奈良県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 奈良県の県名の由来 ・ 奈良県の難読地名・珍地名 ・ 奈良県の地名集

★ 奈良県の名字の特徴

# 大阪のベッドタウンとして関西の標準的な構成。

# 東日本からの移住が少ないせいか、「佐藤」「鈴木」が少ない。

# 東西南北などの方位に由来する名字が多いのが奈良県の特徴。たとえば「乾(いぬい)」「辰巳(たつみ)」「巽(たつみ)」など。

# 「」は県の北部では大阪と同じ「あずま」が多いが、南部では「ひがし」が多い。

# 「米田」は全国的には「よねだ」が多いが、奈良県の中南部では「こめだ」と読む。また、東北北部では「まいた」と読む地域もある。

# 全国に分布する「長谷川」姓は、奈良盆地の初瀬川流域で活躍した一族をルーツとする。本家の直系は徳川家旗本で、「鬼平」の長谷川平蔵は分家筋。

【奈良県らしい名字】

# 奈良らしい名字として「王隠堂(おういんどう)」があり、後醍醐天皇が吉野に逃げてきたときに堂の中にかくまった故事を由来とする。大仏(おさらぎ)、吉野山、猿沢、山登(やまと)、国中、辻本、奥田、吉岡。

・ 奈良県特有の名字集

■ 奈良県の特徴的名字: 扇谷、玉置、的場、古市、志野、乾、喜多、矢追、神吉(かんき)、生野。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山本(やまもと)(約1.3%)

■ 2位: 田中(たなか)

■ 3位: 吉田(よしだ)

■ 4位: 中村(なかむら): 奈良県の中村家

■ 5位: 松本(まつもと)

■ 6位: 井上(いのうえ)

■ 7位: 上田(うえだ、うえた、こうだ): 奈良県の上田家

■ 8位: 岡本(おかもと)

■ 9位: 山田(やまだ)

■ 10位: 森本(もりもと)

■ 11位: 山口(やまぐち)

■ 12位: 中川(なかがわ)

■ 13位: 木村(きむら)

■ 14位: 吉川(よしかわ)

■ 15位: 岡田(おかだ)

■ 16位: 西川(にしかわ)

■ 17位: 吉村(よしむら)

■ 18位: 中西(なかにし)

■ 19位: 森田(もりた)

■ 20位: 松田(まつだ)


■ 青田(あおた): 奈良県の青田家

■ 秋山(あきやま): 奈良県の秋山家

■ 飛鳥(あすか): 奈良県の飛鳥家

■ 井戸(いど): 奈良県の井戸家

■ 今西(いまにし): 奈良県の今西家

■ 岩本(いわもと): 奈良県の岩本家

■ 植村(うえむら): 奈良県の植村家

■ 梅本(うめもと): 奈良県の梅本家

■ 大方(おおがた): 奈良県の大方家

■ 奥田(おくだ): 奈良県の奥田家

■ 尾崎(おざき): 奈良県の尾崎家

■ 織田(おだ): 奈良県の織田家

■ 音村(おとむら): 奈良県の音村家

■ 片岡(かたおか): 奈良県の片岡家

■ 木奥(きおく): 奈良県の木奥家

■ 菊岡(きくおか): 奈良県の菊岡家

■ 菊家(きくや): 奈良県の菊家家

■ 岸田(きしだ): 奈良県の岸田家

■ 楠山(くすやま): 奈良県の楠山家

■ 米谷(こめたに): 奈良県の米谷家

■ 笹岡(ささおか): 奈良県の笹岡家

■ 高木(たかぎ): 奈良県の高木家

■ 辰市(たついち): 奈良県の辰市家

■ 中(なか): 奈良県の中家

■ 中坊(なかのぼう): 奈良県の中坊家

■ 中橋(なかはし): 奈良県の中橋家

■ 中東(なかひがし): 奈良県の中東家

■ 葉本(はもと): 奈良県の葉本家

■ 平野(ひらの): 奈良県の平野家

■ 広橋(ひろはし): 奈良県の広橋家

■ 広幡(ひろはた): 奈良県の広幡家

■ 堀(ほり): 奈良県の堀家

■ 増田(ますだ): 奈良県の増田家

■ 村井(むらい): 奈良県の村井家

■ 森嶋(もりしま): 奈良県の森嶋家

■ 森野(もりの): 奈良県の森野家

■ 森村(もりむら): 奈良県の森村家

■ 柳生(やぎゅう): 奈良県の柳生家

■ 安村(やすむら): 奈良県の安村家

■ 柳沢(やなぎさわ): 奈良県の柳沢家

■ 矢野(やの): 奈良県の矢野家

■ 廊坊(ろうのぼう): 奈良県の廊坊家


■ 奈良県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 奈良県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示