京都府の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 飛鳥井町(あすかいちょう): 京都府京都市上京区飛鳥井町

■ 朝来(あせく): 京都府舞鶴市朝来西町(あせくにしまち)
※ なお、兵庫県朝来市は「あさごし」と読む。

■ 安栖里(あせり): 京都府船井郡京丹波町安栖里

■ 化野(あだしの): 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町

■ 姉猪熊町(あねいのくまちょう): 京都府京都市中京区姉猪熊町

■ 姉小路(あねこうじ): 京都府京都市

■ 海士(あま): 京都府京丹後市久美浜町海士

■ 綾部(あやべ): 京都府綾部市

■ 綾小路(あやのこうじ):  京都府京都市下京区西綾小路

■ 雷(いかずち): 京都府

■ 石原(いさ): 京都府福知山市石原
・ 「小石が多い平地」を意味する。

■ 猪崎(いざき): 京都府福知山市猪崎

■ 稲荷山(いなりやま): 京都市伏見区と山科(やましな)区にまたがる山

■ 犬飼(いぬかい): 京都府亀岡市曽我部町犬飼

■ 犬甘野(いぬかんの): 京都府亀岡市西別院町犬甘野

■ 伊根(いね): 京都府与謝郡伊根町

■ 猪熊(いのくま): 京都府京都市上京区猪熊

■ 猪倉(いのくら): 京都府亀岡市宮前町猪倉

■ 猪鼻(いのはな): 京都府船井郡京丹波町猪鼻

■ 今木(いまき): 京都府(旧)宇治市今木

■ 一口(いもあらい): 京都府久御山町

■ 上杉(うえすぎ): 京都府綾部市上杉町

■ 宇治(うじ): 京都府宇治市

■ 艮町(うしとらちょう): 京都府京都市下京区艮町
町名は、西本願寺寺内のうちで艮の方向にあたることに由来する。

■ 牛渡(うしわたし): 京都府舞鶴市

■ 太秦(うずまさ): 京都府京都市右京区太秦

■ 馬路(うまじ): 京都府亀岡市馬路町

■ 梅迫(うめざこ): 京都府綾部市梅迫町

■ 大炊御門大路(おおいのごもんおおじ):  京都府京都市中京区西ノ京大炊御門町
・ 平安期に見える通り名。

■ 小栗栖(おぐるす): 京都府京都市伏見区小栗栖?
・ 明智光秀が討たれたのは山科の小栗栖(おぐるす)。ここか?

■ 長田(おさだ): 京都府福知山市長田

■ 刑部(おさべ): 京都府南丹市八木町刑部(おさべ)

■ 愛宕(おたぎ): 京都府

■ 男山(おとこやま): 京都府八幡市男山

■ 鬼垣内(おにがかいと): 京都府

■ 小野(おの): 京都府京都市

■ 御室(おむろ): 京都府京都市

★ 

■ 鶏冠井(かいで): 京都府向日市

■ 香河(かご): 京都府与謝郡与謝野町香河

■ 樫原井戸(かたぎはらいど): 京都府京都市西京区樫原井戸
もとは川岡村岡字井戸。

■ 樫原佃(かたぎはらつくだ): 京都府京都市西京区樫原佃
もとは川岡村岡字佃。

■ 帷子ノ辻(かたびらのつじ): 京都府京都市右京区

■ 門田(かどた): 京都府綾部市寺町門田(かどた)

■ 上七軒(かみしちけん): 京都府京都市

■ 亀岡(かめおか):  京都府亀岡市

■ 亀ケ首(かめがくび): 京都府京都市右京区嵯峨清滝亀ケ首町

■ 賀茂(かも): 京都府京都市北区

■ 辛皮(からかわ): 京都府宮津市

■ 烏丸(からすま): 京都府京都市下京区四条通烏丸

■ 祇園(ぎおん): 京都府京都市

■ 私市(きさいち): 京都府福知山市私市

■ 私市(きさいち): 京都府綾部市私市町

■ 貴船(きぶね): 京都府京都市左京区鞍馬貴船町

■ 京極(きょうごく): 京都府京都市下京区京極町

■ 京都府(きょうとふ)

 京見峠(きょうみとうげ)
・  長坂越えにある峠で、太平記に後醍醐天皇の軍勢が足利尊氏を攻めるために「京中を足の下に見下す」ことが出来る京見峠に陣取ったと記載がある。

