「岩倉」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 岩倉(いわくら)

【2021/02/03:改編】

# 地名姓で各地に見られる。

# 富山県の岩倉家: 越中国新川郡岩倉(富山県立山町)をルーツとする。【出典

# 富山県の岩倉家: 江戸時代、越中国砺波郡高瀬村(富山県南砺市)の豪農。【出典

# 京都府の岩倉家: 公家で、村上源氏の出。村上源氏の主流の久我(こが)家の分家。山城国愛宕郡岩倉(京都府京都市)に住んで岩倉氏を称した。のちに岩倉具視がでた。【出典

・ 公家で村上源氏の出。山城国愛宕郡岩倉(京都市左京区)をルーツとする。久我晴通の四男の具堯は後陽成天皇に伺候して桜井家を称し、その長男の具起の時から岩倉家を称した。家格は羽林家。家職は有職故実。江戸時代の家禄は150石。幕末に細川家から養子となった具視が明治維新に活躍。1884年には三男で家を継いでいた具定が公爵となったほか、分家の具経が子爵、具徳・道倶は男爵となった。【出典

# 公家の岩倉家は、鎌倉時代の半ばに、久我(こが)具実(ともざね)が山城国愛宕郡岩倉に住んで岩倉氏を称した。代表家紋は笹竜胆紋。【出典】  

# 岩倉具視: 笹竜胆紋【武将と家紋 インデックス編集部】

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示