千葉県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 千葉県の県名の由来 ・ 千葉県の難読地名・珍地名 ・ 千葉県の地名集

★ 千葉県の名字の特徴

# 千葉県の由来となった千葉氏下総国千葉郷「千葉市」)由来の名字が代表的。

# 東京都同じで移住者が多く名字の構成に特徴は無い。

【千葉県らしい名字】

# 千葉県と言えば「千葉」姓だが、これは桓武平氏の子孫がこの地に住んで地名を名字にした。鎌倉時代以降各地に拡がっていったが、戦国時代に本拠地の千葉氏が没落し、県内に多い姓とは言えなくなっている。

# 「南総里見八犬伝」に登場する「里見」も有名で、また戦国時代には安房里見氏も有名だが、里見という名字は上野国碓井郡里見(群馬県榛名町)が発祥の地である。

# 内房の「鶴岡」、館山付近の「川名」、外房の「椎名」、銚子付近の「石毛」「宮内」、茨城県境に多い「染谷」、「加瀬」なども千葉県らしい。

【千葉県らしい名字2】

・ 分目(わんめ)、華衣(とりい)、南波佐間(なばさま)、生城山(ふきの)、無尽(むじん)、雪原(ゆきはら)、霊園(れいえん)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 千葉県特有の名字集

■ 千葉県の特徴的名字: 石井、椎名、植草、木内、市毛、臼井、染谷、国吉、安蒜(あびる)、忽滑谷(ぬかりや)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木(すずき)(2.5%): 千葉県の鈴木家

■ 2位: 高橋(たかはし): 千葉県の高橋家

■ 3位: 佐藤(さとう)

■ 4位: 渡辺(わたなべ)

■ 5位: 伊藤(いとう)

■ 6位: 斎藤(さいとう)

■ 7位: 田中(たなか)

■ 8位: 石井(いしい)

■ 9位: 中村(なかむら)

■ 10位: 小林(こばやし、おばやし): 千葉県の小林家

■ 11位: 加藤(かとう)

■ 12位: 吉田(よしだ)

■ 13位: 林(はやし): 千葉県の林家

■ 14位: 山本(やまもと)

■ 15位: 小川(おがわ)

■ 16位: 山口(やまぐち)

■ 17位: 山田(やまだ)

■ 18位: 山崎(やまざき)

■ 19位: 松本(まつもと)

■ 20位: 木村(きむら)


■ 粟飯原(あいはら): 千葉県の粟飯原家: 下総国をルーツとし、桓武平氏千葉氏の支流。粟飯原氏光を祖とし、代々小県城(千葉県香取市)を本拠とした。【出典

■ 阿比留(あびる): 千葉県の阿比留家

■ 阿部(あべ): 千葉県の阿部家

■ 天羽(あまは): 全国の約1/3は徳島県にみられる。

# 千葉県の天羽家: 上総国天羽郡天羽荘(千葉県富津市)をルーツとし、桓武平氏の出。千葉県内では「あまは」読みだが、天羽姓の一番多い徳島県では「おもう」読み。【出典】  

■ 安西(あんざい): 千葉県の安西家: 鎌倉時代から安房国地頭を務めた。【出典】  

■ 井田(いだ): 千葉県の井田家: 上総国井田城主。千葉氏に従っていたが、後に小田原の北条氏に従い、北条氏が滅亡後には常陸国に転じたという。【出典】 

■ 稲葉(いなば): 千葉県の稲葉家

■ 印東(いんどう): 千葉県の印東家: 下総国印旛郡印東荘(千葉県佐倉市)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の一族。【出典】 

■ 臼井(うすい): 千葉県の臼井家: 下総国印旛郡臼井(千葉県佐倉市臼井)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の支流。鎌倉時代には御家人。【出典】  

■ 内田(うちだ): 千葉県の内田家

■ 円城寺(えんじょうじ): 千葉県の円城寺家: 下総国印旛郡円城寺(千葉県佐倉市)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の一族。【出典】  