■ 清水(きよみず): 京都府京都市

■ 公庄(ぐじょう): 京都府福知山市大江町公庄

■ 久世(くぜ): 京都府久世郡
・ 「川の曲流」を意味する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 久美(くみ): 丹後国熊野郡久美郷(京都府熊野郡久美浜町)
・ 久美は佳字。原意は「曲」で、「入り組んでいる、湾曲して奥まったところ」のこと。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
・ 久美浜: 久美郷の浜のこと。「クミ」は「クビ」の転で、「くびれた地形」のことか。久見浜湾はくびれている。【出典:市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 久御山町(くみやまちょう): 京都府久世郡久御山(くみやま)町

■ 鞍馬(くらま): 京都府京都市左京区鞍馬貴船町(など)

■ 蹴上(けあげ): 京都府京都市。牛若丸(後の義経)が奥州に向かう途中に、この地で関原与一の一行に出会ったが、その従者が誤って水を蹴り、義経の衣を汚したという伝承に由来する。【出典

■ 毛穴(けな): 京都府京都市北区上賀茂毛穴井町

■ 刑部(けいぶ): 京都府京都市右京区太秦上・下刑部町(けいぶちょう)

■ 久我(こが): 京都府京都市伏見区久我(こが)
・  桂川は久世(くぜ)橋の下流あたりから大きく東流し、鴨川と合流して、その後西に流れるが、その合流点付近の東に突出した低湿地にある。

■ 胡麻(ごま): 京都府南丹市日吉町胡麻
・ 地名の由来は古代に左馬寮のがあったため、駒(こま)が転じたものという。【出典

■ 御陵(ごりょう): 京都府京都市西京区御陵

■ 小和田(こわだ): 京都府船井郡京丹波町水戸小和田(こわだ)

★ 

■ 佐伯(さえき): 京都府亀岡市ひえ田野町佐伯

 相楽(さがなか): 京都府木津川市相楽

■ 佐々木(ささき):   京都府福知山市上・下佐々木

■ 笹部(ささべ): 京都府京都市右京区京北宮町笹部。京都府舞鶴市笹部。

■ 指物(さしもの): 京都府京都市中京区指物町

■ 佐野(さの): 京都府京丹後市久美浜町佐野

■ 三郷田(さんごうだ): 京都府相楽郡南山城村童仙房三郷田(さんごうだ)

■ 三年坂(さんねんざか): 京都府京都市

■ 七百石(しちひゃくこく): 京都府綾部市七百石町

■ 幣原(しではら): 京都府八幡市幣原

■ 周山(しゅうざん): 京都府京北町周山

■ 主計町(しゅけいちょう): 京都府京都市上京区主計町

■ 珠数屋町(じゅずやちょう): 京都府京都市下京区珠数屋町
・ 町名は、当町に珠数屋が多くあったことに由来するという。【出典

■ 新田原(しんだわら): 山城国綴喜(つづき)郡。現在の京都府。

■ 直違橋(すじかいばし): 京都府京都市伏見区深草直違橋

■ 銭司(ぜず): 京都府木津川市加茂町銭司

★ 

■ 間入(たいざ): 京都府京丹後市間入(たいざ)

 大将軍(たいしょうぐん): 京都府京都市北区大将軍

■ 鷹峯牛ケ首(たかがみねうしがくび): 京都府京都市北区鷹峯牛ケ首

■  高野由里(たかのゆり): 京都府舞鶴市高野由里。
・ 高野川中流域に位置する。地名の由来は、由里は出入口を意味し、高野の入り口に位置することによるという。また首里の転訛にあるともいう【出典

■ 田中(たなか):   京都府舞鶴市田中

■ 調子(ちょうし): 京都府長岡京市調子
・ 地名の由来は、下毛野武正の子孫調子氏が当地を領有したことによるという。【出典

■ 椿井(つばい):  京都府木津川市山城町椿井。

■ 天使突抜(てんしつきぬけ): 京都府京都市下京区天使突抜

■ 栂尾(とがのを):  京都府京都市右京区梅ケ畑栂尾町

■ 鳥羽田(とばた): 京都府京田辺市宮津鳥羽田

★ 

■ 内藤町(ないとうちょう): 京都府京都市上京区内藤町
・ 町名の由来は、応仁から文明の頃内藤備前守の陣所があったことによるという。また当町東側に黒田氏の屋敷があったという。【出典

