「岩橋」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 岩橋(いわはし)

【2021/02/25:新載】

# 紀伊国名草郡岩橋荘(和歌山県和歌山市)をルーツとし、和歌山県独特の名字。和歌山市や海南市、紀美野町にまとまってみられる。【出典

# 和歌山県のまとまって見られる他、愛知県、大阪府、福岡県などにも多い。和歌山県では、その半数以上が和歌山市にみられる。紀伊国名草郡岩橋をルーツとする。秦氏の流れという鎌倉時代の地頭職で、男北朝時代は南朝に属した。他流に湯浅党の湯浅宗重の後裔の岩橋氏や在田(ありた)郡須佐神社神官で大江氏流など諸家とも紀州を発祥とする。下総国印旛郡岩橋からは桓武平氏千葉氏族が出た。代表家紋は「桔梗紋」「五三桐紋」。【出典】【家紋のデータ】  

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示