奈良県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 奈良県の県名の由来 ・ 奈良県の難読地名・珍地名 ・ 奈良県の地名集

★ 奈良県の名字の特徴

# 大阪のベッドタウンとして関西の標準的な構成。

# 東日本からの移住が少ないせいか、「佐藤」「鈴木」が少ない。

# 東西南北などの方位に由来する名字が多いのが奈良県の特徴。たとえば「乾(いぬい)」「辰巳(たつみ)」「巽(たつみ)」など。

# 「」は県の北部では大阪と同じ「あずま」が多いが、南部では「ひがし」が多い。

# 「米田」は全国的には「よねだ」が多いが、奈良県の中南部では「こめだ」と読む。また、東北北部では「まいた」と読む地域もある。

# 全国に分布する「長谷川」姓は、奈良盆地の初瀬川流域で活躍した一族をルーツとする。本家の直系は徳川家旗本で、「鬼平」の長谷川平蔵は分家筋。

【奈良県らしい名字】

# 奈良らしい名字として「王隠堂(おういんどう)」があり、後醍醐天皇が吉野に逃げてきたときに堂の中にかくまった故事を由来とする。大仏(おさらぎ)、吉野山、猿沢、山登(やまと)、国中、辻本、奥田、吉岡。

【奈良県らしい名字2】

# 王隠堂(おういんどう)、東川(うのかわ)、米虫(こめむし)、曽路利(そろり)、西隠居(にしいんきょ)、弁天(べんてん)、要海(ようかい)、領内(りょうない)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 奈良県特有の名字集

■ 奈良県の特徴的名字: 扇谷、玉置、的場、古市、志野、乾、喜多、矢追、神吉(かんき)、生野。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山本(やまもと)(約1.3%)

■ 2位: 田中(たなか)

■ 3位: 吉田(よしだ)

■ 4位: 中村(なかむら): 奈良県の中村家

■ 5位: 松本(まつもと)

■ 6位: 井上(いのうえ)

■ 7位: 上田(うえだ、うえた、こうだ): 奈良県の上田家

■ 8位: 岡本(おかもと)

■ 9位: 山田(やまだ)

■ 10位: 森本(もりもと)

■ 11位: 山口(やまぐち)

■ 12位: 中川(なかがわ)

■ 13位: 木村(きむら)

■ 14位: 吉川(よしかわ)

■ 15位: 岡田(おかだ)

■ 16位: 西川(にしかわ)

■ 17位: 吉村(よしむら)

■ 18位: 中西(なかにし)

■ 19位: 森田(もりた)

■ 20位: 松田(まつだ)


■ 青田(あおた): 奈良県の青田家

■ 秋山(あきやま): 奈良県の秋山家

■ 飛鳥(あすか): 奈良県の飛鳥家

■ 井戸(いど): 奈良県の井戸家: 大和国式下郡井戸(奈良県川西町)を本拠とした。藤原氏の出で、江戸時代には旗本。【出典

・ 旗本大和国式下郡井戸(奈良県磯城郡川西町)をルーツとし、藤原式家の末裔という。【出典】  

■ 今西(いまにし): 奈良県の今西家: 大和国高市郡今井町(奈良県橿原市今井町)の旧家。【出典】 

■ 岩本(いわもと): 奈良県の岩本家

■ 植村(うえむら): 奈良県の植村家: 清和源氏土岐氏の出で、高取藩主。三河の出で、徳川家に仕えた。【出典

・ 高取藩主遠江国上村をルーツとし、後に植村氏を称した。明治維新後には子爵。【出典】  

■ 梅本(うめもと): 奈良県の梅本家: 大和国吉野郡小路村(奈良県吉野郡下市町小路)の旧家。【出典】 

■ 大方(おおがた): 奈良県の大方家: 大和国生駒郡五百井荘(奈良県生駒郡斑鳩町五百井)の旧家。後に帰農して、江戸時代には庄屋を務めた。【出典】 

■ 奥田(おくだ): 奈良県の奥田家: 清和源氏の斯波氏の一族。尾張国守護斯波家に仕え、尾張国奥田を領して奥田氏を称した。斯波家が滅んだ後は、大和国に移り松永久秀、のちに豊臣秀吉に仕えた。江戸時代には旗本。【出典