■ 椥辻(なぎつじ):  京都府京都市山科区椥辻

■ 七日市(なぬかいち): 京都府舞鶴市七日市

■ 並河(なみかわ): 京都府亀岡市大井町並河

■ 女布(にょう): 京都府舞鶴市女布

■ 納所(のうそ): 京都府京都市伏見区納所

■ 野条(のじょう): 京都府亀岡市篠町野条

■ 野宮(ののみや): 野宮神社(ののみやじんじゃ)。京都市右京区嵯峨野々宮町。伊勢斎宮が潔斎をする場所を野宮といい、場所は一定しなかった。当社もいつ頃の野宮かは不明であるが、嵯峨天皇の皇女仁子が斎王になった時はじめられたものと伝える。【出典

★ 

■ 拝師(はいし): 京都府福知山市拝師

■ 萩原(はぎわら):  京都府福知山市萩原

■ 土師郷: 京都府福知山市
・ 平安期に見える郷名。「和名抄」丹波国天田(あまだ)郡十郷の1つ。高山寺本は「土部」とするが、誤写であろう。「日本書紀雄略天皇条に見える土師連の私有した土師部のいたところと推定され、土師にある天満宮は土師部の氏神といわれる。【出典

■ 羽束師(はづかし) : 京都府京都市伏見区羽束師(はづかし)

■ 比叡山(ひえいざん): 京都府・滋賀県

■ 深草(ふかくさ): 京都府京都市伏見区

■ 福知山(ふくちやま): 京都府福知山市

■ 伏見(ふしみ): 京都府京都市伏見区

■ 日置(へき): 京都府福知山市夜久野町日置

■ 祝園(ほうその): 京都府相良郡精華町

■ 仏主(ほどす): 京都府船井郡京丹波町仏主

■ 先斗町(ぽんとちょう): 京都府京都市

★ 

■ 松尾寺(まつのおでら): 京都府舞鶴市字吉坂。松尾寺に由来する。【難読・誤読駅名の事典 浅井建爾 東京堂出版】

■ 万里小路(までのこうじ): 京都府京都市下京区万里小路町

■ 御陵血洗町(みささぎちあらいまち): 京都府京都市山科区御陵血洗町

■ 深泥池(みぞろがいけ、みどろがいけ): 京都府京都市北区

■ 味土野(みどの): 京都府

■ 壬生(みぶ): 京都府京都市中京区壬生

■ 宮津(みやづ): 京都府宮津市

■ 百足屋(むかでや): 京都府京都市中京区

■ 向日(むこう): 京都府向日(むこう)市

■ 武者小路町(むしゃこうじちょう): 京都府京都市上京区武者小路町

■ 毛利町(もうりちょう): 京都府京都市伏見区毛利町

■ 物集(もずめ): 京都府向日市物集女町(もずめちょう)

■ 門田(もんだ): 京都府京都市右京区太秦門田町(もんだちょう)

★ 

■ 八坂(やさか): 京都府京都市

■ 八瀬(やせ): 京都市左京区八瀬
・ 川がこのあたりで山峡の急流となり多くの瀬を作ることに由来する。

■ 山崎(やまざき): 京都府乙訓郡大山崎町

■ 山科(やましな): 京都府京都市山科区

■ 由良(ゆら): 京都府宮津市由良

■ 淀(よど): 京都府京都市伏見区淀本町
・ 与等・与度あるいは澱とも書く。中央を宇治川・桂川が南西流し、南端を木津川が北西流する。【出典
・ 平安期から見える地名。巨椋池の西端に位置する。桂川・鴨川・木津川が合流し淀川となる付近に発達した洲や島の総称が本義と考えられている。【出典

★ 

■ 霊山(りょうぜん)
・ 釈迦が説法したインドの摩掲国霊鷲山(まかだこくりょうじゅせん)に由来する。

★ 

■ 笑路(わろうじ): 京都府亀岡市西別院町笑路
・ 地内には山城笑路城(松尾山城)址があり、城主は明智光秀と運命をともにした長沢家綱であったという。【出典】 

統計表示