兵庫県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 兵庫県の県名の由来 ・ 兵庫県の難読地名・珍地名 ・ 兵庫県の地名集

★ 兵庫県の名字の特徴

# 兵庫県は昔の「摂津」「但馬」「播磨」「丹後」「淡路」の五国が一緒になっているため、兵庫県全域に共通する傾向は見られない。

# 兵庫県をルーツとする名字には、上郡町を本拠地とした「赤松」があり、一族には「別所」「宇野」「上月(こうづき)」「広岡」「福原」氏がある。

# 兵庫県内の地名をルーツとする名字: 赤松、有馬、宇野、神吉、上月、別所、水田。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

【地域別の特徴】

# 神戸・阪神地区
・ 神戸市と芦屋市では山本が最多姓。その他の市町では田中が最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 東播磨地区
・ この地域でも田中と山本が多い。東播磨を代表する名字に藤原があり、西脇市、三木市、加東市では最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 西播磨地区
・ 山本が多い傾向は兵庫県全体と同じだが、三木、黒田、後藤などが多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 但馬地区
・ 南部と北部で名字の構成がやや違う。南部は丹波地区と共通する名字が多く、朝来市では足立が最多姓。北部では「〜垣」の名字が目立つ。西垣、谷垣など。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 丹波地区
・ 京都府北部と共通する名字が多い。篠山市では酒井が最多姓。丹波市では足立が最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 淡路地区
・ 島と言っても本土とほとんど離れていないため、島特有の独特の名字構成は見られない。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

【兵庫県らしい名字】

# 

・ 兵庫県特有の名字集

■ 兵庫県の特徴的名字: 室井、船越、阪上、宇野、丸尾、安宅、内海、魚住、室賀、波々伯部(ははかべ)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中(たなか): 兵庫県の田中家
# 県内の11市町で最多姓。

■ 2位: 山本(やまもと): 兵庫県の山本家
# 神戸市など9市町で最多姓。

■ 3位: 井上(いのうえ): 兵庫県の井上家
# 中世、兵庫県内にいた播磨国の井上氏は信濃国の井上氏の分家で、信濃国高井郡井上(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏の頼信流。井上正貞が播磨国福井荘を領したのが祖。江戸時代には旗本。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 福岡県と並び、井上が多い県である。特に、東播磨地区と但馬地区に多く、小野市では最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 4位: 松本(まつもと): 兵庫県の松本家
# 兵庫県内では、但馬北部を除いて広く分布し、高砂市では最多姓。

■ 5位: 藤原(ふじわら、ふじはら)
# 特に、県の中央部に多く、旧黒田庄町(西脇市)では1/7が藤原姓だった。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 兵庫県は藤原姓の多い県で、特に県の中央部に多い。兵庫県では圧倒的に「ふじわら」読み。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 6位: 小林(こばやし): 兵庫県の小林家
# 兵庫県内では淡路島を除き広く分布する。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 7位: 中村(なかむら): 兵庫県の中村家
# 兵庫県内では但馬地区に多い。 

■ 8位: 吉田(よしだ)
# 近畿地方と東北地方を中心に全国に分布し、兵庫県内では県の中央部に多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 兵庫県の吉田家

■ 9位: 前田(まえだ、まえた)
# 比較的西日本に多く、実数では兵庫県が1位。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 兵庫県内では、全域にまんべんなく分布し、比較的西播磨に多く、たつの市と赤穂市では2位。それに対して、但馬南部や淡路北部には少ない。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 落語家の二代目桂枝雀(本名:前田達)は神戸市の出身。

■ 10位: 山田(やまだ): 兵庫県の山田家
# 兵庫県内では全域にほぼまんべんなく分布する。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# タレントで大阪府知事を務めた横山ノック(山田勇)は神戸市の出身。

■ 11位: 橋本(はしもと): 兵庫県の橋本家
# 兵庫県内では全域にほぼまんべんなく分布するが、比較的尼崎市や養父市に多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 12位: 藤本(ふじもと): 兵庫県の藤本家
# 兵庫県内では、東播磨の北部を中心に、東播磨の南部から神戸市西区にかけて多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 13位: 岡本(おかもと): 兵庫県の岡本家
# 地名由来が多く、各地にみられる。
# 兵庫県内にはまんべんなく分布しているが、比較的西播磨に多く、神崎郡市川町では最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 14位: 山口(やまぐち)
# 地名姓。

