大分県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 大分県の県名の由来 ・ 大分県の難読地名・珍地名 ・ 大分県の地名集 ・ 大分県内の諸藩

★ 大分県の名字の特徴

# 大分県の名字の分布は東日本型である。これは、源義経に味方した緒方氏の領地を頼朝が没収し、配下の関東の御家人に分け与えたのが原因。

# 「藤」のつく名字が多い。これは平安時代に藤原氏の一族が下向して繁栄したことによる。

# 大分には、読み方は同じでも漢字の表記が異なる名字が多い。「河野」と「川野」、「安部」と「阿部」、「衛藤」と「江藤」、「安藤」と「安東」、「伊藤」と「伊東」。

# 大分を代表する氏族に「大友氏」と「宇佐氏」がある。

【大分県らしい名字】

# 大分らしい名字としては、「衛藤(えとう)」「姫野(ひめの)」「阿南(あなん)」「穴井(あない)」「三重野(みえの)」「波田野(はたの)」「秋吉(あきよし)」「岩尾」などがある。
※ 「衛藤」は政治家にいるね。
※ 「阿南」は元巨人軍のキャッチャーの阿南徹が大分県豊後大野市出身。
※ 「三重野」は三重野康元日銀総裁。生まれは東京だが、大分県の伯母の家で過ごすとあるから、父親の出身が大分か?

# 「御手洗(みたらい)」「財津」「二宮」「姫野」「阿南」など。

【大分県らしい名字2】

# 阿南(あなん)、入不二(いりふじ)、久多良木(くたらぎ)、熊埜御堂(くまのみどう)、子犬丸(こいぬまる)、銅直(どうべた)、肉丸(にくまる)、父母石(ふぼいし)、三重野(みえの)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 大分県特有の名字集

■ 大分県の特徴的名字: 友松、重光、河野、出光、財津、首藤、衛藤、阿南、帆足、御手洗。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤(さとう)

■ 2位: 後藤(ごとう)

■ 3位: 渡辺(わたなべ)

■ 4位: 小野(おの)

■ 5位: 河野(こうの、かわの)

■ 6位: 安部(あべ)

■ 7位: 工藤(くどう)

■ 8位: 高橋(たかはし)

■ 9位: 阿部(あべ)

■ 10位: 甲斐(かい)

■ 11位: 田中(たなか)

■ 12位: 首藤(すどう)

■ 13位: 井上(いのうえ)

■ 14位: 山本(やまもと)

■ 15位: 衛藤(えとう)

■ 16位: 吉田(よしだ)

■ 17位: 矢野(やの)

■ 18位: 伊藤(いとう)

■ 19位: 三浦(みうら)

■ 20位: 川野(かわの)


■ 浅利(あさり): 大分県の浅利家: 豊後国の佐伯城下(大分県佐伯市)の旧家で、糀屋を営んだ。

■ 阿南(あなん): 大分県の阿南(あなみ・あなん)家

■ 池見(いけみ): 大分県の池見家: 豊後国海部郡原村(大分県大分市)の旧家で、庄屋を務めた。

■ 板井(いたい): 大分県の板井家: 豊後国竹田城下の和菓子屋で但馬屋を号した。初代は、但馬国豊岡(兵庫県豊岡市)の出。  

■ 到津(いとうづ): 大分県の到津家: 宇佐神宮の大宮司。豊前国企救郡到津荘(福岡県北九州市)をルーツとする。宇佐神宮の大宮司の宇佐公世の子の公連がこの地の地頭となり到津氏を称した。

■ 稲葉(いなば): 大分県の稲葉家

■ 宇佐(うさ): 大分県の宇佐家

■ 大神(おおがみ): 大分県の大神家

■ 大友(おおとも): 大分県の大友家

■ 魚返(おがえり): 大分県の魚返家: 豊後国玖珠郡の旧家。豊後国玖珠郡山田郷魚返(大分県玖珠郡玖珠町)をルーツとし、鎌倉時代にこの地の地頭となった。江戸時代には庄屋を務めた。

