「白石」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「さ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 白石(しらいし、しろいし)

【2019/02/12:改編】

# 208位: 「折敷に三の字紋」「丸に十五枚笹紋」「丸に日の丸扇紋」。【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 地名由来の名字で各地にみられる。

# 白石: 草木の生えていない山の岩石で、特に白い粘土質のものをいう。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

# 四国から九州北部に多く、特に愛媛県に多くみられる。

# 陸奥の白石(しろいし)氏は陸奥国刈田郡白石(宮城県白石市)をルーツとし、藤原氏の出。

# 武蔵の白石氏は武蔵国那珂郡白石(埼玉県児玉郡美里町白石)をルーツとする。

# 白石: 東日本には「しろいし」読みが多く、西日本には「しらいし」読みが多い。【名字の謎学 博学こだわり倶楽部編 KAWADE夢文庫】

# 岩手県の白石家: 陸奥国磐井郡千厩(岩手県一関市千厩町)の旧家。元は葛西氏の家臣で後に伊達氏に仕え、千厩を領した。

# 宮城県の白石家: 仙台藩の重臣。藤原氏の出。後三年の役の際に、刈田経元が源義家に従って、その功により刈田郡を領し白石城を本拠に刈田氏を称した。秀長の時に源頼朝に従って奥州合戦に功をなし白石氏を称した。以後は伊達氏に仕えた。 

# 「白石」の地名

# 「白」の語源

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示