「いんべ」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 忌部(いんべ)

【2021/03/18:改編】

# 大和国高市郡忌部(奈良県橿原市)をルーツとする古代豪族の出。

# 中臣氏と宮中の祭祀を司り、8世紀頃に斎部氏と改称した。

# 隠岐国豪族にも忌部氏がいた。

# 忌部氏(いんべ・斎部)は中臣氏と同様に祭事に携わり、四国の阿波を開いたのも忌部氏といわれる。忌部氏は朝廷の命で房総半島に移り住み、下総国の総はかれらが栽培した麻に由来するといわれる。奈良時代に下総国から安房国が分かれた。後に、安房国には紀伊国からの移民が多く、白浜、勝浦の地名にその名残を残す。【出典

# 島根県の忌部家: 隠岐国の一宮である、隠岐の島町の水若酢神社の神官。元は、大伴姓で代(しろ)家と称して大宮司職を世襲した。戦国時代に、大宮司を務める忌部家と、大庄屋家を務める代家に分裂。さらに大宮司家は守護代の隠岐氏と争って敗れ、一族の代神六が忌部氏を称して大宮司となり、以後はこの子孫が世襲した。【出典

# 徳島県の忌部家: 古代豪族忌部氏の流れ。阿波の忌部氏は天日鷲命(あめのひわしのみこと)の子孫という。【出典】 

# 斎部(いんべ): 古くは忌部と書いた。阿波・讃岐・紀伊・安房などに忌部の部民を有した。

# 「忌部」から出た名字: 「鬼頭

# 職業部

# 「忌部」の地名

# 忌部氏

■ 斎部(いんべ)

【2015/04/28:新載】

# 全国にわずかに点在する。

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示