埼玉県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 埼玉県の県名の由来 ・ 埼玉県の難読地名・珍地名 ・ 埼玉県の地名集

★ 埼玉県の名字の由来

# 南部には他県からの移住者が多いのに対して北部には土着の人が多いので、南部と北部では名字の分布状況が異なる。

# 「田島」「福島」「黒沢」「根岸」「大沢」「金子」「関根」「吉沢」「栗原」「関口」といった埼玉らしい名字が多い。
※ 女優の吉沢京子さんは埼玉県出身のようですね。

# 「浅見」という名字は埼玉県特有の名字で、秩父地方を中心に奥多摩から群馬県の南部にかけて、全国の半数が分布する。浅見と言えば、内田康夫の浅見光彦ですなぁ。

【埼玉県らしい名字】

# 県名の由来になったのは、行田市内にある「埼玉」という地名で埼玉という名字も久喜市に少し存在するそうだ。

# 埼玉県内には日本一長い名字の一つが存在する。それは「左衛門三郎」で宮廷の警護担当の「衛門府」に由来する。なお、日本一長い名字のもう一つは「勘解由小路(かでのこうじ)」である。

【埼玉県らしい名字2】

・ 左衛門三郎(さえもんさぶろう)遊馬(あそま)、護守(ごのもり)、強矢(すねや)舎利弗(とどろき)忽滑谷(ぬかりや)年代(ねんだい)道祖土(ふなど)発知(ほっち)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 埼玉県特有の名字集

■ 埼玉県の特徴的名字: 新井粕谷柿沼倉林関根、蓮見、町田折原遊馬(あそま)四分一(しぶいち)出典】  

■ 埼玉県の名字【出典

・ 遊馬(あすま): 全国の7割は埼玉県にみられる。さいたま市西区西遊馬に由来する。

・ 強矢(すねや): 全国の8割は埼玉県にみられ、その多くは秩父市や小鹿野町にみられる。

・ 越阪部(おさかべ): 全国の約8割は埼玉県所沢市にみられる。

・ : 武蔵国大里郡代村(埼玉県熊谷市代)をルーツとする。古くは「台村」とも書き、「代」の名字も「台」から変化したとみられる。「台」は、自然堤防上の集落を意味し、埼玉県内には台村という地名も複数みられる。

・ 台: 関東地方に多く見られ、埼玉県羽生市や加須市に多く見られる。

■ 埼玉県の名字の特徴【出典

・ 54位:根岸、56位:田島: 群馬県と埼玉県の県境にまとまって見られる。旧児玉町(埼玉県本庄市)では根岸が最多姓。

・ 71位吉野: 埼玉県から千葉県にかけてみられ、旧南河原村(埼玉県行田市)では最多姓。

・ 63位高野(こうの、たかの): 関東甲信越地方に見られ、埼玉県北部では「こうの」読みが多い。埼玉県全体では「こうの」読みは1割弱だが、深谷市では半数が「こうの」読みだった。

・ 76位:黒沢: 関東地方から東北地方にかけての名字。埼玉県内では秩父地方にまとまってみられる。

・ 秩父市の特徴的な名字: 「浅海」「浅賀」「荒船」「千島」「引間」。

・ 小鹿野町の特徴的な名字: 「出浦(いでうら)」「強矢(すねや)」。

・ 長瀞町の特徴的な名字: 「染野」「中畝」。

・ 皆野町の特徴的な名字: 「設楽」「太幡(たばた)」「四方田(よもだ)」。

・ 横瀬町の特徴的な名字: 「赤岩

・ 本庄市の特徴的な名字: 「小茂田」「境野(さかいの)

・ 寄居町の特徴的な名字: 「鳥塚」

・ 上里町の特徴的な名字: 「

・ 嵐山町の特徴的な名字: 「強瀬(こわせ)」「権田(ごんだ)