■ 15位: 高橋(たかはし)
# 地名姓。

■ 16位: 大西(おおにし): 兵庫県の大西家

■ 17位: 岡田(おかだ): 兵庫県の岡田家

■ 18位: 藤田(ふじた)
# 兵庫県内では、東播磨に多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 藤田を旧仮名遣いで書くと「フヂタ」。一般的に濁点は書かないので、「フチタ(縁田)」で水田地帯の縁に位置した田のこと。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 武蔵七党の猪俣党の藤田氏は承久の乱後に、淡路国津名郡塩田荘(兵庫県津名町)に地頭となって転じた。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 19位: 山下(やました)
# 兵庫県内ではほぼまんべんなく分布する。 【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 20位: 藤井(ふじい)
# 兵庫県内では、日本海側には少なく、摂津播磨に多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 21位: 村上(むらかみ): 兵庫県の村上家

■ 22位: 西村(にしむら): 兵庫県の西村家
# 兵庫県内では但馬地区に多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 23位: 林(はやし): 兵庫県の林家
# 兵庫県内ではまんべんなくみられ、特に宍粟市の旧千種町に多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 30位: 足立(あだち)
# 県の南部には少ないが、丹波市では最多姓で、その周辺に多い。源頼朝が挙兵した際に、足立遠元が頼朝に仕え、孫の遠政が丹波国氷上郡佐治郷(兵庫県丹波市)を与えられたのが祖。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】


■ 青山(あおやま)
# 全国にみられるが、とくに愛知県、北海道、東京都などに多い。
# 兵庫県の青山家: 丹波篠山藩主上野国吾妻郡青山郷(群馬県吾妻郡中之条町青山)をルーツとし、藤原北家の花山院氏の一族。後に、三河国に転じ、松平家に仕えた。明治維新後には子爵。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 兵庫県の青山家: 旗本摂津国尼崎藩主の分家。

■ 赤井(あかい)
# 兵庫県の赤井家: 丹波国氷上郡赤井村(兵庫県丹波市)をルーツとし、江戸時代には旗本

■ 赤松(あかまつ)
# 兵庫県の赤松家: 兵庫県の赤松氏は鎌倉時代初期に播磨国佐用郡佐用荘の地頭となった宇野則景の子の家範が佐用荘赤松にちなんで称した。
・ 播磨国赤穂郡赤松(兵庫県上郡町)を本拠とし、村上源氏の出と言われる。赤松則村が北朝に属し、守護大名となったが、戦国時代に衰退した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 芥田(あくた)
# 静岡県や宮崎県にまとまってみられる。
# 兵庫県の芥田家: 播磨国飾磨郡芥田(兵庫県姫路市)の鋳物師の棟梁。清和源氏の新田氏の支流の世良田氏の一族という。

■ 浅野(あさの): 兵庫県の浅野家

■ 芦田(あしだ)
# 兵庫県の芦田家: 江戸時代丹波国天田郡宮村(京都府福知山市)で大庄屋を務めた。信濃国の出という。

■ 安達(あだち、あんだち、あんだつ)
# 兵庫県内では、丹波市を中心に、1/6ほどが「あんだち」「あんだつ」と読む。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 生島(いくしま)
# 兵庫県の生島家: 摂津国神戸村(兵庫県神戸市)の旧家。

■ 池田(いけだ): 兵庫県の池田家

■ 石橋(いしばし): 兵庫県の石橋家

■ 稲田(いなだ): 兵庫県の稲田家

■ 上村
# 兵庫県の上村家: 姫路市の旧家で庄屋を務めた。

■ 内海(うつみ)
# 全国に分布する。
# 兵庫県の内海家: 播磨国揖西郡千本(兵庫県たつの市新宮町千本)の旧家。江戸時代には大庄屋で千本宿の本陣を努めた。

■ 小笠原(おがさわら): 兵庫県の小笠原家

■ 奥藤(おくとう)
# 兵庫県朝来市にまとまってみられる。
# 兵庫県の奥藤家: 播磨国赤穂(兵庫県赤穂市)の豪商。江戸時代には大庄屋

■ 小畑(おばた、こばた)
# 全国的には大半が「おばた」読みだが、兵庫県内では4割弱が「こばた」読み。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 加藤(かとう): 兵庫県の加藤家

