佐賀県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 佐賀県の県名の由来 ・ 佐賀県の難読地名・珍地名 ・ 佐賀県の地名集

★ 佐賀県の名字の特徴

# 九州に多く見られる名字が多い。江戸時代までは長崎と併せて肥前国とされていたため、長崎県と似ている。

# 佐賀の名家に「鍋島」家があり、佐賀市内の「鍋島」という地名がルーツ。

# 県北から長崎県の松浦にかけては嵯峨源氏の血を引く松浦党(水軍)が活躍し、そこから「佐志」「波多」「峰」「鶴田」「宇久」「有田」などの一族がいる。

# 佐賀には「徳川」姓が多いが、徳川家康徳川とは別の一族。

# 佐賀県には「丸」で終わる名字が多く、「田中丸」「石丸」「市丸」「船津丸」などがある。また元プロ野球の「源五郎丸洋」は佐賀県江北町の出身で、源五郎丸とは「源五郎」さんが開発した土地」を意味するのだそうだ。その他に「丸」は大きな屋敷を意味するそうです。

【佐賀県らしい名字】

# 佐賀らしい名字としては、「江頭(佐賀市周辺)」「副島(全県)」「牟田」「脇山」「大串」「大坪」「岸川」「納富」「横尾」などがある。
※ 江頭と言えば、「江頭2:50」で、佐賀県神埼郡千代田町(現神埼市)の出身。

・ 佐賀県特有の名字集

■ 佐賀県の特徴的名字: 江上、江藤、石丸、堤、米倉、百武、納富、副島、大隅、江口。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山口(やまぐち)

■ 2位: 田中(たなか): 佐賀県の田中家

■ 3位: 古賀(こが)

■ 4位: 松尾(まつお)

■ 5位: 中島(なかしま)

■ 6位: 池田(いけだ)

■ 7位: 中村(なかむら)

■ 8位: 井上(いのうえ)

■ 9位: 江口(えぐち)

■ 10位: 吉田(よしだ)

■ 11位: 山田(やまだ)

■ 12位: 古川(ふるかわ)

■ 13位: 前田(まえだ): 佐賀県の前田家

■ 14位: 松本(まつもと)

■ 15位: 山下(やました)

■ 16位: 宮崎(みやざき)

■ 17位: 森(もり)

■ 18位: 山崎(やまざき)

■ 19位: 原(はら)

■ 20位: 坂本(さかもと)


■ 相浦(あいのうら): 佐賀県の相浦家

■ 朝日(あさひ): 佐賀県の朝日家

■ 諫早(いさはや): 佐賀県の諫早家

■ 犬山(いぬやま): 佐賀県の犬山家

■ 今泉(いまいずみ): 佐賀県の今泉家

■ 大隈(おおくま): 佐賀県の大隈家

■ 小笠原(おがさわら): 佐賀県の小笠原家

■ 香月(かつき): 佐賀県の香月家

■ 神代(くましろ): 佐賀県の神代家

■ 酒井田(さかいだ): 佐賀県の酒井田家

■ 篠原(しのはら): 佐賀県の篠原家

■ 多久(たく): 佐賀県の多久家

■ 武富(たけとみ): 佐賀県の武富家

■ 田代(たしろ): 佐賀県の田代家

■ 田中丸(たなかまる): 佐賀県の田中丸家

■ 谷口(たにぐち): 佐賀県の谷口家

■ 千葉(ちば): 佐賀県の千葉家

■ 中元寺(ちゅうがんじ): 佐賀県の中元寺家

■ 堤(つつみ): 佐賀県の堤家

■ 徳島(とくしま): 佐賀県の徳島家: 桓武平氏千葉氏の分家。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 土々呂木(とどろき): 佐賀県の土々呂木家

■ 中尾(なかお): 佐賀県の中尾家

■ 中里(なかざと): 佐賀県の中里家

■ 鍋島(なべしま): 佐賀県の鍋島家

■ 西岡(にしおか): 佐賀県の西岡家

■ 原田(はらだ): 佐賀県の原田家

■ 平吉(ひらよし): 佐賀県の平吉家

■ 深川(ふかがわ): 佐賀県の深川家

■ 深掘(ふかぼり): 佐賀県の深掘家

■ 豆田(まめた): 佐賀県の豆田家

■ 宮島(みやじま): 佐賀県の宮島家

■ 龍造寺(りゅうぞうじ): 佐賀県の龍造寺家


■ 佐賀県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 佐賀県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示