■ 10位: 松本(まつもと)

■ 11位: 高橋(たかはし)

■ 12位: 小林(こばやし、おばやし): 京都府の小林家

■ 13位: 山口(やまぐち)

■ 14位: 中川(なかがわ): 京都府の中川家

■ 15位: 伊藤(いとう)

■ 16位: 谷口(たにぐち)

■ 17位: 岡本(おかもと)

■ 18位: 上田(うえだ)

■ 19位: 清水(しみず、きよみず): 京都府の清水(きよみず)家

■ 20位: 橋本(はしもと)


■ 池坊(いけのぼう): 京都府の池坊(いけのぼう)家: 華道の家元。古代豪族小野氏の子孫で、遣隋使で有名な小野妹子の流れという。室町時代に池坊専慶が供花(くげ)に工夫をこらして池坊流を開いた。【出典】  

■ 一条(いちじょう): 京都府の一条家

■ 稲葉(いなば): 京都府の稲葉家

■ 岩倉(いわくら): 京都府の岩倉家

■ 上野(うえの): 京都府の上野家

■ 江崎(えさき): 京都府の江崎家

■ 大倉(おおくら): 京都府の大倉家: 江戸時代の豪商で、伏見で酒造業を営み、笠置(かさぎ)屋を号した。【出典】 

■ 大谷(おおたに): 京都府の大谷家

■ 大西(おおにし): 京都府の大西家

■ 奥田(おくだ): 京都府の奥田家

■ 奥村(おくむら): 京都府の奥村家

■ 尾崎(おざき): 京都府の尾崎家

■ 狩野(かのう): 京都府の狩野(かのう)家

■ 革島(かわしま): 京都府の革島家: 山城国葛野郡革島荘(京都府京都市)の出。清和源氏の出で、佐竹家の分家。鎌倉時代には御家人、のちに本能寺の変で明智光秀にくみし領地を失い、帰農した。【出典】  

■ 河村(かわむら、こうむら): 京都府の河村家

■ 上林(かんばやし): 京都府の上林(かんばやし)家

■ 京極(きょうごく): 京都府の京極家

■ 九鬼(くき): 京都府の九鬼家

■ 九条(くじょう): 京都府の九条家

■ 朽木(くつき): 京都府の朽木家

■ 黒田(くろだ): 京都府の黒田家

■ 小出(こいで): 京都府の小出家

■ 久我(こが): 京都府の久我家: 公家で村上源氏の嫡流。山城国乙訓郡久我村(京都府京都市伏見区)をルーツとする。明治維新後には侯爵。【出典】 

■ 小西(こにし): 京都府の小西家

■ 近衛(このえ): 京都府の近衛家: 藤原道長の子孫で五摂家のひとつ。関白を務める家柄で、五摂家の嫡流。【出典

・ 公家五摂家の筆頭。近衛北室町の近衛殿に住んで近衛家を称した。明治維新後には公爵。【出典】  

■ 駒沢(こまざわ): 京都府の駒沢家: 京の指物師で、千家十職。【出典】 

■ 西園寺(さいおんじ): 京都府の西園寺家

■ 三条(さんじょう): 京都府の三条家

■ 三条西(さんじょうにし): 京都府の三条西家: 公家で藤原北家閑院流。明治維新後には伯爵。【出典】 

■ 四条(しじょう): 京都府の四条家: 公家藤原北家四条流。明治維新後には伯爵から侯爵。【出典】 

■ 下村(しもむら): 京都府の下村家

■ 白川(しらかわ): 京都府の白川家: 公家明治維新後には子爵。【出典】 

■ 神(じん): 京都府の神(じん)家

■ 千(せん): 京都府の千家: 茶道の家元。堺の豪商で茶道を開いた千宗室の子孫。【出典

・ 茶道の家元。千利休は堺の商家の出で本姓は田中。【出典】 

■ 醍醐(だいご): 京都府の醍醐家: 公家。藤原北家の精華家の一つ。一条家の支流で明治維新後には侯爵。【出典】 

■ 鷹司(たかつかさ): 京都府の鷹司家: 公家五摂家の一つ。近衛家の支流で鷹司室町に住んだ事に由来する。明治維新後には公爵。【出典】 

■ 土田(つちだ): 京都府の土田家: 袋物師。千家十職。近江国蒲生郡土田村(滋賀県近江八幡市)の出で、もとは彦根藩士。【出典】 

■ 谷(たに): 京都府の谷家

■ 中山(なかやま): 京都府の中山家

■ 二条(にじょう): 京都府の二条家

■ 野間(のま): 京都府の野間家

■ 長谷川(はせがわ): 京都府の長谷川家

■ 飛来(ひき): 京都府の飛来家: 一閑張細工師。千家十職。

■ 日野(ひの): 京都府の日野家

■ 広幡(ひろはた): 京都府の広幡家: 公家。正親町源氏の出で、精華家の一つ。明治維新後には侯爵。 

■ 福井(ふくい): 京都府の福井家: 京都枡座支配。

■ 藤波(ふじなみ): 京都府の藤波家: 公家。大中臣氏の嫡流。伊勢国度会郡佐八藤波(三重県伊勢市佐八)をルーツとする。明治維新後には子爵。【出典】 

■ 本阿弥(ほんあみ): 京都府の本阿弥家: 工芸家、刀剣鑑定家。菅原姓で元は松田氏を称す。 

■ 本庄(ほんじょう): 京都府の本庄家: 丹後国宮津藩主。地下官人の二条家諸大夫の出で、藤原冬嗣の末裔明治維新後には子爵

■ 牧野(まきの): 京都府の牧野家

■ 松居(まつい): 京都府の松居家

■ 武者小路(むしゃのこうじ): 京都府の武者小路家: 公家藤原北家閑院流で三条西家の支流。明治維新後には子爵

■ 柳原(やなぎはら): 京都府の柳原家

■ 山科(やましな): 京都府の山科家: 公家藤原北家四条流。明治維新後には伯爵。 

■ 楽(らく): 京都府の楽家: 楽焼きの陶芸家。渡来系。

■ 冷泉(れいぜい): 京都府の冷泉家


■ 京都府の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 京都府の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示