・ 越阪部(おさかべ): 埼玉県所沢市の名字で全国の約8割は所沢に見られ、特に牛沼地区にまとまってみられる。刑部から漢字が変化したものか?越坂部とも書く。

・ 強矢(すねや): 全国の8割弱が埼玉県にみられ、その大半が秩父市や小鹿野町にみられる。秩父市では強谷とも書く。

・ 代(だい): 埼玉県に多く見られ、全国の約半数は埼玉県に見られる。熊谷市、行田市、鴻巣町にまとまってみられる。武蔵国大里郡代村(埼玉県熊谷市代)をルーツとするが、代村は古くは台村も書き、名字も「台」から変化したものもあると思われる。「台」も関東地方に多く見られ、特に埼玉県北部の羽生市や加須市にまとまってみられる。「台」とは自然堤防上の集落を意味する地形姓で、埼玉県内には台村という地名が複数あり、これらをルーツとするものもある。なお、東京では古語に由来する「うてな」とも読む。

・ 宮根(みやね): 埼玉県に多く見られ、鶴ヶ島市付近にまとまってみられる。本来は神社の近くに住む宮本一族だったが、宮本という武家が赴任してきたため、同じ意味の「宮根」に変えたと伝わる。

・ 舎利弗(とどろき): 寄居町や深谷市にみられる。舎利弗とは釈迦の高弟で、通常は「しゃりほつ」と読む。寄居町には轟姓も多く、轟から転字したものだろう。


■ 1位: 鈴木(すずき)

■ 2位: 高橋(たかはし): 埼玉県の高橋家

■ 3位: 佐藤(さとう)

■ 4位: 小林(こばやし)

■ 5位: 斎藤・斉藤(さいとう): 埼玉県の斎藤家

■ 6位: 田中(たなか)

■ 7位: 渡辺(わたなべ)

■ 8位: 新井(あらい): 埼玉県の新井家

■ 9位: 中村(なかむら)

■ 10位: 加藤(かとう)

■ 11位: 吉田(よしだ)

■ 12位: 伊藤(いとう)

■ 13位: 金子(かねこ)

■ 14位: 清水(しみず)

■ 15位: 松本(まつもと)

■ 16位: 山田(やまだ)

■ 17位: 山崎(やまざき)

■ 18位: 木村(きむら)

■ 19位: 関根(せきね): 埼玉県の関根家

■ 20位: 山口(やまぐち)


