岡山県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 英賀荘(あがのしょう): 岡山県。鎌倉時代から戦国時代にかけて備中国英賀郡にみられた荘園名。

■ 石蟹(いしが): 岡山県新見市石蟹

■ 猪臥(いぶし): 岡山県美作市猪臥

■ 入(いり): 岡山県津山市押入
・ 久塚・葛下とも称された。吉井川中流左岸に位置する。地名の由来は、吉井川の流れが蛇行し入り組んでいることによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 伊部(いんべ): 岡山県備前市伊部

■ 有漢(うかん):  岡山県高梁市有漢町有漢

■ 牛窓(うしまど):  岡山県瀬戸内市牛窓町

■ 打穴(うたの): 岡山県久米郡美咲町打穴

■ 打高下(うちこうげ) : 岡山県岡山市
・ 「打ち毀(こ)ぐ」に由来し、台地の縁が水に切り取られた地形を意味する。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

■ 岡山県(おかやまけん)

■ 邑久(おく): 岡山県瀬戸内市邑久町

■ 押入(おしいれ): 岡山県津山市押入

■ 尾張(おわり): 岡山県瀬戸内市邑久町尾張

★ 

■ 書副(かいぞえ): 岡山県久米郡美咲町書副

■ 香登(かがと): 岡山県備前市香登

■ 鏡野(かがみの): 岡山県苫田郡鏡野町

■ 柏島(かしわじま): 岡山県倉敷市玉島柏島
・ 道口川下流右岸に位置する。高梁(たかはし)川の河口の西、乙島と隣接する小島であったが、江戸初期の干拓によって陸繋化した。寿永2年10月1日、源平合戦「水島の渡」の際、源氏陣営となったという。地名の由来は、柏などがよく茂っていたことによるともいわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 鉄山(かねやま): 岡山県真庭市鉄山
・ 地名の由来は、当地で古くから砂鉄が採れたことによると伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 鴨方(かもがた): 岡山県浅口市鴨方町

■ 川面(かわも): 岡山県高梁市川面町
・ 高梁川の川沿いの意味か。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 楠原(くすはら): 岡山県岡山市?
・ 楠原(くすはら)は「崩れ原」の意味。楠原佑介の名字はこの地名に由来する。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

■ 朽木(くつぎ): 岡山県美作市朽木
・ 木を植えても枯れて育たない土地のこと。「くつ」は「崩れる」に由来し、「き」は「土地」で「崩れやすい土地」を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 国富(くにとみ): 岡山県岡山市中区国富

■ 倉敷(くらしき): 岡山県倉敷市。岡山県美作市。

■ 倉田(くらた): 岡山県岡山市中区倉田

■ 高円(こうえん): 岡山県。美作国。地名の由来は、那岐山麓にある「諾神社社記」によれば、当地はもと諾大明神の神薗(みその)であり、神薗を「こうえん」とし、高円に転じたものとしている。【角川日本地名大辞典】

■ 首部(こうべ): 岡山県岡山市北区首部

■ 神目(こうめ): 岡山県久米郡久米南町神目

■ 金光(こんこう): 岡山県浅口郡金光(こんこう)町。現浅口市。金光教に由来する。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

★ 

■ 佐伯(さえき): 岡山県和気郡和気町佐伯

■ 桜(さくら): 岡山県岡山市北区建部町桜

■ 皿(さら): 岡山県津山市皿

■ 宍粟(しさわ): 岡山県総社市宍粟(しさわ)

■ 宍甘(しじかい): 岡山県岡山市東区宍甘
・ 地名の由来は、古代猪鹿を飼養する部民、猪飼部がいたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 地頭下(じとうしも): 岡山県浅口市金光町地頭下

■ 福地(しろち): 岡山県高梁市落合町福地(しろち)
・ 成羽川支流福地川流域に位置する。地名の由来は、大昔当地方を開発した時白い土が多く出たので白地としたが、洪水が出て困るので福地と書くようにしたと伝えられている。【角川日本地名大辞典】

■ 神戸(じんご): 岡山県津山市神戸

■ 新免村(しんめんむら): 岡山県(旧美作国

■ 妹(せ): 岡山県倉敷市真備町妹

■ 妹尾(せのお): 岡山県岡山市南区妹尾

■ 千躰(せんだ): 岡山県赤磐市

■ 寒河(そうご): 岡山県備前市日生町寒河

★ 

■ 鶴田(たづた): 岡山県岡山市北区建部町鶴田

■ 津山(つやま): 岡山県津山市

★ 

■ 鯰(なまず): 岡山県美作市鯰
・ 地名の由来は梅雨の頃なまずが多くとれたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 成羽(なりわ): 岡山県高梁市成羽町

■ 新見(にいみ): 岡山県新見市

■ 錦織(にしこり): 岡山県久米郡美咲町錦織(にしこり)

★ 

■ 秦(はだ): 岡山県総社市秦

■ 羽無(はなし): 岡山県

■ 日生(ひなせ): 岡山県備前市日生町

■ 福岡(ふくおか): 岡山県瀬戸内市長船町福岡

■ 福崎(ふくざき): 岡山県岡山市北区福崎?
・ 足守川血吸川が合流する地点付近に位置する。「備中誌」によれば、古くはスキ崎・洲崎といっていたのが、天正年間に改められたとある。天正10年夏の高松城水攻めの際には、当地に堰堤を作って足守川をせき止め、水を流し入れた。現在もその跡が残る。【角川日本地名大辞典】
  
■ 福崎(ふくさき): 岡山県倉敷市水島福崎町

■ 奉還町(ほうかんちょう): 岡山県岡山市北区奉還町

★ 

■ 真壁(まかべ): 岡山県総社市真壁

■ 真鍋(まなべ): 岡山県笠岡市真鍋島

■ 真庭(まにわ): 岡山県真庭市

■ 真備(まび): 岡山県倉敷市真備町

■ 美袋(みなぎ): 岡山県総社市美袋

■ 虫明(むしあけ): 岡山県瀬戸内市邑久町虫明

■ 百枝月(ももえづき): 岡山県岡山市東区百枝月

★ 

■ 八木山(やきやま): 岡山県備前市八木山

■ 楪城(ゆずりはじょう): 中世の山城で、岡山県新見市にあり新見城とも言った。治承4年新見四郎兵衛尉祐信が、源三位頼政の挙兵に呼応して築いたという。

★ 

■ 

★ 

■ 和気(わけ): 岡山県和気郡和気町(わけちょう)

■ 割出村(わるでむら): 岡山県

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示