「仁科」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「な」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 仁科(にしな)

【2019/03/06:改編】

# 岡山県笠岡市周辺に多くみられる。

# 長野県の仁科家: 信濃国安曇郡仁科御厨(長野県大町市)をルーツとする。桓武平氏の出で、大和国阿倍氏を祖とし、平安時代に平氏を称した。【出典】 

# 仁科家(にしなけ): 家紋「揚羽蝶紋」

・ 信濃国安曇郡仁科(長野県大町市)を本拠地とした。

・ 桓武平氏の繁盛流。戦国時代には武田晴信に仕えたが、織田信長の武田攻めで信濃国の高遠城の防戦で自害した。【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】

# 国衆(国人)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示