■ 嘉納(かのう)
# 兵庫県の加納家: 摂津国菟原郡御影村(兵庫県神戸市東灘区御影町 )の酒造家。もとは廻船問屋だったが、のちに酒造家となった。柔道家の嘉納治五郎はこの一族。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 河合(かわい)
# 兵庫県の河合家: 姫路藩家老藤原北家利仁流を称す。

■ 河本(かわもと、こうもと)
# 全国の約3/4は「かわもと」読みだが、兵庫県では「こうもと」読みが約4割と多い。ちなみに岡山県では9割近くが「こうもと」読みで、兵庫県西部ではその影響を受けていると思われる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 来住(きし)
# 兵庫県西脇市にまとまってみられる。
# 兵庫県の来住家: 播磨国多可郡西脇(兵庫県西脇市)の豪農。

■ 岸本(きしもと)
# 全国に分布するが、比較的兵庫県や大阪府に多い。
# 兵庫県の岸本家

■ 北風(きたかぜ)
# 近畿地方にまとまってみられ、兵庫県内では姫路市にまとまってみられる。
# 兵庫県の北風家: 摂津国兵庫(兵庫県神戸市)の豪商。孝元天皇の曾孫の彦也須命の末裔という。南北朝時代には南朝に属し、北風の強い日に足利尊氏の船を焼いたとして、新田義貞から軍忠状を賜り、「喜多風」と改姓、後に「北風」とした。のちに、海運業者となり、江戸時代には加賀藩の要請で北前航路を開いた。

■ 喜多野(きたの)
# 関東地方から中部地方にかけて点在する。
# 兵庫県の喜多野家: 播磨国神西軍の旧家で、「北野」とも書いた。もとは、赤松氏に仕えていたが、後に帰農し、江戸時代には姫路藩大庄屋を務めた。

■ 京極(きょうごく)
# 兵庫県の京極家: 但馬国豊岡藩主近江国京極家末裔

■ 九鬼(くき)
# 兵庫県の九鬼家: 摂津国三田藩主紀伊国牟婁郡九鬼(和歌山県尾鷲市九鬼町)をルーツとする。明治維新後には子爵。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 国府寺(こうでら)
# 兵庫県の国府寺家: 姫路城下の豪商。播磨国の国司の末裔。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 児島(こじま)
# 兵庫県の児島家: 姫路城下の豪商で、紅粉屋を号した。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小西(こにし)
# 兵庫県の小西家: 摂津国伊丹(兵庫県伊丹市)の酒造家。もとは武士で一色氏に仕えた。現在の小西酒造。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 近藤(こんどう): 兵庫県の近藤家

■ 三枝(さえぐさ)
# 全国的には「さえぐさ」読みが過半数で、ついで「さいぐさ」読みで、「みえだ」読みは1割強。しかし、兵庫県や栃木県では「みえだ」読みが過半数をしめ、特に姫路市や三木市ではその傾向が強い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 酒井(さかい): 兵庫県の酒井家

■ 桜井(さくらい): 兵庫県の桜井家

■ 下山(しもやま)
# 兵庫県の下山家: 摂津国川辺郡木器村(兵庫県三田市木器)の豪商。祖は武士で源満仲に仕えた。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 進藤(しんどう)
# 兵庫県の進藤家: 兵庫県朝来市の旧家。

■ 杉本(すぎもと): 兵庫県の杉本家

■ 仙石(せんごく)
# 兵庫県の仙石家: 但馬国出石藩主。もとは美濃国の武士で、美濃国本巣郡中村の出で、清和源氏の土岐氏の庶流。仙石秀久が豊臣秀吉に仕えて、天正8年(1580年)に淡路国洲本で5万石を領した。後に領地没収となったが、小田原征伐で徳川氏に属し、信濃国小諸5万石を再興。江戸時代には信濃国上田を経て但馬国出石(兵庫県豊岡市出石町)5万8千石。このときに信州蕎麦を出石にもたらし、出石蕎麦となった。

