熊本県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 熊本県の県名の由来 ・ 熊本県の難読地名・珍地名 ・ 熊本県の地名集

★ 熊本県の名字の特徴

# 熊本と言えば、熊本藩主末裔細川護煕元総理の細川が有名。もっともルーツは愛知県。

# 県北には九州を代表する「菊池」氏がおり、一族には「赤星」「天草」「山鹿」「米良」などがある。

# 熊本県では「小山」は「おやま」、「上村」は「うえむら」と読む。

# 阿蘇神社の神官の阿蘇氏は神武天皇の子の神八井耳命(かんやいみみのみこと)と言われている。

# 阿蘇地方には「井(い)」という名字が多い。これは表記も読みも一字という珍しいもの。他には「紀(き)」など20種類があるそうです。

【熊本県らしい名字】

# 熊本らしい名字として、「犬童」「田上(たのうえ)」「林田」「園田」「徳永」「緒方」「古閑(こが)」「赤星」がある。
※ 園田: 内閣官房長官を務めた園田直は熊本県天草の出身。
※ 徳永: 歌手の徳永英明は、熊本では無いが熊本に近い福岡県柳川市出身。

・ 熊本県特有の名字集

■ 熊本県の特徴的名字: 緒方、赤星、牛島、北里、吉永、園田、清田、徳富、隈部、古閑。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中(たなか)

■ 2位: 中村(なかむら)

■ 3位: 松本(まつもと)

■ 4位: 村上(むらかみ)

■ 5位: 坂本(さかもと)

■ 6位: 山本(やまもと)

■ 7位: 山下(やました)

■ 8位: 渡辺(わたなべ)

■ 9位: 前田(まえだ)

■ 10位: 吉田(よしだ): 熊本県の吉田家

■ 11位: 本田(ほんだ)

■ 12位: 緒方(おがた): 熊本県の緒方家

■ 13位: 佐藤(さとう)

■ 14位: 宮本(みやもと)

■ 15位: 宮崎(みやざき)

■ 16位: 山口(やまぐち)

■ 17位: 井上(いのうえ)

■ 18位: 上田(うえだ、うえた、こうだ): 熊本県の上田家

■ 19位: 池田(いけだ)

■ 20位: 橋本(はしもと)


■ 上野(あがの): 熊本県の上野(あがの)家

■ 阿蘇(あそ): 熊本県の阿蘇家

■ 有吉(ありよし): 熊本県の有吉家

■ 石本(いしもと): 熊本県の石本家

■ 稲津(いなづ) : 熊本県の稲津家

■ 岩間(いわま): 熊本県の岩間家

■ 牛嶋(うしじま): 熊本県の牛嶋家

■ 江藤(えとう): 熊本県の江藤家

■ 大木(おおき): 熊本県の大木家

■ 太田(おおた): 熊本県の太田家

■ 小笠原(おがさわら): 熊本県の小笠原家

■ 狩野(かのう): 熊本県の狩野(かのう)家

■ 神吉(かみよし): 熊本県の神吉家: 熊本藩の金工家。

■ 河尻(かわじり): 熊本県の河尻家

■ 菊池(きくち): 熊本県の菊池家

■ 北里(きたざと): 熊本県の北里家

■ 木原(きはら): 熊本県の木原家

■ 木村(きむら): 熊本県の木村家

■ 朽木(くつき): 熊本県の朽木家: 熊本藩の重臣。

■ 合志(ごうし): 熊本県の合志家

■ 米田(こめだ): 熊本県の米田家

■ 西郷(さいごう): 熊本県の西郷家: 菊池氏の支流。

■ 佐方(さかた): 熊本県の佐方家

■ 相良(さがら): 熊本県の相良家

■ 桜間(さくらま): 熊本県の桜間家: 熊本藩の能楽師。

■ 沢村(さわむら): 熊本県の沢村家

■ 高瀬(たかせ): 熊本県の高瀬家

■ 田代(たしろ): 熊本県の田代家

■ 長岡(ながおか): 熊本県の長岡家

■ 仲村(なかむら): 熊本県の仲村家: 熊本藩の能役者。

■ 那須(なす): 熊本県の那須家

■ 沼田(ぬまた): 熊本県の沼田家 

■ 春田(はるた): 熊本県の春田家

■ 古市(ふるいち): 熊本県の古市家: 熊本藩の茶頭。

■ 細川(ほそかわ): 熊本県の細川家

■ 堀(ほり): 熊本県の堀家

■ 松井(まつい): 熊本県の松井家

■ 御船(みふね): 熊本県の御船家

■ 藪(やぶ): 熊本県の藪家

■ 山隈(やまくま): 熊本県の山隈家


■ 熊本県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 熊本県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示