「川勝」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  

■ 川勝(かわかつ)

【2023/01/21:改編】

# 「秦氏」などに見られる。

# 京都府の名字。京都市から船井郡八木町にかけてまとまってみられ、八木町では4位。【出典

# 川勝(かわかつ): 丹波国北桑田郡の国人。秦河勝の末裔という。室町時代には足利氏に従い、戦国時代には原城(京都府南丹市美山町)に拠る国人領主として活動。のちに、子孫は足利義輝を経て織田信長に仕えた。河勝秀氏は本能寺の変の後に豊臣秀吉に従い、丹後国何鹿郡で3530石を領した。関ヶ原の合戦では、西軍に属して丹後国田辺城攻めに加わり領地を失ったが、細川忠興の推挙で1601年に召し出されて江戸時代には旗本。【出典

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示