「栗原」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「か」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 栗原(くりはら)

【2019/02/06:改編】

# 191位: 代表家紋: 「丸に割菱紋(武田氏族)」「丸に花菱紋(武田氏族)」「丸に木瓜紋」。関東地方の名字で、埼玉県から群馬県東部にかけて見られる。甲斐の栗原氏は、武田信成の子の武続(たけつぐ)を祖とする。【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 関東地方の名字で、埼玉県から群馬県東部にかけてまとまってみられる。

# 古代豪族の栗原氏は、美濃国不破郡栗原(岐阜県不破郡垂井町栗原)をルーツとし、百済系の渡来人という。

# 甲斐の栗原氏は甲斐国山梨郡栗原(山梨県山梨市)をルーツとし、清和源氏武田氏の一族。

# 大和の栗原氏は大和国高市郡栗原村(奈良県高市郡明日香村)をルーツとする。

# 備後の栗原氏は備後国御調郡栗原(広島県)をルーツとする。

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】
# 栗原(くりはら)
・ 古くは、物部氏中臣氏にみられ、中世には武田氏や千葉氏や藤原北家秀郷流などにみられた。
・ 奈良県高市郡明日香村栗原はかつては呉原(くれはら)と言い、5世紀後半に呉(くれ)の国からの渡来人が住んだという。

# 国衆(国人)

# 「クリ」の語源

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示