「橋」のつく名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 動物関連の名字
「蛇」の地名  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 橋(はし)の名字は西日本に多く、全国に約6000人。【漢字の民俗誌 丹羽基二 大修館書店】

# 橋(はし): 木+喬 やまと言葉の「ハシ」には、先端部、ハズレ、スミなどの意味がある。また、それらを結ぶ、架け橋や、ものをつかむ箸に転化した。橋は二つの地域を取り持つ。聖徳太子の母親の穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとひめみこ)。「間」は「はし」と読むが、中間にいて両者を取り持つ意味がある。【漢字の民俗誌 丹羽基二 大修館書店】

# 橋(はし): 橋は神の通り道。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】

■ 鶉橋(うずらはし、うずらばし)

■ 大橋(おおはし)

■ 五枚橋(ごまいばし)

■ 猿橋(さるはし)

■ 高橋(たかはし)

■ 棚橋(たなはし)

■ 店橋(たなはし)

■ 橋口(はしぐち)

■ 橋爪(はしづめ)

■ 橋詰(はしづめ)

■ 橋野(はしの)

■ 橋本(はしもと)

■ 橋下(はしもと)

■ 船橋(ふなばし)

■ 舟橋(ふなはし)

■ 古橋(ふるはし)

■ 三橋(みつはし、みはし)

■ 諸橋(もろはし) 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細

統計表示