■ 会田(あいだ): 埼玉県の会田(あいだ)家

■ 青木(あおき): 埼玉県の青木家

■ 赤萩(あかおぎ): 埼玉県の赤萩家

■ 浅羽(あさば): 埼玉県の浅羽家

■ 浅見(あさみ): 埼玉県の浅見家

■ 足立(あだち): 埼玉県の足立家

■ 安部(あべ): 埼玉県の安部家

■ 安保(あぼ、あんぽ、あぼう): 埼玉県の安保家

■ 綾部(あやべ): 埼玉県の綾部家

■ 伊奈(いな): 埼玉県の伊那家  

■ 井上(いのうえ): 埼玉県の井上家

■ 内野(うちの): 埼玉県の内野家

■ 梅沢(うめざわ): 埼玉県の梅沢家

■ 大岡(おおおか): 埼玉県の大岡家

■ 大川(おおかわ): 埼玉県の大川家

■ 大串(おおくし): 埼玉県の大串家

■ 太田(おおた): 埼玉県の太田家

■ 奥平(おくだいら): 埼玉県の奥平家

■ 大類(おおるい): 埼玉県の大類家

■ 勝田(かつた): 埼玉県の勝田家

■ 加治(かじ): 埼玉県の加治家

■ 柏崎(かしわざき): 埼玉県の柏崎家: 武蔵国埼玉郡柏崎郷(埼玉県さいたま市岩槻区)をルーツとし、武蔵七党の野与党の箕輪氏の支流。【出典】  

■ 萱間(かやま): 埼玉県の萱間家: 武蔵国栢間郷(埼玉県久喜市菖蒲町栢間)をルーツとし、武蔵七党の野与党の出。【出典】 

■ 河越(かわごえ): 埼玉県の河越家

■ 岸本(きしもと): 埼玉県の岸本家

■ 北沢(きたざわ): 埼玉県の北沢家

■ 久下(くげ): 埼玉県の久下家

■ 熊谷(くまがい): 埼玉県の熊谷家

■ 久米(くめ): 埼玉県の久米家

■ 坂本(さかもと): 埼玉県の坂本家

■ 塩野(しおの): 埼玉県の塩野家 

■ 渋江(しぶえ): 埼玉県の渋江家 

■ 渋沢(しぶさわ): 埼玉県の渋沢家

■ 宿谷(しゅくや): 埼玉県の宿谷家

■ 庄(しょう): 埼玉県の庄家

■ 小代(しょうだい): 埼玉県の小代家: 武蔵国入西郡小代郷(埼玉県東松山市正代)をルーツとし、武蔵七党の児玉党の入西氏の出。鎌倉時代には小代郷の地頭を務めた。【出典

■ 仙波(せんば): 埼玉県の仙波家: 武蔵七党の村山党の山口氏の出。武蔵国仙波(埼玉県川越市)をルーツとする。戦国時代には後北条家に仕え、江戸時代には旗本。【出典】 

■ 多賀谷(たがや): 埼玉県の多賀谷家

■ 秩父(ちちぶ): 埼玉県の秩父家

■ 中条(ちゅうじょう、なかじょう): 埼玉県の中条(ちゅうじょう、なかじょう?)家

■ 勅使河原(てしがわら) : 埼玉県の勅使河原家

■ 道智(どうち): 埼玉県の道智家: 武蔵国埼玉郡道地(埼玉県加須市道地)をルーツとし、武蔵七党の野与党の出。【出典】 

■ 戸谷(とや): 埼玉県の戸谷家

■ 長野(ながの、ちょうの): 埼玉県の長野家

■ 長浜(ながはま): 埼玉県の長浜家

■ 奈良(なら): 埼玉県の奈良家 

■ 成田(なりた): 埼玉県の成田家

■ 難波田(なんばた): 埼玉県の難波田家: 武蔵国入東郡難波田(埼玉県富士見市南畑)をルーツとし、武蔵七党の村山党の出。【出典】 

■ 西角井(にしつのい): 埼玉県の西角井家

■ 榛谷(はんがや): 埼玉県の榛谷家: 武蔵国榛谷御厨(神奈川県横浜市)をルーツとする。「はりがや」とも読む。小山田氏の支流の稲毛氏の出。【出典】 

■ 比企(ひき): 埼玉県の比企家

■ 人見(ひとみ): 埼玉県の人見家

■ 船川(ふなかわ): 埼玉県の船川家

■ 真下(ましも): 埼玉県の真下(ましも)家

■ 松井(まつい): 埼玉県の松井家

■ 宮島(みやじま): 埼玉県の宮島家

■ 毛呂(もろ): 埼玉県の毛呂家: 武蔵国毛呂郷(埼玉県毛呂山町)をルーツとする。鎌倉時代には御家人で、戦国時代には後北条氏に従った。【出典

■ 矢尾(やお): 埼玉県の矢尾家: 武蔵国秩父郡大宮郷(埼玉県秩父市)で升屋を号した豪商。初代の喜兵衛は近江国の日野商人として矢野新右衛門の店に奉公。1749年に独立して大宮郷で酒造業を始めた。この時に、主家から一字をとって名字を本来の大橋から「矢尾」に改めた。江戸時代後期の四代目喜兵衛の頃から、酒造業に加えて質屋や絹買継商も始め、明治維新後には物品販売を主力とした。【出典

■ 矢沢(やざわ): 埼玉県の矢沢家

■ 矢部(やべ): 埼玉県の矢部家

■ 山崎(やまざき): 埼玉県の山崎家

■ 横瀬(よこせ): 埼玉県の横瀬家

■ 横田(よこた): 埼玉県の横田家

■ 吉野(よしの): 埼玉県の吉野家

■ 吉見(よしみ): 埼玉県の吉見家


■ 埼玉県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 埼玉県の名字の読みの特徴

統計表示