島根県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 島根県の県名の由来 ・ 島根県の難読地名・珍地名 ・ 島根県の地名集

★ 島根県の名字の特徴

# 1位の「田中」、2位の「山本」は典型的な西日本系だが、3位には西日本では珍しい「佐々木」が、6位には「」がランクインしている。

# 島根県の名字の特徴は地域によってバラエティに富んでいること。

# 出雲大社の神官は古代から出雲国国造と呼ばれており、「北島家」「千家(せんげ)家」が交代で神職を務めていた。
・ 140527: 「千家」家と皇族との婚儀が内定詳細

# 出雲周辺には神様にちなんだ「神門(かんど・ごうど)」「神庭(かんば・かみにわ)」などの名字がみられる。

# 古代、出雲地方は製鉄のメッカで、鉄(古代は金と書いた)由来の名字も多い。「金築(かねつき)」「鐘築」「鐘推」など。

【島根県らしい名字・珍名】

# 島根らしい名字に「錦織」がある。読み方は本来「にしごり」「にしこおり」ですが、現在は「にしきおり」と読む家もあるそうです。

# 「石倉」「石飛(いしとび)」「曽田」「野津」「江角(えすみ)」「門脇」「掛水(かけみず)」「昌子(あさこ)」「来海(くるみ)」「多々良(たたら)」「鉄(くろがね)」「鉄砲(てっぽう)」などは島根県らしい名字。

# 戦国時代には毛利家の支配下であったため、「出羽」「口羽」「周布」「益田(毛利家家老)」「三隅」など、島根の名家のルーツが多い。

・ 島根県特有の名字集

■ 島根県の特徴的名字: 勝部、野津、森脇、常松、石飛、錦織、吾郷(あごう)、引野、来海(きまち)、多久和。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中(たなか)

■ 2位: 山本(やまもと)

■ 3位: 佐々木(ささき)

■ 4位: 藤原(ふじわら)

■ 5位: 高橋(たかはし)

■ 6位: 原(はら)

■ 7位: 伊藤(いとう)

■ 8位: 山根(やまね)

■ 9位: 渡部(わたべ)

■ 10位: 松本(まつもと)

■ 11位: 佐藤(さとう)

■ 12位: 山崎(やまざき)

■ 13位: 中村(なかむら)

■ 14位: 森山(もりやま)

■ 15位: 斉藤(さいとう)

■ 16位: 渡辺(わたなべ)

■ 17位: 福田(ふくだ)

■ 18位: 吉田(よしだ)

■ 19位: 勝部(かつべ)

■ 20位: 井上(いのうえ)


■ 尼子(あまご): 島根県の尼子家

■ 塩谷(えんや): 島根県の塩谷家

■ 小笠原(おがさわら): 島根県の小笠原家

■ 神門(かんど): 島根県の神門家

■ 北島(きたじま): 島根県の北島家

■ 古志(こし): 島根県の古志家

■ 坂口(さかぐち): 鳥取県の坂口家

■ 周布(すふ): 島根県の周布家

■ 澄川(すみかわ): 島根県の澄川家

■ 千家(せんげ): 島根県の千家家

■ 竹下(たけした): 島根県の竹下家

■ 田部(たなべ): 島根県の田部家

■ 益田(ますだ): 島根県の益田家

■ 増野(ますの): 島根県の増野家

■ 松平(まつだいら): 島根県の松平家

■ 森(もり): 島根県の森家

■ 吉見(よしみ): 島根県の吉見家


■ 島根県の地名をルーツとする名字

■ 中国地方の名字の特徴

■ 島根県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示