・ 旗本大和国山辺郡の国人の末裔越前国から尾張国中島郡奥田(愛知県稲沢市)に転じ、奥田氏を称した。後に大和国に転じた。【出典】 

■ 尾崎(おざき): 奈良県の尾崎家

■ 織田(おだ): 奈良県の織田家

■ 音村(おとむら): 奈良県の音村家

■ 片岡(かたおか): 奈良県の片岡家

■ 木奥(きおく): 奈良県の木奥家: 春日大社の造営を担った大工集団。【出典

・ 奈良市の旧家。春日大社を造営した大工の集団の春日座に属した。【出典

■ 菊岡(きくおか): 奈良県の菊岡家: 郡山城下の菓子商で菊屋を号した。【出典

■ 菊家(きくや): 奈良県の菊家家: 奈良市の旧家。江戸時代には農家と旅籠を営んだ。【出典】  

■ 岸田(きしだ): 奈良県の岸田家

■ 楠山(くすやま): 奈良県の楠山家: 大和国吉野郡西谷村(奈良県下市町)の旧家。楠木氏一族の和田正遠の末裔。【出典】  

■ 米谷(こめたに): 奈良県の米谷家: 大和国高市郡今井町(奈良県橿原市)の旧家。【出典】 

■ 笹岡(ささおか): 奈良県の笹岡家: 大和国宇陀郡藤井(奈良県宇陀市)の豪農。江戸時代には大庄屋を務めた。【出典】 

■ 高木(たかぎ): 奈良県の高木家

■ 辰市(たついち): 奈良県の辰市家: 春日大社の神職をつとめた。古代豪族中臣氏の流れを引く。【出典

・ 春日大社の神官で中臣姓。辰市、大東、千鳥、今西、東地井、辰巳、富田、大西、南からなる春日大社預職の嫡流。【出典

※ 中東家と内容が違うが?

■ 中(なか): 奈良県の中家: 大和国生駒郡窪田村(奈良県生駒郡安堵町)の旧家。伊勢国鈴鹿郡の出で、足立氏を称していたが、足利尊氏に従って窪田に転じ窪田氏を称した。南北朝時代に中氏に改姓した。江戸時代には帰農して庄屋を務めた。【出典

# 奈良県の中家: 大和国宇智郡五條村(奈良県五條市)の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典】  

■ 中坊(なかのぼう): 奈良県の中坊家: 旗本。国人の末裔。【出典】  

■ 中橋(なかはし): 奈良県の中橋家: 大和国高市郡今井町(奈良県橿原市)の旧家で米彦を号す。【出典】 

■ 中東(なかひがし): 奈良県の中東家: 春日大社の神職で中臣姓。春日大社の神職は中東、奥、奥田、正真院、西、向井、中、中西の八家からなり、その嫡流。【出典

※ 辰市家と内容が違うが?  

■ 葉本(はもと): 奈良県の葉本家: 郡山城下の豪商で両替商を営んだ。【出典】 

■ 平野(ひらの): 奈良県の平野家

■ 広橋(ひろはし): 奈良県の広橋家: 吉野郡の旧家。清和源氏の出。江戸時代には帰農した。【出典】  

■ 広幡(ひろはた): 奈良県の広幡家: 清和源氏の出。南北朝時代には南朝に属し、戦国時代に衰退して帰農した。【出典】 

■ 堀(ほり): 奈良県の堀家

■ 増田(ますだ): 奈良県の増田家

■ 村井(むらい): 奈良県の村井家

■ 森嶋(もりしま): 奈良県の森嶋家: 山辺郡嘉幡村(奈良県天理市)の旧家。江戸時代には大庄屋を務めた。【出典】 

■ 森野(もりの): 奈良県の森野家: 森野葛本舗の創業家。もとは森岡を称していたが、後に森野を称した。【出典

■ 森村(もりむら): 奈良県の森村家: 大和国十市郡新賀村(奈良県橿原市)の豪農。江戸時代には大庄屋を務めた。【出典】  

■ 柳生(やぎゅう): 奈良県の柳生家

■ 安村(やすむら): 奈良県の安村家: 桓武平氏の平頼盛の子孫。後に商家として栄えた。【出典】 

■ 柳沢(やなぎさわ): 奈良県の柳沢家

■ 矢野(やの): 奈良県の矢野家

■ 廊坊(ろうのぼう): 奈良県の廊坊家: 式上郡長谷の長谷寺門前町(奈良県桜井市)の旧家。【出典】  


■ 奈良県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 奈良県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示