岡山県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 岡山県の県名の由来 ・ 岡山県の難読地名・珍地名 ・ 岡山県の地名集

★ 岡山県の名字の特徴

# 2位には岡山県独特の「三宅」がランクイン。元々は穀物を保管した「屯倉(みやけ)」と言われる。児島郡三家郷を本拠地とした一族で古代の三宅_の子孫と言われる。

# 11位の「難波」は岡山県の名字で、岡山県内に全国の約4割がいる。

# 30位に妹尾がランクインしているが、岡山県内に全国の約3割がいる。

# 「一十林(いちじゅうばやし)」という名字は読みはそのままだが、「八音」の読みというのは、名字の中でも一番長いのだそうだ。

# 岡山発祥の名家に「宇喜多」があるが、関ヶ原の戦い後八丈島に流され没落した。漢字を変えた「浮田」は瀬戸内海沿岸に残っている。

# 英田郡に見られる「新免(しんめん)」は粟倉村の地名が由来で、宮本武蔵新免一族と言われている。

【岡山県らしい名字】

# 県内の地名由来の名字として、「妹尾(せのう)」「赤木」「守屋」「白神」「赤沢」「虫明」「宇垣」などがある。
※ 太平洋戦争時の連合艦隊参謀長の宇垣纏は今の岡山市内出身。一族には宇垣一成陸軍大将、宇垣完爾海軍中将がいるがどちらも岡山出身である。

・ 岡山県特有の名字集

■ 岡山県の特徴的名字: 三宅、平松、植木、白神、江見、赤木、田淵、大賀、難波、杣木。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山本(やまもと)

■ 2位: 三宅(みやけ)

■ 3位: 藤原(ふじわら)

■ 4位: 佐藤(さとう)

■ 5位: 田中(たなか)

■ 6位: 藤井(ふじい)

■ 7位: 井上(いのうえ)

■ 8位: 小林(こばやし)

■ 9位: 渡辺(わたなべ)

■ 10位: 岡本(おかもと)

■ 11位: 難波(なんば)

■ 12位: 小野(おの)

■ 13位: 中村(なかむら)

■ 14位: 原田(はらだ)

■ 15位: 松本(まつもと)

■ 16位: 池田(いけだ): 岡山県の池田家

■ 17位: 片山(かたやま)

■ 18位: 岡田(おかだ)

■ 19位: 石井(いしい)

■ 20位: 吉田(よしだ)


■ 秋庭(あきば): 岡山県の秋庭家

■ 有元(ありもと): 岡山県の有元家

■ 有吉(ありよし): 岡山県の有吉家

■ 板倉(いたくら): 岡山県の板倉家

■ 宇喜多(うきた): 岡山県の宇喜多家

■ 浦上(うらがみ): 岡山県の浦上家

■ 江原(えばら): 岡山県の江原家

■ 賀陽: 岡山県の賀陽家

■ 岸本(きしもと): 岡山県の岸本家

■ 木下(きのした): 岡山県の木下家

■ 吉備(きび): 岡山県の吉備家: 吉備一族。

■ 清水(しみず): 岡山県の清水(しみず)家

■ 荘(しょう): 岡山県の荘家

■ 関(せき): 岡山県の関家

■ 鳥越(とりごえ): 岡山県の鳥越家

■ 鳩山(はとやま): 岡山県の鳩山家

■ 花房(はなぶさ): 岡山県の花房家

■ 蒔田(まいた): 岡山県の蒔田家

■ 牧(まき): 岡山県の牧家

■ 森(もり): 岡山県の森家

■ 山崎(やまざき): 岡山県の山崎家


■ 岡山県の地名をルーツとする名字

■ 中国地方の名字の特徴

■ 岡山県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示