■ 建部(たけべ)
# 兵庫県の建部家: 播磨国林田藩主。明治維新後には子爵。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 辰馬(たつま)
# 兵庫県の辰馬家: 西宮の酒造家。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ (でん)
# 兵庫県の田家: 丹波国氷上郡の旧家。坂上田村麻呂の子孫の田村氏が田と省略した。政治家の田英夫はこの家系。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 友井(ともい)
# 兵庫県の友井家: 丹波国氷上郡阿草村(兵庫県丹波市山南町阿草)の旧家。江戸時代には年寄を務めた。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 長島(ながしま)
# 兵庫県の長島家: 但馬国養父郡小城村(兵庫県養父市小城)の豪農。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 永富(ながとみ)
# 兵庫県の永富家: 播磨国揖西郡新在家(兵庫県たつの市揖保川町新在家)の旧家。伊賀国の出。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 那波(なは)
# 兵庫県の那波家: 姫路城下の豪商。赤松家の支流の宇野家の流れの武士の出。戦国時代に商人となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 西坂(にしざか)
# 兵庫県の西坂家: 丹波国篠山城下の豪商。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 丹羽(にわ)
# 兵庫県の丹羽家: 播磨国三草(みくさ)藩主清和源氏足利氏の支流の一色氏の一族。尾張国丹羽郡丹羽荘(愛知県一宮市)をルーツとする。丹羽氏次が徳川家康に仕えて三河国伊保藩(愛知県豊田市)1万石を立藩。丹羽長秀とは別家。

■ 箱木(はこぎ)
# 兵庫県の箱木家: 摂津国八部郡山田荘衝原村(兵庫県神戸市北区山田町衝原)の旧家で藤原姓。江戸時代には帰農し、庄屋を務めた。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 一柳(ひとつやなぎ)
# 兵庫県の一柳(ひとつやなぎ)家: 播磨国小野藩主伊予国の河野通直の子の宣高が美濃国に転じて土岐氏に仕えて一柳氏を賜ったとも言われるが、尾張国の地名由来ともいわれる。

■ 広峯(ひろみね)
# 兵庫県の広峯家: 姫路市の広峯神社の神職。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 別所(べっしょ)
# 兵庫県の別所家: 播磨国三木城主の別所長治は秀吉によって滅ぼされたが、一族の重棟は秀吉に仕えて但馬八木1万5千石。赤松氏の出で、播磨国印南郡別所をルーツとする。

■ 本多(ほんだ): 兵庫県の本多家

■ 松平(まつだいら)
# 兵庫県の松平家: 播磨国明石藩主結城秀康の六男の直良が寛永元年(1624年)に2万5千石を分知。

■ 三木(みき)
# 兵庫県の三木家: 播磨国神埼郡の旧家。戦国武将の三木氏の末裔

■ 森(もり): 兵庫県の森家

■ 森田(もりた): 兵庫県の森田家

■ 八木(やぎ)
# 兵庫県の八木家: 但馬国国造日下部氏の出。養父郡八木谷(表現養父市)を本拠とし、戦国時代には山名家に属したが豊臣秀吉に敗れて衰退した。江戸時代には旗本

■ 山名(やまな)
# 兵庫県の山名家: 但馬国の村岡藩主。守護大名の山名氏の末裔

■ 脇坂(わきさか)
# 兵庫県の脇坂家: 播磨国竜野藩主(兵庫県たつの市)で、脇坂荘(長浜市)をルーツとする。脇坂安治が豊臣秀吉に仕えて、洲本(兵庫県淡路島)藩3万石の藩主となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 磨国竜野藩主(5万3000石)。明治維新後には子爵。
・ 播磨国龍野藩主。近江国浅井郡脇坂荘(滋賀県長浜市湖北町)をルーツとする。明治維新後には子爵。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 兵庫県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 兵庫県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示