「板倉」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 板倉(いたくら)

【2021/02/12:改編】

# 代表家紋

# 板倉勝清: 板倉巴紋。備中松山藩主。幕末には寺社奉行老中を務めた。【武将と家紋 インデックス編集部】

# 関東地方南部や愛知県、島根県に多くみられる。

# 下野の板倉氏は下野国足利郡板倉(栃木県足利市)をルーツとし、清和源氏足利氏の一族。

# 足利泰氏の子の渋川義顕が下野国足利郡板倉郷を領したことに由来する。

# 島原の乱の原城攻撃で戦死した板倉重昌は戦死した最後の殿様と言われる。

# 福島県の板倉家: 福島藩主(3万石)。清和源氏の足利氏流。下野国足利郡板倉(栃木県足利市)をルーツとする。足利泰氏の二男の義顕が渋川氏を称し、その前に板倉に住んでいたので板倉氏を称したとも言われる。戦国時代には三河国額田郡小美村(愛知県岡崎市)に転じ松平氏に仕えた。嫡流は備中国松山(岡山県高梁市)藩主。 

・ 福島藩主。板倉勝重の二男の重昌は徳川家康に仕えて近習人筆頭となり、1624年に父の遺領から6600石を分知されて、三河深溝藩1万1800石を立藩したのが祖。その後、三河中島、下野烏山、武蔵岩槻、信濃坂城を経て、1702年に陸奥福島3万石へ。戊辰戦争では勝連は奥羽越列藩同盟に参加した後に降伏、1869年には三河重原に転じ、その後子爵へ。【出典

# 群馬県の板倉家: 上野国安中藩主清和源氏足利氏流で下野国足利郡板倉(栃木県足利市)をルーツとする。戦国時代には三河国額田郡小美村に転じて松平氏に仕えた。

 ・ 安中藩主。清和源氏の足利氏の庶流で、足利泰氏の次男の義顕が渋川氏を称したが、その前に下野国足利郡板倉(栃木県足利市)に住んでいたので板倉氏をも称した。戦国時代に渋川義堯の子の頼重が三河国額田郡小美村(愛知県岡崎市)に転じて松平氏に仕えた。【出典

・ 安中藩主。1644年に関宿藩主の重宗の二男の重形が下野国で1000石を分知されたのが祖。1664年にさらに9000石を分与されて1万石となり、諸侯に列した。1681年に5000石を加増されて上野国安中藩に入封した。1702年陸奥国泉、1746年に遠江国相良を経て、1749年に上野国安中に再入封。明治時代には子爵。【出典

岡山県の板倉家: 備中国松山藩主(5万石)の板倉家。幕末には老中を務めた。当藩の家老に、商家出身の学者の山田方谷がいた。

・ 板倉家: 備中松山藩主足利家の四代当主の足利泰氏の二男の渋川義顕を祖とする。足利庄板倉に由来する。子孫は三河国に移り、松平氏に仕えた。【家紋:板倉巴紋明治維新後には子爵 

・ 備中松山藩(岡山県高梁市)藩主。清和源氏の出で、足利泰氏の二男の義顕は渋川氏を称したが、その前に下野国足利郡板倉(栃木県足利市)に住んでいたことから板倉氏をも称したことに由来する。勝重は徳川家康に仕えて、1601年に京都所司代となり、子の宗重の時に5万石に加増され、1656年に下総国関藩に入封した。その後、各地を転々とし、1744年の勝澄のときに備中松山5万石に転じた。幕末の勝静は儒学者の山田方谷を登用して藩政を改革、みずからは老中となって大政奉還などに活躍した。1868年に2万石に減知、翌年高梁藩と改称した。明治時代には子爵。分家に備中庭瀬藩主の板倉家がある。【出典
※ 1869年に松山藩から高梁藩に改称したのは、伊予松山藩との混同を避けるためだったかな?

# 「板倉」の地名

# 安中藩 ・ 庭瀬藩 ・ 福島藩 ・ (備中)松山藩

# 板倉家

# 板倉勝重 ・ 板倉勝静

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示