■ 大沢(おおさわ): 千葉県の大沢家

■ 大須賀(おおすが): 千葉県の大須賀家: 下総国香取郡大須賀郷(千葉県香取市)をルーツとし、桓武平氏の千葉六党の一つ。出典】 

■ 大竹(おおたけ): 千葉県の大竹家

■ 大坪(おおつぼ): 千葉県の大坪家: 上総国市原郡大坪村(千葉県市原市)をルーツとする。【出典】  

■ 小倉(おぐら、こくら): 千葉県の小倉家

■ 海保(かいほ): 千葉県の海保家

■ 風早(かざはや): 千葉県の風早家

■ 上総(かずさ): 千葉県の上総家

■ 加納(かのう): 千葉県の加納家

■ 鏑木(かぶらぎ): 千葉県の鏑木家

■ 木内(きうち): 千葉県の木内家

■ 喜多村(きたむら): 千葉県の喜多村家: 下総国関宿(千葉県野田市)の豪商で、喜多屋を号した。【出典】 

■ 久世(くぜ): 千葉県の久世家: 下総国関宿藩主で村上源氏の出という。もとは、三河国の中流武士で松平家に仕えた。【出典】 

■ 黒田(くろだ): 千葉県の黒田家

■ 国分(こくぶ): 千葉県の国分(こくぶ)家

■ 西郷(さいごう): 千葉県の西郷家

■ 酒井(さかい): 千葉県の酒井家

■ 佐久間(さくま): 千葉県の佐久間家

■ 里見(さとみ): 千葉県の里見家

■ 進藤(しんどう): 千葉県の進藤家

■ 武石(たけいし): 千葉県の武石家: 下総国千葉郡武石郷(千葉県千葉市)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の支流。後に、源頼朝から陸奥国宇田、伊具、亘理の三郡をたまわり、亘理氏を称した。【出典】 

■ 多田(ただ): 千葉県の多田家

■ 千田(ちだ): 千葉県の千田家

■ 千葉(ちば): 千葉県の千葉家

■ 寺崎(てらさき): 千葉県の寺崎家: 下総国印旛郡葛西荘寺崎(千葉県佐倉市寺崎)をルーツとし、桓武平氏の出。のちに、葛西氏に従って陸奥国下向し、陸奥国桃生郡寺崎(宮城県石巻市桃生町寺崎)に住んだ。【出典】 

■ 東(とう): 千葉県の東(とう)家

■ 東条(とうじょう): 千葉県の東条家: 安房国長狭郡東条郷(千葉県鴨川市)をルーツとする。【出典】 

■ 土岐(とき): 千葉県の土岐家

■ 戸張(とばり): 千葉県の戸張家: 下総国葛飾郡戸張(千葉県柏市戸張)をルーツとし、桓武平氏相馬氏の支流とも言われる。後に武蔵国(埼玉県)に転じ、江戸時代には名主を務めた。【出典

■ 浜口(はまぐち): 千葉県の浜口家

■ 原(はら): 千葉県の原家

■ 久松(ひさまつ): 千葉県の久松家

■ 土方(ひじかた): 千葉県の土方家

■ 保科(ほしな): 千葉県の保科家

■ 堀田(ほった): 千葉県の堀田家

■ 堀江(ほりえ): 千葉県の堀江家

■ 枡田(ますだ): 千葉県の枡田家

■ 丸(まる): 千葉県の丸家: 安房国朝夷郡丸(千葉県南房総市)をルーツとし、桓武平氏の出を称す。【出典

■ 皆吉(みなよし): 千葉県の皆吉家: 上総国馬野郡皆吉郷(千葉県市原市)をルーツとし、紀氏の出。【出典】 

■ 宮島(みやじま): 千葉県の宮島家

■ 村田(むらた): 千葉県の村田家

■ 茂木(もぎ): 千葉県の茂木(もぎ)家

■ 森川(もりかわ): 千葉県の森川家: 下総国生実藩主宇多源氏の出で。【出典】  

■ 矢木(やぎ): 千葉県の矢木家


■ 千葉県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 千葉県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示