■ 緒方(おがた): 大分県の緒方家

■ 岡本(おかもと): 大分県の岡本家

■ 奥平(おくだいら): 大分県の奥平家

■ 木下(きのした): 大分県の木下家

■ 行徳(ぎょうとく): 大分県の行徳家: 豊後国日田郡夜明(大分県日田市夜明関町)の旧家。桓武平氏の熊谷氏の末裔。もとは筑後国竹野郡行徳村(福岡県うきは市)の庄屋。 

■ 草野(くさの): 大分県の草野家

■ 櫛野(くしの): 大分県の櫛野家: 豊前国宇佐郡の旧家。大友氏の一族の木付親諸の弟が天文年間に櫛野村(大分県宇佐市院内町櫛野)の地頭となり、櫛野氏を称した。後に、黒田氏に敗れ帰農した。

■ 久留島(くるしま): 大分県の久留島家: 森藩主伊予国野間郡来島(愛媛県今治市来島)をルーツとし、来島村上氏の末裔明治維新後には子爵。 

■ 香下(こうした): 大分県の香下家: 豊後国宇佐郡の旧家。田原種重が豊後国深見郷香志田村(大分県宇佐市安心院町)に住んで香志田氏を称した。江戸時代に帰農して香下を称し、大庄屋。 

■ 合原(ごうはら): 大分県の合原家

■ 財津(ざいつ): 大分県の財津家: 豊後国日田郷財津(大分県日田市)をルーツとし、戦国時代には大友家に従った。【出典】 

■ 生田(しょうだ): 大分県の生田家: 中津藩家老三河国額田郡生田村(愛知県岡崎市)をルーツとし、奥平家に仕えた。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】 

■ 田原(たはら): 大分県の田原家: 大友家の分家で藤原北家秀郷流。豊後国国東郡田原(大分県杵築市)をルーツとする。戦国時代には大友家の重臣。【出典】 

■ 千原(ちはら): 大分県の千原家

■ 津房(つぶさ): 大分県の津房家: 豊前国宇佐郡の旧家。藤原姓で岩男氏が豊後国津布佐(大分県宇佐市安心院町)に住んで津房氏を称した。戦国時代末期に帰農し岩男氏に復姓した。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】  

■ 手島(てじま): 大分県の手島家: 豊後国日田郡豆田(大分県日田市豆田町)の豪商。讃岐国の豊島城主の豊島家の末裔という。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】 

■ 都甲(とこう): 大分県の都甲家: 豊後国国東郡の旧家。豊後国国東郡都甲荘(大分県豊後高田市)をルーツとし、大神氏の一族。戦国時代には大友氏に仕え、後の帰農し、江戸時代には庄屋を務めた。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】 

■ 十時(とどき): 大分県の十時(ととき)家

■ 中川(なかがわ): 大分県の中川家

■ 夏目(なつめ): 大分県の夏目家

■ 橋爪(はしづめ): 大分県の橋爪家

■ 飯田(はんだ): 大分県の飯田(はんだ)家

■ 光(ひかる): 大分県の光家: 中津藩士で、信濃国筑摩郡の国人の末裔で、飛賀留とも書き、海野氏の一族。信濃国筑摩郡光村(長野県南安曇市豊科)をルーツとする。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】 

■ 広瀬(ひろせ): 大分県の広瀬家

■ 深田(ふかだ): 大分県の深田家

■ 戸次(へつぎ): 大分県の戸次家: 大友家の分家。豊後国大分郡戸次荘(大分県大分市)をルーツとする。大友家に仕え、大友家が衰退したのちには島津家に従った。【出典】  

■ 逸見(へんみ・へみ・いつみ): 大分県の逸見家

■ 帆足(ほあし): 大分県の帆足家: 日出藩家老豊後国玖珠郡帆足郷(大分県玖珠郡玖珠町帆足)をルーツとし、豊後の清原氏の一族。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】 

■ 益永(ますなが): 大分県の益永家: 宇佐神宮の政所総検校。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松木(まつき): 大分県の松木家

■ 村上(むらかみ): 大分県の村上家

■ 村瀬(むらせ): 大分県の村瀬家: 臼杵藩家老。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 毛利(もうり): 大分県の毛利家

■ 若林(わかばやし): 大分県の若林家


■ 大分県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 大分県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示