「姉小路」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 姉小路(あねこうじ)

【2021/05/19:改編】

# 藤原北家閑院流の三条家の出。また藤原北家の藤原師尹の後裔で建武の中興のころに飛騨国の国司になった姉小路家は飛騨国の豪族となった。【出典】  

# 公家に姉小路家があり、分家には飛騨国の戦国大名となった一族がある。

# 公家の姉小路氏: 藤原北家の出で、三条実房の子の公宣が京都の姉小路に住んで姉小路氏を称した。南北朝時代にいったん断絶したが、1613年に阿野実顕の三男の公景が再興した。家格は羽林家。江戸時代の家禄は200石。明治時代には伯爵。【出典

# 飛騨国の姉小路家: 飛騨国の戦国大名も一族。姉小路家綱が建武の新政の際に飛騨国の国司となって下向。その後、土着して大名の姉小路氏となった。南北朝時代には南朝に属し、室町時代には小島家・小鷹利家・古河家の三家に分裂して争った。戦国時代に、三木良頼が古河家の名跡を継いで姉小路嗣頼を称し、子の自綱が飛騨国の大半を支配下に置いたが、1585年に豊臣秀吉の命をうけた金森長近に敗れて滅亡した。【出典

# 姉小路家

# 姉小路(あねこうじ): 京都府京都市
・ 平安期から見える通り名。平安京を東西に走る。道幅は4丈。北には朱雀大路を中心として東西に左京職・右京職が置かれた。姉小路北、三条坊門南、壬生大路西、坊城小路東には和気氏の子弟教育機関弘文院、その南には藤原冬嗣創設の勧学院、さらにその西に隣接して藤原行平が営んだ奨学院があり、付近は教育街の様相を呈していた。【出典

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示